イワテバル(渋谷)

渋谷

3月11日、東日本大震災の日から8年が経ちました。あの日、僕は成田空港からのスカイライナーの中で被災し、交通が遮断されて成田のホテルのロビーで一夜を過ごしました。

そのホテルのロビーのTVで目にしたのは、我が、岩手県宮古市が津波にのみ込まれていく映像。うちは海から500mぐらいの所にあったので、ダメかと思ったのですが、不思議な水の流れにより、奇跡的に被害を免れました。でも、連絡はつかないので、実家にいた両親の安否を必死で探したのを覚えています。

この時期になるとそういう事を思い出しますね。

牡蠣

さて、渋谷の道玄坂から百軒店に入った奥に、岩手料理専門のダイニングバー「イワテバル」があります。目印は喫茶ライオンの向かいの、牡蠣料理専門店。

イワテバル

その2階がイワテバルです。

店内

岩手出身者が多く集まり、壁の地図には、お客さんの出身地がシールで貼られています。僕の故郷の宮古市は、右側のちょうど真ん中ぐらい。右側で一番集中しているのが、このお店のご主人の出身地の釜石市で、その上の部分です。

雌株

岩手の名物というと、冷麺とかわんこそばとか、沿岸だと「海宝漬」とか思い浮かべる人が多いと思うのですが、どちらかというと、それらは観光客向けのメニューで、こちらのお店では、普段地元で食べていたものを中心にメニューが構成されています。なので、岩手出身者以外が行くと、ちょっとこれじゃない感もあるかも。

写真はワカメのめかぶ。三陸のご飯の友です。

東京の友達と行ったのですが、お店の方や他のお客さんと盛り上がるのは、やはり岩手の話。

「山田せんべいって知ってる?」「マツモって味噌汁に入っていたよね」

東京の友達はポカンでしたが、岩手出身者にとって、故郷の話は最高のつまみとなったのでした。

■イワテバル。
■東京都渋谷区道玄坂2-20-5 2F
■営業:18:00~23:00
■定休日:日祝
場所はこのへん
お店のfacebook

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


銭湯図解

情熱大陸で、高円寺にある「小杉湯」の番頭として働きながら、銭湯のイラストを描き続ける塩谷歩波(えんやほなみ)さんが取り上げられていました。

早稲田大学の大学院で建築を学び、都内の建築設計事務所で働いてていましたが、肉体的にも精神的にも調子を崩して休職。そんな時に知人に勧められたのが銭湯。傷ついた心身を癒してくれた銭湯に恩返しをしたいと考え、建築の図法をで銭湯の俯瞰図を描き、Twitterで投稿し話題に。最終的に一冊の本になりました。

最近、江古田の飲み友と話をしていて、それぞれ精神的に病んでいた時期があり、その時にどんな事をしていたかというカミングアウト大会がありました。

僕が病んでいたのは、このブログを始めるちょっと前でした。

番組制作で責任のあるポジションについたのですが、上からはもっとアグレッシブに改革しろと迫られ、下からは「そんなトップダウンは受け入れられない」と突っぱねられていた頃です。怒鳴ってもしょうが無いので下に任せてみると、上が満足する結果まで達しない。

両方の板挟みになり、ストレスが溜まり、円形脱毛症にもなりました。

家に帰る前に、自分の仕事を知らない人たちと、仕事の話と関係無い話をして、頭をリセットしたいと始めたのが江古田の一人飲みです。

今考えると「パニック障害」の一種かもしれませんが(病院にかからなかったのでわかりません)狭いところが急に苦手になりました。家で仕事をしながらご飯を食べるのが息苦しく、コンビニでパンを買って公園で食べたりしていました。そのとき、家の狭い風呂が苦手で銭湯にも通いました。開放感に癒やされたというのは、たぶん塩谷さんと同じです。

僕の場合は、さらに公園に行くというのもやりました。広い場所に出ると心が解放されるし、海育ちなので、水をみると安心するというのがあって、石神井公園で一人でボートに乗ったりもしました。

こうしてたどり着いたのが、荒川サイクリングロードです。堤防の内側、河原の側は堤防で排ガスなど遮られているのではないかと思うぐらい、気持ちのいい風が吹いていましたし、緑や川のゆったりとした流れの風景を見るうちに、サイクリングにハマり、次第に自分が病んでいたのを忘れていきました。カミングアウト大会すると、結構、みんな同じような事あるんですね。

寒暖差が激しくて体調が優れない時は、今でも銭湯に行くようにしているのですが、定番なのは銭湯図解にも掲載されている桜台の「久松湯」。最近、飲み友に教えられてハマっているのは椎名町の「妙法湯」。どちらもピカピカのリニューアル銭湯ですが、人気で賑わっています。

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ