中野セントラルパークでパンとコーヒー(ボンジュール・ボン&ムトウコーヒーロースタリー)

春は桜の名所となる中野通りの桜並木も今は紅葉。というか枯れ葉。

ブロンプトンで中野ブロードウェイに続く商店街中野サンモールへ。

中野で人気のパン屋さん、ボンジュール・ボンへ。

こちらはカレーパンが人気で、特に三元豚のヒレカツビーフカレーはカレーパングランプリで3年連続金賞を受賞している一品。

こちらと「珈琲あんぱん」が気になったので、2つをピックアップ。

■ボンジュール・ボン 中野店(Bonjour Bon)
■東京都中野区中野5-59-8
■営業:
08:00~21:30(月〜土)
09:00~21:00(日祝)
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のサイト
お店のInstagram

今回から珈琲を変えて、同じく中野、丸井裏のムトウコーヒーロースタリーの豆にする事に。

いつもこちらは、ヘアサロンで髪を切った帰りに寄るのですが、エチオピアのナチュラルがお気に入り。

ナチュラルはウォッシュトよりもコーヒー豆の果実味が残って、ワインのような風味が漂います。特に、ムトウさんが上手にドリップした場合。

僕のドリップはアウトドアで雑なのですが、最近、美味しいパンに負けない珈琲を思い、初めて豆を買う事に。

■MUTO coffee roastery (ムトウコーヒーロースタリー)
■東京都中野区中野3-34-18
■営業:11:30~19:00
■定休日:水木
場所はこのへん
お店のサイト

パンとコーヒーを用意して中野のセントラルパークへ。

ブロードウェイだ、セントラルパークだと言っていますが、ここは中野です。セントラルパークも通称で、ホントは中野区立中野四季の森公園というらしい。

ここでは「ピクニックゴハン」というのを推奨していて、公園でご飯を食べようという風に誘導しています。

公園を囲むビルにはいくつものカフェが入っていますし、マクドナルドもあれば、スタバもあります。キッチンカーも並んでいます。

なので、お昼時だったからか、公園のベンチは井の頭公園なみのベンチ争奪椅子取りゲーム。

写真的には木目のベンチが良かったのですが空いておらず、白いベンチに。例によってサーモス野点。

ボンジュール・ボンのヒレカツビーフカレーパンは、カツのカットが入っているので、肉を食べている感もあります。さらにカレーもたっぷり入っているので、こぼれないように気をつけましょう。シュークリームのクリームがあふれるのに近い現象がおきます。

もう一つは珈琲あんぱん。あんこって、あんバターもそうだし、以外と洋の物との相性が良いのですよ。珈琲あんぱんも、あんぱんの路線をまもりつつ、珈琲の香りが。

それをドリップの珈琲にリレーするという、あえてのチョイスでした。選択成功!

最近、一部リモートが戻って来ているのですが、この一連の外でランチの流れも昼休み1時間で出来ています。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

モスバーガー 新江古田店(新江古田)

江古田にモスバーガーが帰ってきました。かつては千川通りのセブンイレブンのところにあったのですが、閉店し、セブンイレブンが拡張工事をしたので、なごりが無くなっていました。

看板には「モス&カフェ」とあるので、千駄ヶ谷の将棋会館の所にあるようなお店になるのかと思っていたら、あちらは「モスプレミアム」で、グレードが違うようです。一般的なモスバーガーというより、グルメバーガーを出しているお店です。

騎士の藤井聡太さんが通っていた事でも有名で、あちらはビールも飲めるモスという事で話題になりましたが、新江古田はアルコールは無しの模様。

店内は名前の通りカフェ風で、一部電源席もあります。

モスの前はキラキラな内装のワースカフェでしたが、以外と女子大生達のインスタ受けもせず、最後の方はキッズスペースがあるカフェとして運営されていました。テレワークの進んだ今は、こういうお店でパソコンが使えるようなお店の方が、需要あるんでしょうね。

頂いたのはオーソドックスなモスバーガーとコーラのM。

メニューの写真と同じ物が出てくるだけで感動しますね。そこがマックと違う所です。

トマトも厚めでミートソースもたっぷり。パティもしっかり。ファストフードにしては上質で、グルメバーガーとの中間ぐらいの立ち位置。

客層も大人で、マクドナルドと棲み分けが出来るのではないでしょうか?

■モスバーガー 新江古田店
■東京都練馬区豊玉北1丁目3-24 ソレイユ江古田1階
■営業:9:00〜21:00
■定休日:無休
場所はこのへん
オフィシャルサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ