カフェ・ポーズ(池袋)

ポーズ

最近、欲しい本は、Kindleで買う事が多くなりました。
こう書くと、本好きの人のお叱りを受けそうだけど、
読みたい文章があるのであって、
それが紙だろうが、WEBだろうが、スマホだろうが、
Kindleでも別に抵抗はなくなってしまいました。
で、Kindle化されていない物は、池袋のジュンク堂に探しに行きます。

本

この日買いに行ったのは、ラジオ読本。
今やradikoのプレミアムと、タイムフリーで
全国のほとんどの番組が聞けるので、
面白そうな番組を探す手がかりとして、この本が欲しかったのです。

そして、音楽関係の売り場を覗きに行って、
目に付いたのが、「売れないバンドマン」という本。

3markets[]という売れないバンドのボーカルが、
かつて対バンしていたのに売れていった
クリープハイプの尾崎世界観と対談したり、
売れないお笑い芸人と対談したりしていて、
自分が手がけている番組に似てるなと手にとってみたのです。

番組というのは、bayfmで金曜日の20時30分から放送の、
「ぶっちゃあのロッカールーム」。
芸歴38年だけど、売れない芸人「ぶっちゃあ」さんが、
自分が面倒をみた後輩で、今や売れっ子の芸人さんをゲストに呼び
対談するという番組です。

ゲストに伊集院光さん、カズ・レーザーさん、古坂大魔王さん、
ザキヤマさん、京本政樹さん、ガダルカナル・タカさん、ヒロミさん、
ゲッターズ飯田さん、爆笑問題・田中さんと、
とにかく豪華なゲストが登場するという番組で、
毎回どうやったら売れるのか、アドバイスを頂くというもの。

この本も、ちょっと似てるかなあと、読み始めました。
売れないバンドマンが、挫折の中で気づきを積み重ね、
少しずつ進歩していき、光を見つける物語だと思っていたのですが、
気づかないまま、本は終わります。
え?現状維持?

うちの番組でも、芸歴38年目の、ぶっちゃあさんが、
売れた後輩に、売れる方法を聞いて毎回のようにこう言われます。
「売れる為のスイッチ、オンとオフが逆」

この著者の、カザマタカフミさんも、
第三者の自分からみると、
売れなくなる為の努力を、すごく一生懸命してしまっているのです。
売れていくバンドがやっている事と同じ事をするのが凄く嫌いで、
アレは嫌い!コレは照れくさい!オレはオレのやり方で!と、
売れない方へ、売れない方へと、逆走しているのです。

んー。反面教師として読むならいいのかも。

和ラテ

ジュンク堂の裏手のカフェ・ポーズで、
和ラテを飲みながら、本を読んでいる途中で、ふと思いました。
インディーズって言葉がカッコいいからダメなんじゃない?
「オレらインディーズで頑張ってるんで!」みたいな。
アイドルの場合、売れないアイドルは、
半分バカにされたように、地下アイドルって呼ばれます。
バンドマンはプライド高いし、「地下バンド」って呼ばれた方が、
クソっ絶対抜け出してやるって気になるんじゃないかと。
そういう事でもないか。

■PAUSE(ポーズ)
■東京都豊島区南池袋2-14-12 山口ビル1F
■営業:
11:00~21:00(月~木)
11:00~23:00(金)
9:00~~23:00(日・祝)
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る

チックフリックベイク(東長崎)

地図

かつてシムシティーというゲームがありました。
一時期、夢中になってやったなあ。
都市を作り上げて行くゲーム。
はたして、今もあるのでしょうか?
スマホも含めて全くゲームをやらなくなったので、
今のゲーム事情はわかりません。

ゲームをやらなくなりましたが、都市計画というのは相変わらず今も好きで、
身近な、道路拡張工事の進捗状況をチェックするのが好きだったりします。
現在、個人的に熱いのが、東長崎北口の、東急ストアの付近。

東急ストアの向かいから、住宅地を横断して、
補助172号が、直進していくのですが、
東急ストアの向かいの角の雑貨屋さんが閉店し、
そのお隣の住宅の取り壊しが始まったのです。

この左側が東急ストアで、右側のピンクの建物と、
その隣の住宅の方に、道路が突き抜けていくのです。
止まっているトラックは、右側の家を壊して、
その廃材を運び出している所です。
写真手前の駐車場のように見えるところも道路予定地で、
白い柵で囲まれた幅で、道路が作られていくのです。

この取り壊している家の裏側に回ってみると、
更地にされた場所が増えて来ています。
右側の茶色い家の脇は、斜めに土地が切られていますが、
あの角度で、向こう側に道路が進むのでしょう。
次は、あの水色の家がターゲットになるのだと思います。
こうして、用地買収というリアル陣取りゲームをみていると、
脳内で勝手にシムシティーに変換されるのです。

また、定期的に覗きに行って、
今度はどこまで道路が成長したのかなあ?なんて
まるで、朝顔の栽培観察日記のような気分で、観ていたりもします。
補助172号の成長日記です。

チックフリックベイク

さて、この道路計画のすぐ近くにあるのが、チックフリックベイク。
ここのお店、カウンターにあるメニューが見づらいのですが、
写真付きのアルバムスタイルのメニューを出してくれて、それをペラペラ。

今回はラムのキーマカレー。950円。
ライスは、インディカ米。
かつて、米不足になった時にタイ米が輸入され、
なかなか慣れずに、しかたなく食べていたという時期がありましたが、
今は逆に、タイ料理とかエスニックな料理の時には、
インディカ米の方が合うというのが定着したので
こちらの方が嬉しいです。

一見、強面だけど、実は超フレンドリーで、やさしい接客のお兄さんに、
「あけましておめでとうございます」と言われました。
夏以来だったと思いますが、ちゃんと覚えていてくれてるんですね。
こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いします。

■Chick Flick Bake
■東京都豊島区長崎5-5-3
■営業:
11:00-23:00(平日)
12:00-22:00(土日)
■定休日:火曜
場所はこのへん
お店のfacebook

Pocket
LINEで送る