ココス 千川店 (千川)

家からリモートで生放送に参加。番組終了、即帰宅という事になるので、余った時間を使ってパフェ活へ。ランチも夕食も自炊なので、1日中引きこもり。夕方、買い出しに行くついでのこの時だけが、唯一の気分転換となります。

千川駅前のCOCO’Sは、徒歩5分圏内に豊島高校、千早高校、板橋高校と3つの学校があるので、訪れた午後4時過ぎは、学校帰りの女子高生のグループが所々に陣取っています。キャッキャしているというよりは、試験中なのか勉強を教え合っているという感じ。みんな真面目だなあ。

そんな中、オジサンは今日は、もう仕事を終えたので、一人でパフェを食べます。

パフェに女子高生達の視線を感じます。

クイーンいちごパフェ~ピスタチオソースとともに~。¥1,190+税。いちご12粒を使用した、ガッツリといちごを頂くパフェです。パフェを眺めながら、どう食べようか、しばし考える。

ピスタチオソースは別添え。インスタなどでは最初からかけて、いちごの赤と、ピスタチオの緑で、遅れてきたクリスマスツリーみたいにしている人もいたのですが、あえて別添えにした意味があるんじゃないかと思いました。トップからかけるなら別添えじゃなく最初からかけて出すのでは?それともソースをかけると運ぶのが難しいのかな?とりあえず「別添えだから後で」を選択し、まずはいちごを堪能し、酸味にあきたあたりで濃厚なピスタチオソースをかける作戦に。

いちごの酸味が意外と強いのでホイップクリームに絡めながら頂きます。いちごを三段食べたらバニラアイスが出現!ここだな!ピスタチオソースは!と、ちょろっとかけてバニラと混ぜながら頂くと、濃厚さがさらに増し、これまでの酸味を一旦リセットしてくれました。正解だ!一問といて前進したような軽い達成感。でもまだどこかに仕掛けはあるハズと、ピスタチオソースは使い切らず、半分残しておく事にしました。

グラスの上部、ホイップクリームゾーンの下は、定石でいうと食感を変える感じで、ナッツやビスケット類、クレープをパリッと焼いて砕いたフィヤンテーヌなどが来る事が多いのですが、サクっとした食感があったけど甘い。なるほど、マカロンのようなメレンゲか。そう来たか…。

その後、いちごのシャーベットを頂いていると、マシュマロも出現。マカロン、マシュマロという甘めの洋菓子リレーですか。ほう。と感心していたら再びバニラアイスが出現したので、再び、ピスタチオソースを投入し、シャーベットの酸味を再びリセット。

最後は、いちごソースにつかったカットいちごでフィニッシュ。

どうでしょう?自分的には、別添えピスタチオソースの謎を完璧に解いた名探偵の気分なんですが、COCO’Sの商品企画会議ではどんな意図が解説がされていたのでしょうか?

スイーツに隠された謎を求めて、パフェ探偵の旅は続きます。

■ココス 千川店 (COCO’S)
■東京都豊島区要町3-23-7 大野千川ビル 1F
■営業:10:00~深夜2:00
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

ロイヤルホスト(新江古田)

パフェマニアの間で入門編、基礎中の基礎、ロイヤルホストの幻のパフェが発売になったので、さっそく行って来ました。

2012年に登場した伝説のパフェで、ファミレスがパティスリーを越える一品を作って来たと話題になったのですが、2015年に通年販売は終了し、その後は、季節限定で復活する幻の一品に。

ワインでいうボジョレーヌーボの解禁のように、パフェマニアは、このメニューがスタートする1月13日を楽しみにしていた訳です。

お水と共に運ばれて来たマスクケースが、今回のお目当て「苺のブリュレパフェ」のプリントでした。

例年、1月〜3月にかけて登場するメニューなんですが、パフェにハマったのが去年の後半なので、恥ずかしながらこのロイヤルホストのパフェを食べた事がありませんんでした。なので、待っている間もワクワクです。

やってまいりました「苺のブリュレパフェ」!まず見た目が美しい!

パフェというと上がとんがっているイメージかもしれませんが、グラスの「すりきり」のように平らでキャラメリゼしてあるのが、ロイヤルホストスタイル!栗のパフェも、りんごのパフェもこのスタイルでした。

今、大学共通入学テストが行われていますが、パフェは国語のテストみたいな食べ物です。上から順番に食べていく訳ですが「作者がこの順番に重ねた意味を答えなさい」的な、問題が隠されているのです。もちろん何も考えずに「旨い!旨い!」と食べてもいいのですが、パフェ好きは、脱出ゲームに挑戦するような気持ちで、謎解きにハマって行きます。

まず、最初はキャラメリゼのほろ苦さとイチゴの酸味からスタート。

カスタードの下には塩キャラメルアイス、写真を撮っているうちに溶けたのでしょうか?この日は1月なのに最高気温19度。カスタードと塩アイスお境界線もないぐらい、ブリュレを割ったとたんに溶けていました。

その中に、バナナとサクサクのビスケットが隠されていました!え?ビスケット?事前にプレスリリースチェックしたのではピーカンナッツのハズでは?ん?残っていた物を慎重に食べてみたのですが、やっぱりビスケットだなあ。

そこで、インスタで「苺のブリュレパフェ」で検索して、この写真をあげている人をチェック。キャラメリゼとか、ピーカンナッツの記述はあるものの、ビスケットの記述の人が見当たりません。

いとしいパフェのこと、すべて

そこでKindleで読んでいた、2017年のHanakoの「いとしいパフェのこと、すべて」にロイヤルホストのパフェの歴史とインタビューがあったのを思い出し、スマホでチェックしてみると、2012年に登場した時はビスケットが入ってると書かれています。みんなが触れてないだけでビスケットで正解なのでしょうか。

謎に包まれながら、ショートケーキをイメージさせるイチゴと生クリームのゾーンの次は、さっぱりとしたイチゴのソルベへ。

最後はバニラアイスと書いている人が多いですが、榎本牧場であればバニラよりミルクに分類されるであろうミルクアイスと混ぜながら、再びイチゴのコンポートでフィニッシュ!

クッキーの謎が腑に落ちなくて、家に帰ってから調べてみたのですが、ネットメディアの取材した食レポによると、「グラハムクッキーとピーカンナッツが入っている」との事。クッキーは当たっていたけど、そっちに気を取られすぎてピーカンナッツ見逃しているじゃん!

これはもう一度、答え合わせしに行かなくちゃだなあ。

パフェ大学共通入学テスト、70点ぐらい。まだまだですなあ。

■ロイヤルホスト 江古田店
■東京都中野区江原町3-33-10
■営業:9:00-24:00(緊急事態宣言下で、8:00〜20:00)
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ