むぎわらい(三ノ輪)

早稲田

早稲田にやってきました。
荒川区の三ノ輪に行くのに、なぜ早稲田?

普通に行くなら、上野経由で行けばいいのですが、
そうなると、以前、北千住に行ったときと同じルートになってしまいます。

都電

なので、今回はコレを使う事にしました。
…と言っても、都電に乗ってしまっては、チャリ旅にはなりません。
都電の線路沿いを辿り、終点の三ノ輪橋まで行こうという事にしたのです。

路線図

つまり、こういう事です。
この路線沿いを走りながら、全ての駅を写真におさめていき、三ノ輪まで向かいます。
全30駅をめぐる旅。
地図を見て分かる通り、早稲田から三ノ輪まで直線的に向かった方が、近いのです。
それを、あえて遠回りして向かおうといもの。
アホな事を思いついたものです。

という訳で、今回はたどり着くまで少々長いですが、ご勘弁を。

面影橋

まずは、新目白通りを明治通り方面に戻り、2駅目の面影橋へ。
早稲田からは300メートルぐらいしかありません。
なので、都電にも追いつく事が出来ました。

学習院下

続いて、明治通りを池袋方面に向かった所にあるのが、3駅目の学習院下。
先ほどの都電が正面に豆粒のように写っています。

鬼子母神前

明治通りから住宅街に入ると、4駅目の鬼子母神前があります。
前回、鶯谷に行ったときに立ち寄った、入谷の鬼子母神と共に、
江戸の三大鬼子母神と呼ばれている、雑司ヶ谷鬼子母神の法明寺がある場所です。
ちなみに、あと1つは江戸と言っても東京ではなく、
千葉県の市川市にあるの中山法華経寺にあります。

都電雑司ヶ谷

5駅目の都電雑司ヶ谷へ。
左手に見えるのがサンシャイン60です。

東池袋四丁目

そのサンシャインのすぐ近くにあるのが、6駅目の東池袋四丁目。
サンシャイン前。

乙女ロード

腐女子のみなさんの聖地でもある乙女ロードが近いせいか、
ゴスロリ系ファッションの女性の方が目に付きます。

向原

7駅目の「向原」
実はここにたどり着くまでが難関でした。
線路際に道はなく、しかも古いアパートとアパートの間の私道みたいな道ばかり。
右手に写っているアパートのあたりは自転車でさえ切り返しが難しい細い道。

都会のラビリンスに迷い込んでしまいました。

大塚駅前

8駅目は「大塚駅前」。
上を通っているのは山手線。

巣鴨新田

やっと大塚まで来たのに、山手線をくぐると、
都電荒川線は、ちょっと池袋方面に戻っていきます。
9駅目は「巣鴨新田」。

庚申塚

記念すべき10駅目は「庚申塚」。
お婆ちゃんの原宿、巣鴨とげ抜き地蔵通りへはこちらが便利です。

新庚申塚

次の駅までは200メートルも離れていないんじゃないでしょうか。
11駅目は「新庚申塚」。

西ヶ原四丁目

またまた住宅街の駅、12駅目の「西ヶ原四丁目」。
都電の駅は、住宅街の中の狭い場所に作られている為に、
上りと下りが別の場所にあり、片方が見つけにくい場所にあったりしますが、
こちらもその1つです。

滝野川一丁目

13駅目は「滝野川一丁目」。
新宿区の早稲田から出発しましたが、豊島区を通過して、このへんはもう北区。

飛鳥山

14駅目の「飛鳥山」へ。
これは通過してきた池袋の方に向かって撮っています。
正面に見えるのは、たぶんサンシャイン?

飛鳥山

反対側には、以前来た、王子の飛鳥山公園が。
そして自転車で移動しているという証拠も。

王子駅前

やっと半分!15駅目は「王子駅前」。
王子駅前も駅な訳だから、王子駅前駅になるのかな。
都電王子とかでも良かったのでは?

このぐらいのちびっ子達にとってはAKB48より、都電の方がアイドルスターですね。

栄町

16駅目は「栄町」

工場

この付近は住宅街の中に工場が点在しているのですが、中には古いものも。
こちらは、北区の指定有形文化財にもなっている東京書籍印刷工場。
昭和11年に建てられた建物だそうで、太平洋戦争の開戦が昭和16年ですから、
その後の戦火を切り抜けた事になります。
形だけ見ると軍需工場っぽいけど、空襲の際には狙われなかったみたいですね。

梶原

17駅目は「梶原」
3つめの「学習院下」で走った明治通りと、再び15駅目の「王子駅前」でぶつかり、
ここ「梶原」で、3度目のご対面です。
実は明治通りも王子の先で、大きく方向転換し、最終的には三ノ輪方面に向かいます。
経路は違えど、明治通りも都電も目的は同じなんですね。

荒川車庫前

18駅目は「荒川車庫前」

車庫

車庫前というだけあって、車庫があります。
夜はここに全ての都電が集まるんでしょうか?

都電おもいで広場

さらに車庫の隣には、昔の都電が保存されている「都電おもいで広場」が。
白い方は、昭和42年まで走っていた、流線型のボディーが人気の「PCCカー」。
黄色い方は、大塚駅前から三ノ輪までの通学電車として、
なんと平成10年まで走っていた「学園号」。

運転席

中を覗いてみると、帽子までかぶって本格的な、ちびっ子運転士が、
アナウンス付でエアートレインをしていました。
好きなんだねえ。

荒川遊園地前

19駅目は「荒川遊園地前」。
荒川遊園地も覗いてみたいのだけど、先を急ぐので、次の機会へ。
またまた証拠カットの愛車「青い稲妻号」
いつからそんな名前に?

小台

20駅目の「小台」。
やっと2/3。
あれ?駅目看板がない!

駅名

ここは駅名、正面だけですか…?

宮ノ前

21駅目、こちらも側面看板なしの「宮ノ前」

熊野前

22駅目、「熊野前」
この付近は、線路沿いに道があるので、すぐに次の駅に行けます。

東尾久三丁目

23駅目、「東尾久三丁目」
こうして色んなタイプの都電と出会う事が出来ます。
同じタイプが続けて来る事はほとんどありません。

町屋二丁目

24駅目「町屋二丁目」
正面に見えているのが町屋の駅ビル。

町屋駅前

25駅目「町屋駅前」
右手が先ほど正面に見えていた駅ビルで、線路の先のガードは京成線です。
さあ、残り5駅!カウントダウン開始です。

荒川七丁目

26駅目「荒川七丁目」
このあたりでまた住宅街の中へ線路が消えていくので、
線路の曲がり方をみつつ、どっちの方に駅があるのか予想しながら探索。

荒川二丁目

27駅目「荒川二丁目」

三河島汚水処理場

駅のホームから見えるレンガの建物は、我が国最初の近代下水処理場である
旧・三河島汚水処理場です。

荒川区役所前

28駅目「荒川区役所前」
ホームの反対側の「女神インキ」というのが気になります。

荒川一中前

いよいよラスト前の29駅目「荒川一中前」

三ノ輪橋

そしてついに到達!30駅目の「三ノ輪橋」
都電の雰囲気を盛り上げるべく、ちょっとレトロな演出も。

終点

ここで線路はおしまい。

大勝湯

炎天下の中走って、喉がかわいたので商店街をウロウロしていると、銭湯を発見!
なんと昼から営業しているではないですか!
体中汗ばんでいるので、ひとっ風呂あびる事にしました。

いろんなお風呂がある中で、飛び込んだのは水風呂。
気持ちいいいい!

むぎわらい

すっきり爽やかになった所で、今回のお目当てのカフェ、三ノ輪の「むぎわらい」へ。

店内

パン屋さんがやっているカフェで、普通のパン屋さんとしてテイクアウトも出来るし、
店内で食事も出来ます。

ひよこ豆のカレー

頂いたのは「ひよこ豆のカレー・パンセット」900円。
パンは3種類ついてきます。
11時〜15時のランチタイムはプラス200円でドリンクつき。

オーガニックのひよこ豆とトマトを使ったカレーで、
肉や小麦粉、乳製品を使っていないカレーです。
それなのに味わい深いし、食べ応えあり。
野菜の甘みが純粋に味わえて、美味しいです。
パンも素朴で、ハードすぎないのがいい!それがこのカレーとマッチしています。

メニューには、

ゆっくりとした時間をすごして頂くために、
携帯電話と、お子さんがぐずった場合は外で時間をとってください

という注意書きがありました。

たしかに、周りを見ると、静かにのんびりとした時間を過ごしている人達がいます。
お風呂に入って、一息ついたあとなので、その時間の流れが心地よいです。

あんパン

お食事を頂いていると、サービスであんパンを出して頂きました。
小さなパンですが、素朴で優しい味。

今回はアホな自転車旅でしたが、終わりよければ全てよし。
暑さも汗も忘れて、のんびりといい気分を味わったのでした。

■むぎわらい
■東京都荒川区東日暮里1-5-6
■営業:11:00〜19:00
■定休日:不定休
場所はこのへん
公式サイト

自転車で23区カフェ制覇の旅…ただ今、15/23区。

地図

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


喫茶・デン(鶯谷)

目白駅

江古田から東長崎を抜けて、目白通りを進みます。
チャリで23区のカフェ制覇の旅でも、たびたび使う通り。
目白駅を越せば通りも少し広くなるし、交通量も減るので比較的走りやすい通りです。

不忍通り

不忍通りを進み、護国寺を抜けると少し長い上り坂となります。
その上にあるのが春日通りとの交差点。
いつもはここを右折して、本郷や上野方面に向かうのですが、今回は、このまま直進。

自転車レーン

千石から白山通りに入り、さらに旧白山通りに入ると、自転車専用のレーンが出現。
こちらは、国道としては東京都内初の自転車レーンだそうで、
2010年の3月26日からスタートしたものです。

実は最近、少しずつですが、こういう自転車レーンが増えているのです。
江戸川区を走った時も、このように自転車レーンが色違いで塗られていましたが、
足立区を走った時は、白線のみで、所々に「二輪」の文字がありました。
ただ、まだドライバーにはあまり知られていなくて、ただの路側帯と思われている事も。

このように色が塗り分けられていると、車が中央側を走ってくれるので、
自転車も安心して走ることが出来ます。
それに駐車違反の料金が上がったせいでしょうか、
昔に比べれば圧倒的に違法駐車が少なくなりましたしね。

本郷

本郷に入ったら、東大農学部と安田講堂の間の言問通りに入ります。
ギラギラの太陽が照りつける日は、こういう木陰のある所に入ると、
ぐっと涼しくなり、気持ちいい風も感じることが出来ます。
うちの近所の中野通りも、桜並木の緑がトンネルのように日差しを防いでくれるので、
気持ちよく走れるので好きな通りです。

自転車旅だと、坂のアップダウン、交通量、路側帯の幅、舗装、自然、
道路の色んな事が気になり、
それが総合されて自分の好きな通りというのが生まれます。

旧・吉田屋酒店

言問通りを根津から谷中へ向かうと目に飛び込んできたのが、
上野公園にある下町風俗資料館の付設展示場である、旧・吉田屋酒店。
実は、当初、今回の目的地は、この付近でした。
谷中は、カフェ本に取り上げられたりするお店の多い、カフェの宝庫なのですが、
土曜日という事もあってか、街を散策する観光客でいっぱいで、当然、カフェも満員御礼。
なので、この場所はあきらめ、言問通りをさらに直進する事にしました。

谷中付近は、古い町並みが残り風情があるのですが、実は若い店主が多いらしく、
古い建物を生かしながら、若い人達にもうけるコンセプトのショップが多いのも特徴です。

たとえば、この旧・吉田屋酒店でも音楽が流れていたのですが、
写真から想像して、どんなのが流れていたと思います?
江戸情緒の残る下町といえば、お囃子とか、民謡とか、そんなイメージじゃないですか?

実はカフェミュージックだったんですね。

未だに多くの商店街では、年配者が実権を握っているために、
若いお客のニーズに合わず、ただ古いだけになってしまう事が多いのですが、
この付近は、並ぶお店や散策するお客さんなどをみても、
旨い具合に世代交代出来ているのが、感じられます。

若いって言っても、中心は30代〜40代ぐらいでしょうかね。
商店街では50代でも若手。
60〜70代が中心ですものね。

陸橋

陸橋を使って、山手線、京浜東北線を越えていくと、スカイツリーが見えて来ました。
ここの陸橋も自転車部分は緑に塗り分けられているので、安心して走れます。

デン

根津、谷中付近から予定を変更してやってきたのは、鶯谷付近の根岸周辺。
このあたりも古い町並みと新しい町並みが融合する場所です。

ここで選んだのは、こちらの「喫茶・デン」。

グラパン

お目当てはこちらの「グラパン」。
食パンをくり抜いて、ホワイトソースのグラタンを入れた物で、
具は、エビ、ハム、ホタテの中から選べるので、エビをチョイス。
ドリンク付きのグラパンセットは、980円です。

カラオケボックスなどで、食パン一斤を使い、ハチミツやアイスクリームを乗せた
ハニートーストにお目にかかることがありますが、こちらはグラタン。
しかも、ハニートーストの場合は、みんなで食べる事がが多いので、
これを一人で食べきれるのか多少不安がよぎったのですが、
食べ始めると、意外といけます。

徐々にパンにグラタンが染みこんできて、しんなりしてくるので、
そこをちぎりながら、食べていきます。
そして、完食。

クリームソーダ

満腹になり、まったりとしていると、ご近所の常連さんらしき人が来店し
「いつもの!」とご注文!
すると出てきたのがコレでした。

見たらメチャメチャ食べたくなり、デザートは別腹と言い聞かせ、注文する事に。
だって、今逃したら、次にいつ来れるかわからないんだもん。

クリームソーダは550円。
こちらはソフトクリームも人気のお店らしく、
濃厚なソフトと、ちょっと懐かしい感じのソーダがいい具合にマッチしてます。
これ、美味しい!

カフェというよりは、地元の人達に愛される喫茶店という感じ。
お客さんの中には、お婆ちゃん達の茶飲み友達チームもいらして、
救急車が通ったら「ほら!お迎えが来たよ」なんて、
綾小路きみまろさんチックなギャグを飛ばしていました。

■喫茶・デン
■東京都台東区根岸3-3-18
■営業
9:00~22:00(月〜金)
9:00~19:00(土日祝)
■定休日:不定休
場所はこのへん

謎の洋館

デンのすぐ近くの路地を入ると、不思議な建物が見てきました。
家が蔦にすっぽりと覆われています。
かなり古い歴史のある建物のようですが、特に案内などは書かれていません。

後で調べてみると、どうやら、陸奥宗光の別邸だった場所らしいです。
幕末、勝海舟の神戸海軍操練所に入り、
坂本龍馬の海援隊に加わるなど、始終龍馬と行動をともにした人で、
大河ドラマの「龍馬伝」では、平岡祐太が演じている人です。

明治時代には外務大臣として辣腕をふるい、カミソリ大臣の名で呼ばれた人。
明治20年頃に三井家からこの家を贈られ、別邸として使っていたそうです。

現在は、別の人の手に渡り個人の所有物になっているようです。
一見廃墟風になっているのですが、個人では維持するのは大変なんでしょうか。

看板

さて根岸と言えば、近くにあったハズ。
ねぎし三平堂。
初代・林家三平さんの実家であり、記念館でもあります。

三平堂

二代目・林家三平さんは、次男である「いっ平」さんがが継いで、
長男の「こぶ平」さんは、九代目「林家正蔵」さんへ。
お二人が出られる番組では、たびたびこちらのご実家も登場しますね。

鬼子母神

帰りは、入谷から上野方面に向かったのですが、
入谷といえば、朝顔市でも有名な鬼子母神があります。
正式名称は、真源寺(しんげんじ)。
江戸の三大鬼子母神の一つされ
「おそれ入谷の鬼子母神」という狂歌の中の洒落も有名ですね。

社殿

歴史のある寺院という事で、ワクワクしながら入ってみたのですが、
すっかり近代的になっていて、少しガッカリ。

山車1

その後、上野公園の脇をすり抜けて帰ることにしたのですが、
ちょうど上野公園の夏祭りが行われていて、山車が待機していました。

山車2

その他にも、猿の山車と…。

山車3

狐の山車が待機していたのですが、猿と狐で何のお話でしょうか?
もし桃太郎だとしたら、狐ではなく犬ですが、そうなるとキジが足りません。
さて、いったいなんの山車なんでしょう?

不忍池

不忍池で、ちょっと夕涼み。
屋台も数多く出ていて、ビールを楽しんでいる人も多くいました。
ちょっとしたビアガーデン風。

入道雲

ビールをぐっとガマンしてペットボトルの水を補給していると、
ビルの向こうに、大きな入道雲がもくもくと。
まるで、爆弾が投下されたあとの、きのこ雲のよう。
みるみるうちに大きくなっていきます。
もしや、これは一雨降るのでは?
ゲリラ豪雨?

早々に上野を後にして、帰路についたのでした。

自転車で23区カフェ制覇の旅…ただ今、14/23区。

地図

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ