ハチミツとクローバー

まず最初に原作は読んでいないので、映画だけ観た感想です。
…という事をお断りしておきます。

美大生の恋と青春を描いた群像劇。
よく出来ていると思った。
リアリティーを感じた。

僕の住む江古田にも芸術系の日大芸術学部と武蔵野音大と
普通の大学の武蔵大学という3つの大学があるけれど、
やはり芸術系の生徒は、独特の雰囲気を持っています。

伊勢谷友介さんと蒼井優ちゃんには、その芸術系のニオイがするのです。
伊勢谷友介さんは、東京芸大卒だし、
蒼井優ちゃんは、その江古田の日芸中退です。
ほとんど学校には来なかったみたいだけれと。

リアリティーがあるというのは、その雰囲気の事。
多くの現役、OB、OGを知っているけれど、
はたから観ていて、共通するなと思うのは、口べただなと思う事。
無口なわけではありません。
感覚が先走るので、説明が下手な人が多いのです。
そのくせ、「何でわからないかなあ」なんてジレンマを抱えている。
そして、そんないらだちから上下する感情が表に出る。
でも、アートなんて説明するもんじゃないし、それでいいのだと思います。
そういう感覚的な人が羨ましく思えるし。

映画の中の恋愛や人間模様は、説明的ではなく、その感情の上下で表現されていました。

映画の中の美大生たちは、もちろん年上の人たちが演じているというのあるけど、
本物の学生よりは大人びている。
だから、いつまでも学生気分が抜けないOB,OGの雰囲気と、ドンピシャと思った。
たぶん、あの2人でなければ、出来ない映画だったんじゃないかな。

個人的な感想として、ストーリーよりも、あの雰囲気が重要だったんじゃないかと思いました。
「芸術系の大学の青春って、こんな感じでーす!」
それさえ伝えればいいんじゃないかと思ったのです。

さて、この映画の中で、櫻井翔くんと蒼井優ちゃんがオムライスをたべる喫茶店
「風まち通り」は、この1つ前の記事で紹介した、神保町のラドリオです。

ここは美術系ではなく、多くの作家や編集者など文学系が集まるお店なんだけど、
どこか共通した雰囲気はあると思います。

ところで、このDVDにはオーディオコメンタリーが収録されているのだけど、
伊勢谷、加瀬亮、関めぐみ、蒼井優バージョンが面白かった。
ジョゼと虎と魚たち」のオーディオコメンタリー以来の面白さでした。

その中で、伊勢谷くん自身も言っています。
「この役は芸大を出てるオレにしか出来ないものがあった」と。
それを聞きながら、嫌みとは感じず、だろうなと思いました。

マンガから入った人は、原作とは違うということを言っている方が多いですが、
マンガを知らない僕は、これはこれでいいんじゃないかなと思ったのでした。

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


ラドリオ(神保町)

路地裏

資料を探しに神保町の書店街に出かけました。
本を探すだけだったら、勝手知ったる池袋のジュンク堂とか、
検索ですぐ出てくるamazonでもいいのですが、
自転車での散歩と一緒で、わざと迷うような事をするのもたまにはいい。
効率は悪いけれど、自分が知らなかったような本に出会ったりする事もあるから。

その帰り、わざと路地裏を歩いてみました。
古い建物が残る神保町の路地裏には、歴史と風情のある建物が残っているからです。

そういう意味では、路地裏とはいえど、この通りは有名。
シャンソン喫茶のラドリオと、タンゴ喫茶のミロンガが軒を並べているからです。
ちなみに、この2つは姉妹店。

ラドリオ

今回は、ラドリオに入ってみる事にしました。
ラドリオというのはスペイン語でレンガという意味だそうですが、
その名の通り、しぶい色をしたレンガが並んでいます。

ただ、先の東日本大震災で、このレンガの壁と看板が崩れ落ち、これは修復した状態。
下半分が苔むす感じのレンガなのに対し、
上半分に新しいレンガが混じっているのはその為です。
看板も新品に付け替えられました。

それは東北とは比べられないけれど、小さな復興なのです。

店内

実はこちらのお店、映画「ハチミツとクローバー」でも使われた事があり、
奥のそのまた奥の席が、櫻井翔君と蒼井優ちゃん、伊勢谷友介さんなどが座った場所。
それが残った事は、ファンにとっても嬉しいのではないでしょうか?
もちろん、このお店を愛する人達、全員にとってもなんですが。

チキンカレー

ラドリオ特製のチキンカレーは、スープ、サラダ、コーヒーがセットになって950円。
色合いがイタリアの国旗みたいで可愛らしいのですが、
見た目とは裏腹に、意外とボリュームがあります。
やはりここは、学生街の神保町。
さぼうる2でカレーを食べた時もそう思ったのですが、
学生街は基本が大盛りサイズなのです。

メニュー

カレーとコーヒーはセットに出来るので、最初はアイスコーヒーを頼んでいたのですが、
食べながらメニューに目をやると、

「日本で初めてウインナコーヒーを出したのがラドリオです」

という文字が目に飛び込んできました。

そこで、すぐに店員さんにお願いして、ウインナコーヒーにチェンジ。
コーヒーは食後にと頼んでいたのでギリギリセーフでした。
ウインナコーヒーも、セットにしても値段は変わらないそうです。

ウインナコーヒー

ウインナコーヒーは、生クリームでフタがしてあるので、
常温のクリームの下から、熱々のコーヒーが入ってきます。
その温度差のギャップが面白い。

ウインナコーヒーとは、オーストリアのウイーン風のコーヒーの事。
こちらの女性店主が、ヨーロッパが好きで、物資のない時代に、
生クリームを手に入れて、再現したのがはじまりと言われています。

1949年(昭和24年)創業の「ラドリオ」は、土地柄、多くの作家や文化人が訪れ、
推理小説家・逢坂剛氏が、ここで直木賞の発表を待ったという逸話も。
直木賞をとった作品は「カディスの赤い星」

■ラドリオ
■東京都千代田区神田神保町1-3
■営業
11:00~22:00(月〜金)
12:00~21:00(土)
■定休日:日祝
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ