安田珈琲店(練馬)

iPhone12 proを予約する為に練馬のauへ。よく買い換え時はいつ?と言いますが、僕の場合端末を2年以上使ってからauに下取りのように返せば、残りの残金は免除されるというプランに入っているので、2年過ぎたら残金残して返した方が得に買い換えられます。

なのでiPhone12が出た時点が買い換え時。5Gがちゃんと使えるのは次のiPhoneだという人もいますが、5G自体の普及も2年ぐらいかかるだろうし、だったらまたこのプランで2年後に買い換えればいいだろうと。今回は、5Gというより、カメラの方が目的です。

かつては、SONYのコンデジRX100をポタリングやチャリカフェ用に持ち歩いていましたが、最近はもっぱらiPhoneのみ。ただ、iPhoneXだとちょっと暗いお店に弱い所があり、今回、暗い所に強いiPhone12proが出たので、買い換えようと。

その前に安田珈琲店で、一休み。

頂いたのは、アイスウインナ500円と、チョコレートケーキ。300円。

神保町の喫茶ラドリオが発祥と言われるウインナコーヒーは、コーヒーが冷めないように生クリームで蓋をしたというのがはじまりですが、アイスの場合は、生クリームはどういう役割なんでしょう?

ちょっと調べてみたのですが、アイスの場合、途中で味を変えるため的な役割しか出て来ません。

しかも、月見蕎麦の玉子はどの時点で崩す?的な、アイスウインナの生クリームは、どの時点で崩す?みたいな物が多かったです。

僕の場合は、少しだけコーヒーを飲んでから、早い段階で崩していきます。生クリームはアイスだと溶けにくいので、最後にクリームだけ残ってしまうのを防ぐ為です。

と言いつつも、ここ何日か急に冷え込み、これからはアイスじゃなく、ホットを頼む事になると思いますが。

■安田珈琲店
■東京都練馬区豊玉北6-13-15 藤和シティコープ 1F
■営業:9:00~19:00
■定休日:木曜日・第2水曜
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

ばなな王国 (練馬)

タピオカの次はバナナジュースだと言われて久しいですが、ドカン!としたバナナジュースブームは、まだ来ていません。

ただ、バナナジュースブームの火付け役になると言われた、八丁堀のsonna BANANAが、チロルチョコとコラボしてバナナ味のチョコを出しているのを見て、そろそろかなあと思っていました。僕がバナナジュースブームの偵察にsonnna BANANAに行ったのが、ちょうど1年前の8月でした。

その後、銀座や谷根千などに国産バナナを売り物にした、ちょっと高級なバナナジュースのお店が出来たりして、ちょこちょこ話題にはのぼるのですが、タピオカほどはねえ。

そんな中、練馬にバナナジュースの専門店が出来たと聞いて行ってみました。ローカルにもお店が出来ると、ブームの兆しともとれますし。

「ばなな王国」は、群馬で生まれたお店で、群馬以外の店舗は、練馬が初めて。馬繋がりでしょうか?

既存のバナナジュース専門店は、バナナの品種などでメニューを増やすのですが、こちらはフィリピンのミンダナオ島のバナナにこだわったお店そうです。

通常の「すんげーバナナジュース」は砂糖不使用を売りにしていますが、対照的にスタバのように生クリームたっぷりの飲むチョコバナナ的な女子ウケしそうなメニューがあるのも特徴。

頂いたのは、「すんげーバナナジュース」M、450円。

正直にバナナジュースだけの味で言うと、これまでに頂いた他店よりは、少し若い感じ。八丁堀や銀座のお店は、タイムリミットギリギリまで熟成させていたので濃厚という感じだったのですが、こちらはフレッシュという感じ。

まだオープンしたてというのもありますが、今後どうなっていくのか注目の一店です。

■ばなな王国 FC練馬店
■東京都練馬区豊玉北5-24-21
■営業:11:00~21:00
■定休日:
場所はこのへん
お店のInstagram

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ