関口フランスパン(江戸川橋)

関口フランスパン

椿山荘の前のバス停に、沢山の人が並んでいました。
どうやら結婚式帰りの人達ではなさそうです。
服装は普段着。
そして、引き出物の代わりに、見覚えのある図録を持っている人、多数。
「春画展」のお客さんです。
椿山荘のすぐ近くに春画展を行っている永青文庫があるのです。

なので、ランチ時は椿山荘のとなりにあるカフェ、オトノハカフェも大混雑。
そこでもう少し先、椿山荘を越えた坂の途中にある関口フランスパンへ。

自転車置き場

結構、チャリパンしている人も多くて、
折り畳みのTernに乗っている人は、たぶん僕と同じタイプだろうな。
走る系のフォールディングバイクだから、23区レベルはコレで全部行けるし。

でもTernで折り畳み駐輪って珍しいですね。
プロンプトンの場合は、折り畳み駐輪が基本ですけど。

店内

お店はセルフサービス。
席を確保してから、棚のパンを選んだり、
レジで注文して、番号札を貰って席へ。
室内と、テラス席があります。

クラブサンド

チョイスしたのは、クラブハウスサンド、650円(外税)。
カプチーノ、360円(外税)で、合計1090円。

お色気タレントの壇蜜さんって、文才があって、
「壇蜜日記」は、1日、500文字前後のショーとエッセイが綴られているのですが、
視点も面白く、文章のリズム感も良く、
短い文章を書くときの参考書代わりにオススメしたい本です。

その本の中に、サンドイッチに関する日記があり、
サンドイッチの切断面にだけ見栄え良く具を挟み、
反対側まで具が行き届かない物への恨み節が書かれている物があります。

早めにパンから引っ張り出されて消えていく具。
そして最終的に具の消えた2枚のパンを食べる虚しさ。
そういう人間の悲喜こもごもを押さえたトーンで書いていますが、
ここのサンドイッチだったら、壇蜜さんにも満足して貰えるのではないでしょうか?

ハンバーガーに較べ、見た目はあっさりしていますが、
ハムの他にローストビーフが挟んであり、肉感も楽しめます。

エッセイが好きな人にお勧めの一冊。

新江戸川橋公園

帰りは永青文庫の脇の胸突坂を降りて、裏道へ。
以前から気になっていた新江戸川公園へ。

永青文庫は、大名だった細川家の書物を中心にした美術館。
この新江戸川公園は、細川家下屋敷の庭園の跡地を
そのまま公園にした回遊式泉水庭園で、永青文庫と繋がっています。

永青文庫

永青文庫の裏手通用門から、こちらに降りる事が出来るので、
春画展をご覧になった方は、時間があればこちらも楽しんでみては?

池

とは言っても、ただ今、いろいろ整備中で、
立ち入りが制限されている区域もあります。
春画展は、12月23日までですが、
こちらは紅葉の名所でもあるので、11月の下旬とか良さそうですね。

工事

その新江戸川公園の前の細い道を、目白方面に。
ここがいつも使う抜け道なんですが、
途中で、フェンスに囲まれた空き地が増えている事に気づきました。

工事

みちの反対側もご覧の通り。
高層マンションの下に広い道が見えます。

環4

もしかして…と調べてみると、道路の建設中。
先日は、明治通りが環七、環六(山の手通り)に続く、
環五で現在工事中だという話しを書きましたが、
こちらは、環状四号線。

グレーの計画線の一番下の部分が、
新目白通りにある、都電荒川線の早稲田駅付近。

工事

ここの部分です。
向こうから手前に来て、神田川を渡り、
トンネルに入って目白台をくぐり、不忍通りに出現するという路線。

不忍通り

目白通りから護国寺に抜ける通りは、このように用地確保されていますが、
この通りの真ん中にトンネルが出来、早稲田方面からの車が顔を出す計画。
トンネル部分、自転車はどうなるんだろう?

Pocket
LINEで送る

オトノハカフェ(江戸川橋)

目白台

雑司ヶ谷から椿山荘方面に向かった目白台は、
高台の上にあるからか?それとも日当たりが良いからなのか、
紅葉が遅めで銀杏並木が残っていました。

…といっても先週末の事ですが。

カテドラル教会

この通りは良く通るのだけど、何度も目にしているのに、1度も入った事がなかった
カテドラル教会に行ってみました。

正式には、東京カテドラル聖マリア大聖堂。
代々木第一体育館や東京都庁を設計した丹下健三作品です。
建築マニアには有名な建物ですね。

教会内

教会内は撮影禁止なので、ネットからお借りした写真でご勘弁。

カテドラル教会内の、厳かさがハンパじゃない。
高い打ちっ放しのコンクリートの天井。
例えるならピラミッドの中にいるような神秘のパワー感。
儀式というより、自由に来て、席に座り、祈りを捧げている人達が多く、
日本人が神社に行って願い事をしているような感じの、フリー感なのだけど、
みんな、きちんと背筋を伸ばし、静かに目を閉じ、瞑想しています。
何の音楽も流れていなく、ピンと静かに張り詰めた静寂さで、
スニーカーなのに、歩く音がコツコツと響き渡ります。

みんなが静かに目をつむり瞑想している姿と、聖なる空気感で、
自堕落な自分の生活が責められているような罪悪感が生まれます。
自分の悪い部分を排出しようとするようなデトックス効果のような感じなのだけど、
禁煙とおなじ離脱症状というか、胸を押さえつけられるような、息苦しい感じ。

出る時には、すっかり聖なる気持ちになっているので、
キリストの降誕祭であるクリスマスにかこつけて
女を口説いて、セックスに持ち込もうなんて考えは、
地獄に堕ちるのではないか?という気分に。
ん?キリスト教に地獄ってあったっけ?
まあとにかく、何かしらの天罰が当たるような気分になります。

すごいよココは。まさにパワースポットだ。

宗教に入るとかそういう事ではなく、
何か頭が混乱している時には、あの中で目をつぶって、
静かに瞑想してみるといいのでは?と、人に勧めたくなる。
そんなパワーを感じました。

そっち系の邪念がないならクリスマスのデートスポットとして超オススメ!

オトノハカフェ

教会の向かいにあるのが、オトノハカフェ。
こちらもこの前を通るたびにきになっていたのだけど、
サイクルジャージである事が多く、入るのをためらっていました。
今回念願叶っての訪問。

店内

2階もあるのですがお客さんで一杯だったので、
2階から見た一階はこんな感じ。
隣りが講談社の野間記念館という美術館になっていて
窓からは庭園の借景が楽しめます。

カプチーノ

カプチーノは500円。
大きめサイズなので、今のような寒くて温まりたい時期には嬉しい。

■オトノハカフェ (oto no ha Cafe)
■東京都文京区関口2-11-31
■営業:9:30~17:00
■定休日:月曜
場所はこのへん
オフィシャルfacebook

講談社美術館

オトノハカフェでお会計の時に野間記念館の割引券をくれるので、
せっかくだから行ってみる事に。

紅葉

はやりこの辺は紅葉が遅れているみたいで、まだ青みを残すモミジも。

塔

カテドラル教会の塔が庭に溶け込んでいます。
塔を見るならここからの風景が良いかも。

庭園

館内の休憩スペースからは庭園が望めます。
カフェはないですが、自販機あるので、ちょっとしたカフェ気分で。

花鳥図

さてこの日やっていたのは、近代日本の花鳥画展。
(先週末で終わりだったので、もう終了していますが)
500円が、割引きで300円に。

横山大観ほか荒木十畝や池上秀畝の作品を堪能。

花鳥図って鳥や花をクローズアップして、
それ意外の所は余白で表現しているので、清々しい。
極端に断捨離された部屋のよう。
なのでここで絵にひたっていると、先ほどの教会同様に、
自分の邪念邪心が浮き出てくる気分に。

白いと思っていたシャツが真っ白な壁の前で黄ばんで見えるとか、
そんな感じの比較対象、教会、花鳥図の2連発で、
くすんだ自分に気がつき、ちょっと落ち込みました。
でもまあ、気づくだけいいよね。
たぶん。

■講談社 野間記念館
■東京都文京区関口2-11-30
■開館:10:00~17:00
■休館日:月火
■入場料:500円
場所はこのへん
オフィシャルサイト

Pocket
LINEで送る