ワーズワース(東久留米)

新青梅街道

太陽がちょうどてっぺんに来た頃、新青梅街道を走ると、少し夏の香りがしました。

ここのところ秋めいて薄くたなびいてた雲も、丸さを取り戻そうとし、
公園の付近で耳を澄ませば、秋の虫に混じってまだ蝉も鳴いていました。
日差しが出れば、じんわりと汗ばみます。

鉄塔

もし、鉄塔に季語があるとしたら、夏だと思う。

鉄塔は、夏休みに子供達がする小さな冒険のシンボルマークのような気がします。
トムソーヤの小屋のように、日本の子供達の冒険には鉄塔がつきもの。
映画やアニメ、マンガなど、夏休みをテーマにしたものには、
かなりの確率で鉄塔が出てきます。

どこまで続いているんだろう…。
そんな冒険心を、子供の心の中に芽生えさせる為のスイッチのようです。

ワーズワース

冒険の前に腹ごしらえ。
これはきっと世界共通のハズ。

新青梅街道を走っていると山崎パンの工場があり、
パンのあのいい香りが漂ってきます。
当然お腹も空くわけで…
山崎パンの角を曲がってしばらく行った所ある、一軒家のカフェに入ることにしました。

お店の名はワーズワース。
イギリスの詩人の名前がついた、このお店、
なんとなくイングリッシュガーデンのような佇まいではないですか。

そういえば、かつてフジテレビで「ワーズワースの冒険」という番組がありましたね。
冒険というキーワードが繋がっていきます。

店内

天井は高く、広々とした空間。

都心のカフェでは、一休みしようと思って入ったのに、
まわりのせせこましさに、逆にイラっとしてしまう事もあるけれど、
ここは正真正銘、のんびりする為の空間。

まだ冒険する前なのに、まったりしてしまいます。

ホットサンド

さてさて、ホットサンドで腹ごしらえ。
ホットサンドは通常、食パン2枚に具材を挟んで、半分に切られて出てきます。
お腹が空いていたので、この日は、2倍盛りの具材2種類を選びました。
つまり、3角の物が4つ。700円。
アイスコーヒー込みで、1230円。
通常のホットサンドならセットにしても、1000円以下です。

具材の大きなサンドイッチは、手作り感満載で、食べ応えあり。
パンだと思って油断していたのですが、思っていたよりボリュームもありました。
少し食べ過ぎましたね。
でも、お腹が満たされると穏やかな気分に。
本当に冒険の旅に出られるのでしょうか?

■ワーズワース
■東京都東久留米市柳窪1-7-29
■営業:10:00~19:00
■定休日:月曜
場所はこのへん

しんやま親水広場

お店を出て冒険を始めれば、5分もしないうちに夏休みの風景を発見!
どこから、どう見ても夏の光景でしょ。
川面を鴨がのんびりと泳いでいます。

ここは市内を流れる黒目川の上流。
あえてコンクリートの土手を外して里山の風景を作り出した親水公園。
当初は人の手で作られた自然もどきだったのですが、
そこに自然の力が加わり、今や自然そのもの。

今回、東久留米を選んだのは、実はこの黒目川が大きく関係しています。

この夏公開され話題になった、原恵一監督のアニメ映画「カラフル」

クレヨンしんちゃんの『嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』の監督です。
さらに『嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』では、
PTAの子供に見せたくない番組ランキング常連でもある『クレヨンしんちゃん』で、
文化庁メディア芸術祭アニメ部門大賞受賞。

大人も泣けるアニメとして定評のある原監督作品ですが、
実は、見逃していた作品がありました。
それが「河童のクゥと夏休み」。
遅ればせながらこの作品を観ました。

涙しました。

子供のためのファンタジーだけでなく、
人間の醜さや恐ろしさも描き、胸に突き刺さる作品。

舞台は、この東久留米の黒目川周辺で、
夏休みの間に巻き起こった出来事を描いた作品ですが、
今ならまだその夏の風景に間に合うかもしれないと、
自転車を走らせたくなった訳です。

…と言っても、3年前の夏の作品なんですけど、
見たばかりだから感動は新鮮なまま。
リアルタイム気分なのです。

黒目川

物語は黒目川の、もう少し下流からスタート。

主人公は、小学5年の上原康一。
ひょんなことからこの川へ靴を落とし、拾いに行くのだけど、
つまづいた石の中から、干からびた亀の化石のような物を発見。
自宅にて持ち帰った化石を洗っていたところ、それが河童だと言うことに気づく。

よく出てくる通学路と、化石のような河童を見つけたのが、この川辺。
非常にリアルに描かれています。

ベンチ

犬の散歩の途中で、同級生の女の子と出会うベンチ。
これも、そのまんま。

坂道

自宅方面へ続く坂道。
これも、映画のままです。

落合川

東京にしては、まだ自然の残る東久留米。
でも、河童の目からみれば、全然自然じゃないと言います。
ここは、自分たちの住んでいた川や沼を埋めたてて作られた街。

沢頭湧水

少年が、「ここら辺なら昔とたいして変わらないんじゃない」と
河童を連れて行ったのが、落合川の上流、南沢にある「沢頭湧水」。
こんこんと水が湧き出し、
環境省が選定した「平成の名水百選」に、東京都で唯一選ばれている場所です。

河童にも少しはマシと言われた場所。
こういうところが、身近にあるというのは幸せな事なんでしょうね。

秋の中に、一瞬だけ幻のように現れた夏の光景。
そんな中で、河童のクゥとすごした夏休みを、
アルバムのページをめくるように、自転車で追いかけてみたのでした。

地図

Pocket
LINEで送る