スパイス食堂(上板橋)

上板橋にカレー好きに評判な、旨いネパールカレーが聞いてミニベロで出撃。その前に少しだけ遠回りして、都市計画マニアによる、道路新設工事進捗状況チェック!

計画図

要町通りと環七がぶつかる武蔵野病院前交差点から、氷川台までの区間。要町通りの延長区間、放射36号と呼ばれる計画です。氷川台を挟んだ平和台までの道です。

平和台から川越街道までの続きは放射35号と呼ばれて、大宮バイパスへ向かう道となるのですが、こちらは用地買収は終わって、道路の建設も着実に進んでいます。

小竹向原からの放射36号も大部用地買収は進み、2年前は50%ぐらいだったイメージですが、現在は80%ぐらいでしょうか?

フェンスで囲まれた部分が増え、将来の道が想像出来るようなスペースが出来上がって来ています。

この付近が、一部、買収が進んでいない部分ですね。

その先、石神井川にぶつかる部分は、かなり前から買収された土地が開けています。

石神井川を越えた所から、屋台のような居酒屋、正久保を潰すように拡張工事が行われ、平和台へと道を広げていきます。

平和台から川越通りまでの放射35号の工事は、用地買収も終わり、工事のかなり進捗しているので、こちらも楽しみに。池袋まで繋がる事になるので、車の流れはかなり変わるでしょうね。

途中城北公園脇を通りました。左のケヤキっぽいのは赤く色づいていましたが、右手の銀杏はまだ青々としています。紅葉は、もう少し先ですね。

川越街道から、上板南口銀座へ。

上板橋の南口の目の前にあるのが、カフェのような外観のようなスパイス食堂。最初、日本人がやっているスパイスカレーのお店のような雰囲気なんですが、ネパールの人がやっているネパールカレーのお店。

通常ならインドネパール料理と打ち出します。かつてマツコさんの番組でやっていたのですが、多くのお店でネパール人が働いているのですが、ネパール料理だで打ち出す自身がなくて、インドネパールにしてしまうのだそうです。

ただ、こちらはネパール料理を打ち出した事で逆に人気となったお店です。

ネパール人のソウルフード「ダルバート」1200円が人気です。

ダルは豆で、バートはライスを表します。豆のスープにライスと野菜を添えたネパールのワンプレートで、一般的な定食的立ち位置のメニュー。サーグという青菜の炒め物やアチャール、ジャガイモなどがついてきます。右手のねっとりした物は辛み成分的な感じでした。この日は豆にくわえてマトンのカレーも。

カレーと言ってもスープ状で、これをご飯にかけて手で混ぜて食べるのがネパール方式なんですが、スプーンでかき混ぜながら頂きました。ワンプレートランチというと、スリランカカレーが有名ですが、ネパールも母親の味はワンプレートなんですね。

中野のスリランカカレーでも言われましたが、ご飯にスープをわしゃわしゃかけてかき混ぜながら食べると美味しいのだそうです。最初に単体でかけて食べて見て、一周した所で、3つを混ぜながら食べると複雑な味で、これまでに食べた事が無い感じで面白いです。

キャッシュレスで政府が進める5%還元が受けられます。だからOLさんもPay Payで払っていました。しかも禁煙だし、日本人のお店よりきっちり最先端を行っていますね。

■スパイス食堂
■東京都板橋区上板橋1-27-6
■営業:11:30~23:00
■定休日:不定休
場所はこのへん
■お店のTwitter

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

ハングリーヘブン(上板橋)

週末にクリス松村さんをお迎えして昭和歌謡を語って頂く特番があったので、きっちり準備。クリスさんは博学でいらっしゃるので、間違った知識で原稿は書けないので。歌謡曲を編曲家から紐解くという番組で、山口百恵さんを担当した萩田光雄先生については、調べに調べまくりました。これが好評で、次回もある予感です。

無事放送も終え、解放感から、銭湯ポタリングをする事にしました。行ってみたいデザイナーズ銭湯が上板橋にあったのです。

小茂根を抜けていくと、ジブリのアニメにでも出て来そうな小さな森の中に神社が。

祠自体はとっても小さいのですが、この椎の木の具合が大きな盆栽のようで、何か不思議な魅力があり、手を合わせて行く事にしました。

その斜め向かいには都立大山高校の桜が。

都心ではもう満開に近い所もあるそうですが、こちらはまだ、開花したばかり。練馬は夏は暑いのですが、春は都心に比べて気温が低いのでしょうか?

小茂根から真っ直ぐ道一本で、城北公園を抜けて上板橋に。

上板橋の北口駅前に蒙古タンメン中本の本店があるのですが、今回はそのお隣が目的地。

ハンバーガーのハングリーヘブンの本店です。かつては同じ上板橋北口でも住宅街の方にあったのですが、駅前に移転。2階にある2店舗とも人気店の為に、階段がチェーンで仕切られ、行列が出来ても混乱しないようになっています。

頂いたのは、チーズチーズチーズ、1300円。これにポテトとコーラをつけて合計1670円。平日ランチだったらポテトはサービスでついてきます。

チーズチーズチーズは、あの竹内涼真君が好物とグルメ番組で語ったもので、モッツァレラ、チェダー、パルミジャーノという3つのチーズがトッピング。グリルドオニオンは挟まっている物の、ほぼ肉とチーズ。肉がガツンと来てチーズがねっとり。これは若者の食べ物だわ。オジサン、間にレタスかトマトが欲しかったです。だったら普通にハングリーヘブンバーガーのチーズを選べば良かったのか。でも竹内涼真ネタは欲しかったのですよ。

バンズは東武練馬の「鈴木ベーカリー」。そういえば、新宿御苑の人気ハンバーガーショップ「CHATTY CHATTY」も鈴木ベーカリーへの特注品だったなあ。峰屋みたいに、鈴木ベーカリーもいろんなハンバーガーショップのバンズ作ってるのかな?

■ハングリー ヘブン 上板橋店 (Hungry Heaven)
■東京都板橋区常盤台4-33-3 アサカビル 2F
■営業:
11:30~17:00(月〜金)
11:00~17:00(土日祝)
17:00~25:00(月〜木)
17:00~26:00(金土祝前日)
場所はこのへん
お店のTwitter

さて、腹ごしらえの後は、銭湯ポタの本日のお目当て!銭湯の「第一金乗湯」へ。

ところで、最近Googleマップが酷くなったというのが話題ですが、「第一金乗湯」への道も左のGoogleマップには描かれていません。緑の線が描かれているのですが、拡大しても道は無く、空き地っぽい雰囲気になっているだけ。

右側がAppleのマップですが、実際はこのように道になっています。Appleのマップも登場したばかりの時は酷いものでしたが、Googleマップも、どのぐらいで修正されるんでしょうかね?

さてこちらがデザイナーズ銭湯として話題の「第一金乗湯」。銭湯デザイナーの今井健太郎作品。通常の今井健太郎作品はビル銭湯が多いのですが、こちらは昔ながらの銭湯をリノベーションしたスタイルなので、ノスタルジックな雰囲気を残しつつ、新しくしているので銭湯初心者とかにオススメです。

リンスインシャンプーやボディーソープ等は洗い場に備え付けがあるので、銭湯料金460円と貸しタオル30円の、490円で手ぶらで入れます。

昔ながらの富士山のペンキ絵も新たに描かれ、男湯が中島盛夫さん、女湯が丸山清人さんと、二大銭湯絵師の作品が共演。残念ながら女湯は観る事が出来ませんが、写真で見た限りでは、丸山清人さんの富士山は浮世絵風。男湯の中島盛夫さんの富士山は正当派銭湯ペンキ絵という感じ。つまり、「第一金乗湯」には、2つの富士山が描かれているのです。

下町のお風呂という感じで、女湯の方からは常連さん達の挨拶合戦が聞こえて来て賑やかです。

男湯の方は、おじいさん達が江戸っ子気取ってバシャバシャとシャワーを浴びるので、しぶきが飛んできます。マナー悪い。お一人、入れ墨ガッツリのそっち系の方がいたのですが、その方が、出際にシャワーでタイルの石けん汚れを流したり、鏡の曇りを流したり、マナーが素晴らしかったです。

脱衣所には、10分100円のマッサージチェアがあったので、100円投入してリラックス。

自転車で20分ぐらいでしたが、ちょっとした旅気分が味わえました。よい週末じゃ!

■「第一金乗湯」
■東京都板橋区若木1-19-6
■営業時間
16:00~24:00 ※日曜は15時から営業
■定休日:不定休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ