カフェ クーポラ(目白)

目白のクーポラの新作パフェは、ほおずきを使った物という情報が。

浅草のほおずき市は知っていますが、観葉植物的なイメージでして、ほおずきを食べるのは実は今回が初めてです。

日本では観賞用であまり食べる習慣はありませんが、ヨーロッパでは生食の他、サラダやジャム、カクテルなどに使われるそうです。

今回、グラストップに載った、熊本産のプリンセスほおずきは、ベルギーのiTQi(国際味覚審査機構)のコンテストで、3年連続で優秀味覚賞の最高評価「三つ星」に輝き、最高峰の証である「クリスタルアワード」を受賞した逸品。

ミニトマトサイズなので、一口で生きたくなりますが、お店の方は、まるごと食べるのではなく、ピスタチオのムースとか、チョコジェラートとか、甘味のゾーンの時に、少しずつかじるのがオススメとの事。甘味と酸味を交互に楽しむ作戦です。

味は想像していたのとは違う南国系。酸味のあるマンゴー的な?んー上手く例えられない未知の味です。

メインは「ほおずき」でミルクジェラートや、ソルベなど、少しずつ味を変えながらも、コース料理のように楽しめます。最後は、ほおずきソースをジュレに混ぜながら、上品で爽やかな酸味でフィニッシュ!

食べ終わっても、口の中の後味が美味しい!

今回は、クーポラにしては珍しく、黒豆のクランブルとか、緑茶を使ったジュレとか和のテイストが。

お会計の時に「今回はどうでした?」と聞かれたので、ほおずきとパッションフルーツのソルベが美味しかったですと言うと、「実は今回一番苦労したポイントなんです」との事。掛け合わせると、どうしてもパッションフルーツの方が勝ってしまし、ほおずきを生かす配合まで、何回も試食したんだとか。

その苦労の甲斐あって、こんなに美味しく仕上がったのですね。

■CAFE CUPOLA mejiro
■東京都新宿区下落合3-21-7 目白通りCHビル1F
■営業:
8:30~20:30(火水木土)
14:00~20:30(金)
8:00~18:00(日)
■定休日:毎週月曜
場所はこのへん
オフィシャルサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

カフェ クーポラ(目白)

目白のクーポラの新作パフェをまだ食べてなかったので、自転車で。

新作といっても2月20日から提供されているので、かなり遅れてからのアタック。今年は全作制覇したいなあという何となくの目標です。クーポラのパフェでは、毎回、気づきや学びがあるので。

『フレグラントな柑橘パフェ』

前は単品でもOKだったのですが、今回からドリンクとのセットのみとなり、2200円だったかな?うろ覚え。

設計図?構成図?解説?は、こんな感じ。

運ばれて来た時に「3種類柑橘系がありますが、ブラッドオレンジはクセがあるので、たんかんから食べるのがオススメです」との事。では「たんかん」から頂きましょう。

「たんかん」は南国のみかん。奄美大島あたりで盛んに作られているようです。酸味はさほど強くありません。

「せとかのペドロヒメネスマリネ」とありますが、何の事かわからないので調べたら「せとか」は柑橘の大トロと呼ばれる希少品種で、ペドロヒメネスは、ぶどうの品種らしいです。ワインやビネガーなども作られているのですが、マリネと言ったらビネガーでしょうか?しっかりとした甘味なんですが、これは大トロと呼ばれる「せとかの」の甘味なのかな?

全部が初めてなので、味の分析が出来ません。勉強不足…。クーポラのパフェでは、毎回、未知の素材に出会うので、お勉強になります。

ブラッドオレンジは、ハロプロのアイドル℃-uteが存在していた頃、リーダーの矢島舞美さんが「ブラッドオレンジ」が好きと、しょっちゅうSNSにあげていたので覚えています。オランジーナのブラッドオレンジを手に持った笑顔の矢島さんの顔が思い浮かびます。

3つの柑橘系にたいして、柑橘系寄りの「ベルガモットジェラート」と、濃厚な甘味の「ヴァローナチョコレートジェラート」をぶつけるのが、クーポラ流。酸味が続いた時に一口「チョコレートジェラート」を頂き、口の中をリセット。この交互が楽しいのです。

緊急事態宣言があけて、上尾の榎本牧場へのサイクリングが叶ったら、ジェラートは濃厚と酸味のダブルにしよう。いつも同系統の2種を選んでいました。荒川サイクリングロードを走る方、ぜひ、やってみてください!

味変の次は、食感変のフィヤンティーヌ。ミルクボーイの漫才の「コーンフレークはパフェのかさ増し」というイメージがつきましたが、実際は食感変の素材で、クレープをパリパリに焼いたフィヤンティーヌもその役割です。このゾーンはロイヤルミルクティーのパンナコッタ、カカオクランブルと、食感が忙しいゾーンです!

今回、これが一番美味しかったです!とお店の方に声をかけたのが「自家製コーディアルを加えた紅まどんなのソルベ」。

またまた知らない単語が出来て来ました「コーディアル」。

季節のハーブやフルーツを生のままシロップに漬け込んだアルコール飲料との事で、クーポラではジンにレモングラスを漬けているそうです。これを甘味のしっかりとした「紅まどんなソルベ」に加えた事で、奥行きが。

御託を並べないでわかりやすく書くと「みかんのこんな旨いジェラート食べた事がなーーーい」。食べ慣れた「みかんのアイス」は駄菓子やっぽい味付けでしたが、それが超高級な味になったというか。

最後は、甘さを抑えたバイタルグレープフルーツティージュレと、甘味たっぷりの金柑ソース。これを単品で食べてみたり、混ぜてみたりでフィニッシュ。

ラジオの場合、選曲では「今日はダンスミュージック縛りで」みたいな感じで、いろんなタイプの「踊れる曲」をかける事があるのですが、今回は「柑橘系しばりで」のパフェでしたね。しかも柑橘系を引き立たせる為に真逆も忍ばせるとか。お見事です。

■CAFE CUPOLA mejiro
■東京都新宿区下落合3-21-7 目白通りCHビル1F
■営業:
8:30~20:30(火水木土)
14:00~20:30(金)
8:00~18:00(日)
■定休日:毎週月曜
場所はこのへん
オフィシャルサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ