Spicy cafe カイマン(新中野)

カイマン

最近、暑いし、ブログに自転車の写真も写らないし、
「自転車乗ってますか?」と聞かれる事が多いのですが、
ミニベロには乗っています。
右下にチラりと写る赤いバーテープが僕のミニベロ。
遠出した時は、「ここまでチャリで来た」的に自転車の写真入れますが、
新中野ぐらいで、いちいち写真撮るのもなあ…という感じで、
あまり撮りません。

一応、暑さ対策として、速乾性のドライTシャツとパンツ、
直射日光対策でキャップ。
サコッシュには、水とタオル。
というスタイルで、ポタリングしております。

この日は、新中野の気になっていたカフェ「カイマン」へ。

店内

ブックカフェのように本が沢山並んでいるのですが、
ぱっと手に取ったのが橋本治さん。
昔、「桃尻娘」とか読んでいたなあ。懐かしい。
女子高生のしゃべりを文体にして小説を書いた物で、
今でいう「桐島、部活やめるってよ」の朝井リョウさんの、
源流のような感じですが、当時は掟破りような賛否もあり、
話題となったのを思い出しました。

あの当時から、軽い文体の本が好きだったんだよなあ。

そこで、ご主人に「軽い文体で、楽に読めて、
クスっと出来るエッセイのような物、オススメありませんか?」と聞くと、
色々候補を挙げてくれた上で、土屋賢二さんをオススメされました。
お茶の水大学名誉教授で哲学者。
柴門ふみさんの大学時代の先生です。

家に帰ってから、さっそくKindleで、エッセイデビュー作を読んでみました。

最初の章「今日からタバコをやめられるーでなくも禁煙をやめられる」
んー、文章は面白いんだけど、題材が時代じゃないなという印象。
それもそのはず、1994年の作品だったのです。

当時の男性の喫煙率は、59.0%、女性が14.8%。
セブンスターが220円の時代で、喫煙天国だった頃の話です。
だから、「健康の為にやめなきゃ」といいつつ、
「禁煙なんか簡単にできる!もう10回以上した」という
禁煙ギャグが定番だった時代です。

当時は僕も喫煙者でしたから、その頃に読めば、
「わかるー」と笑い転げていたに違いありません。

それが2018年の10月からセブンスターが500円に値上げされ、
男性の喫煙率は、27.8%。女性は、8.7%。
2年後から、飲食店での喫煙が認められない
「受動喫煙防止条例」が施行されるという、このご時世。
タバコをやめられない理由(ユーモア)が、笑えなくなっているのです。
その他の項目も、題材が古いし、
本来はパロディーなのに、パロディーにならなくなってしまっています。

この本の題材ではないけど「部活の時に禁止されている水を飲む方法」
というのも、当時だったら面白いハズなんだけど、
今となっては、「水禁止」が無知なバカ監督の命令でしかないので、
まず、水禁止が笑えない。
あの時、水を禁止にしてたラグビー部の監督とか、
今、どつきたいですもんね。

そこで、比較的新しい本を読んでみる事にしました。

2013年の作品で、小さな人生相談のような物を集めた作品。
有吉マツコの「かりそめ天国」に投稿されるような人生相談。
「新幹線の肘掛けを、自分の物だと主張できない」的な、小さなお悩み。

よかった。こっちは時代と乖離して無くて、面白く読めました。

カイマンカレー

作家の文体の話をしながら頂いたのは、
カイマンカレー700円に、アイスコーヒー200円をつけました。
カレーは3種類から選べて、チキン&ふわふわ玉子。
最近食べ続けていた刺激的なスパイスカレーとは違い、
ふわふわの玉子が、やさいしいカレー。
「夢眠」や「チャオカレー」の、チキンエッグみたいな系列です。

ランチの遅めの時間で、ご主人と僕とで、文学とか、映画の話をたっぷりと。
初めてのお店なのに、行きつけの喫茶店のような感覚。
いいなあ、ここ。居心地がいい。

■Spicy cafe カイマン
■東京都中野区本町6-12-10
■営業:
11:30〜14:30
17:30〜23:00(水金土のみ)
■定休日:月曜
場所はこのへん
お店のfacebook

Pocket
LINEで送る

ムトウ コーヒー ロースタリー (中野)

MUTO

カフェや喫茶店で、隣の人の会話が耳に飛び込んで来る事は多いですが、
女性のお客さんで、コーヒー自体について語り合っている場面に、
出くわす事はあまりありません。
多くの場合は、恋の話だったり、近況だったりという会話がメインで、
コーヒーは美味しければそれでいいという感じなのですが、
この日は珍しく、両隣にいる女性のお客さんが、
コーヒー自体に興味を示して、お店のご主人に質問をしていました。

中野の丸井裏にあるムトウは、美味しいコーヒーのお店として
コーヒー好きには知られていますが、
もしかして、そんな評判を聞いて、訪れたのでしょうか?

ガトーショコラ

僕がここに来るときは、中野の美容室で髪を切った時。
エチオピアのナチュラルと、ガトーショコラというのが定番です。
いつものように、ナチュラルの果実味、甘味を楽しんでいると、
右隣の女性が、焙煎機の横に置かれている麻の袋を指さし、
「この袋にコーヒー豆は、どのような状態で入ってくるのですか?」
と、ご主人に尋ねました。

「袋には生の豆の状態で入ってきて、それを、隣の焙煎機で焙煎します」
そして目の前の瓶に入ったコーヒー豆を見せて
「その焙煎の方法で、深く焙煎すると、このような濃い色になり、
 浅く焙煎すると、このような色になります」
と、ご主人。

「あまり詳しくないのですが、飲みやすいのはどれですか?」
「だったら最初は深煎りじゃなく、中煎りぐらいの、これとこれですかね」

懐かしい…。
このブログを始めたばかりの頃って、僕もコーヒー詳しくなくて、
同じような事を聞いていたなあ。

その時の記憶は鮮明で、板橋区の志村三丁目にある、
カフェ・ベルニーニに行った時の事です。
ハンドピックした雑味の無いコーヒーの味に驚き、
ご主人にあれこれ、コーヒーの事を質問攻めにしていました。
探したらやはり興奮してそのことを書いていました
2010年、8年前か。自転車はまだGIOSだったんだなあ。

さて、今度は左隣の女性。
注文したコーヒーを出された時
「ミルクはお使いになりますか?」と聞かれ、
「結構です」と答えた後に、しばらく考え込み、
「あの…。もしかして…。
 このコーヒーはミルクを入れた方が美味しいのでしょうか?」
と、尋ねました。

ご主人は、ちょっと慌てて
「ああ、ちがいます。一応聞いただけです」と答えました。

僕も隣にいましたけど、「美味しいんならその通りにしてみますけど」的な
殺気というか、探究心を感じました。

もう700軒以上カフェや喫茶店をまわっていますが、
こんなにコーヒーについて熱心に質問している所に出会ったのは初めて。
サードウェイブのブームの時にも、お目にかかりませんでしたが、
なんか、新たな波が起きているのでしょうか?
それとも、単なる偶然ですか?

■MUTO coffee roastery(ムトウ コーヒー ロースタリー)
■東京都中野区中野3-34-18
■営業:11:00~20:00
■定休日:木曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る