練馬カフェ(練馬)

練馬のティップネスに向かう前の細い路地。そーいえば、この辺しばらく入っていないなあ。前は目的無しのポタリングというのを良くやっていたのですが、最近は、調べて目的地へGOというスタイルになりがちでした。

そこで自転車で入ってみると、釣り堀カフェなるお店がありました。「キャッチ&イート」。釣った魚を食べられるとうのは、「ざうお」のカフェ版か。今度、ゆっくり行ってみるか。

さらに住宅地の奥に行くと、一軒家のカフェが。「練馬カフェ」というらしい。

大きな窓からは子育て中のお客さんが見えるのですが、ん?どこから入るんだ?玄関ぽいのがあるけど、普通の家だったらどうしよう。

玄関から普通に入ると、正面にレジカウンター。意外と店内は広く、1階は2フロアに分かれているのですが、2階にも席があって、一軒まるまるのお店でした。

鰻ライスバーガーは、豚汁がついて1500円。

店長さんが元鰻屋さんで働いていたというので、うな重や白焼きなどのメニューもあるのですが、カフェっぽい鰻ライスバーガーを選んでみました。

バーガー袋の上に置かれて出て来たのですが、これからモスのライスバーガーのように袋に入れて食べる感じでもないので、箸で切りながら、うな重方式で食べて行きました。

なるほど、ライスバーガーとして考えればお高い感じもしますが、「うな重」として考えればリーズナブル。すき家なんかで頂くうな丼などと比べると、鰻の質が段違い。マッシュポテトと青菜が挟んであり、ちょっとだけ洋風な感じも。

うな重も、オーソドックスなうな重と、白焼きに2種類のソースがけとか、白焼きとタレ焼きの紅白重とかあるので、食べ比べてみたいなあ。

さらに、豚汁は、汁が入る余地が無いぐらい具だくさん。飲むというより食べ応えあるという感じ。

お店の雰囲気もいいし、料理も美味しいし、頑張って欲しいお店だなあ。

■NERIMA.CAFE
■東京都練馬区練馬1-35-14
■営業
11:00~15:00(LUNCH TIME )
14:00~17:00(CAFE TIME )
15:00~22:00(DINNER TIME )
■定休日:水曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

安田珈琲店(練馬)

安田珈琲店

本来なら土日のどちらかでサイクリングに出かける予定だったのですが、どちらも気がつけば昼まで寝てしまっていました。しかも起きてもスッキリせず、どよんとした雰囲気。何もしなかった罪悪感も生まれ、気分が落ちています。朝、起きられない事から気分が落ち、鬱のきっかけにもなるというのを読んだ事があるので、これはマズいぞという事に。

調べたら朝起きられない事の原因の一つに、血流が悪いというのがありました。血流関連で調べて行くと、寒暖差で体が痒くなるのも、足首が硬くなり回りにくくなるのも、血流が悪い事に関係していました。全部あてはまるじゃん。

で、血流の改善を調べたら、やはり適度が運動という事だったので、ジムに走りに行く事にしました。その後、サウナ入って、高濃度炭酸泉入って、血流改善だ!

その前に、練馬で軽いランチを食べたいなと思ってアンデスに行ったら日曜は休み。ここから誤算の連鎖です。カフェを探したのですが、駅周辺にはチェーンしかなく、しかも何店かあるドトールはどこも満席。マクドナルドは店外まで行列が続いているし、ケンタッキーも行列、デンマークベーカリーの2階のカフェもダメ。北口のカフェカルディーノも、モスバーガーも満席。練馬って昼間から飲める飲み屋は、結構空いているのに、カフェ系は、全滅でした。

そんな時にふと思い出したのが、安田珈琲店。路地裏のマンションの裏手にひっそりとある喫茶店です。覗いてみたら、二人席がいくつか空いていました。ラッキー。

ミックスサンド

バタートースト150円、ジャムトースト200円と安かったのですが、ミックスサンド550円をチョイス。それにアイスカフェオレ480円。こちらは全面喫煙可で、それがちょっと心配だったのですが、お店には喫煙者無し。良かったー。このサンドイッチにたどり着く為だけに、練馬駅周辺を歩きまくり。それで、ほぼウォーキングですよ。お店に入った時、じんわり汗をかいていましたし。

■安田珈琲店
■東京都練馬区豊玉北6-13-15 藤和シティコープ 1F
■営業:9:00~19:00
■定休日:木曜日・第2水曜
場所はこのへん

その後、ジムで走り、サウナ入って、高濃度炭酸泉。夕食は辛めの担々麺。血流が改善されたかどうかはわかりませんが、走ったことで気分が少しハイに。落ちていた気分は正常になりました。運動大事。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ