志むら(目白)

志むら

台風一過で、10月だというのに、東京の練馬は30度を超える
33.4度の真夏日。
東京で、これまでで最も遅い真夏日を記録したのは、
2013年の10月12日の、31.3度。
天気予報を見ると、週末の10月6日(土)、7日(日)も、
30度を超えると予想されていて、今年も残暑が厳しくなっています。
ちなみに、冷夏だった2017年は、9月18日が最後でした。

さて、真夏日なので、かき氷が旨いはず!と、目白の志むらへ。
さすがに夏ほどの行列はなく、前に待っていたのは一組。

和栗と玄米

頂いたのは、和栗と玄米茶。1242円。
夏に売り切れだった天然氷も残っているとの事で、
南アルプス八ヶ岳の蔵本、八義の天然氷をチョイス。
天然氷は、+162円。
さらに、ミルクをプラスして、消費税込みで、1512円。

玄米茶は香ばしく甘味が強くないので、最初はミルクをかけずに頂きます。
器の縁に和栗が添えられていますが、かき氷の中にも栗入りの白あんが。
かき氷にかかっているのは、きな粉ではなく、「はったい粉」。
きな粉は大豆から作りますが、麦を煎ったうえで退いた粉。
焦がし麦などとも言われたりします。
とにかく大量にかけられいて、
食べているうちにサラサラと落ちてくるので、要注意です。

隣りの女性が、かき氷の2杯目を頼んだのですが、
普通のハーフサイズぐらいの氷でした。
メニューにもないし、お会計の時に聞いてみたら、
おかわり様の氷で、300円だそうです。
ただし、1杯目からこれを頼む事は出来ず、
かき氷か、お食事をした人に限るのだとか。
これからの季節は、食事+おかわり氷でもいいかもですね。

■志むら
■東京都豊島区目白3-13-3
■営業:10:00~19:00
■定休日:日曜
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る

サンシャイン水族館カナロア カフェ

水族館

平日に遊ぶことに罪悪感はあるかという話になった事があります。
僕らの仕事は、毎日9時5時というような仕事ではないので、
一般の方とはスケジュールが違います。
なので、平日に時間が空く事があるのですが、
一般の方が働いている時間に遊んでいると、
暇なんじゃないかとか、怠惰なんじゃないかと思われそうで、
罪悪感を感じるという人もいます。

「男はつらいよ」でも、寅さんが、食堂に入り

「ビールの一本でももらうか、
 それとも昼間っから働いている労働者諸君に悪いか。
 ま、いいや、勘弁してもらって一本、な」

平日の昼間は働く物という前提で、
昼からビールを飲む変わった人という設定で、描かれています。

一方で、放送という仕事は、祝日は休みにならず、
いつもの月曜日のままで、みんなが遊んでいる中働いているので、
平日休みになったら堂々と遊び、いつも混んでる場所も空いているので、
ラッキーと思って積極的に遊ぶ派も。

僕は、中間というか、平日にロングライドのサイクリングは行けないけど、
町中の混んでいる所は、平日特権を使って遊ぶ派です。

この日は、午後の打ち合わせが急遽無くなって、ぽっかり空いたので、
メゾンカイザーまでミニベロ飛ばしてランチしに来たのですが、
そのついでに、週末は混んでいるサンシャイン水族館に行って見る事に。

この日は月末の金曜日。
政府推奨のプレミアムフライデーを実行していると思えば、
これはこれで、正しい過ごし方なのかも。
チケット売り場も、誰も並んでいません。ラッキー!

ハロウィン

入り口には、ハロウィンに向けての展示が。

説明

亡霊(ファントム)という名前のテトラが展示されていました。
なぜファントムになったのか、ネットで調べてみたけど出てきません。
ぜひ説明書きの所に書いて欲しかったなあ。

水槽

平日の昼間という事で、
他にはどんなお客さんがいるのかチェックしたのですが、
大学生ぐらいのカップルの他には、子連れのママが多かったですね。
ママ同士というのも多いのですが、
お婆ちゃんと言うには若いお母さんと、その娘のママ、そして子供という
親子3代という組み合わせも多かったように思います。
ママがトイレに行ったりする時は、お母さんが面倒見たり、
孫と遊べて、親孝行にもなるし、自分の負担も少し楽になるという感じ。
お母さんの手が空いてるなら、平日水族館というのもいいですね。

ショー

中程の大きな水槽では、ダイバーによるショーも。
これは、実は大人しいウツボをみんなに見せている所。
餌やりによる、魚の舞や、トルネードも見せてくれます。

エンゼルフィッシュ

久々に見たエンゼルフィッシュ。
憧れの熱帯魚みたいなイメージがあったけど、
こんなに地味だったっけ?

カエル

産卵期の姿が気持ち悪いので有名なコモリガエル。
背中に卵を載せて育てます。

屋外

この日は天気もよかったので、屋外展示も楽しめました。
人気のカワウソの展示もあったのですが、
ずーっと交尾していて、それを大勢の人が覗いている姿がおかしい。
猿とか、もっと人間に近いと、生々しいのでしょうが。

アシカ

アシカのショーもハロウィンバージョン!

ペンギン

天空のペンギン水槽!
ちょうど向こう側のガラス越しにビル群が見えて、
その上を飛んでいるような展示。

カフェ

サンシャイン水族館にあるカフェ「カナロア カフェ」
カナロアとはハワイ神話の海の神様です。

カワウソのケーキ

期間限定で出していたのが、カワウソのケーキ。
2種類あったのですが、片方が売り切れで、こちらも残り2個でした。
平日でこれだから、週末とかだったら、瞬殺なんじゃないでしょうか?
こんな可愛いケーキ、食べるのどこから?
後向にして、頭の方から行きました。

■カナロア カフェ
■東京都豊島区東池袋3-1-3 サンシャイン水族館
■営業:
10:00~20:00(4月〜10月)
10:00~18:00(11月〜3月)
■定休日:サンシャイン水族館と同じ
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る