かえる食堂(要町)

梅雨が明ける明ける詐欺で、現時点で関東はまだ梅雨明けしていません。しかも、ウエザーニューズの通知で、ゲリラ豪雨に注意というのを見てみると、江古田の上空に半径1キロぐらいで、雨雲が滞在。

江古田さえ抜ければ他は雨は降っていないのですが、江古田だけずーっと降っています。

江古田の雨が止むスキを狙って、自転車で脱出!そしたらお隣の東長崎は道路が乾いていて、雨が降った気配すらなし。どんだけ極所集中の雨なんだよ。江古田には、上昇気流をもたらす熱源でもあるのでしょうか?

まさか、日芸、武蔵音、武蔵の3つの大学のエアコンの室外機が、束になってハイパワーの上昇気流を作っているとか?そんな事を考えながら池袋方面に脱出しました。

目的は、かえる食堂のカレーです!

仕事関係で、夏風邪?季節の変わり目の風邪?をひいている人が多く、高熱で休んでいる人もチラホラ。

風邪の季節といえば、かつてはルーティンで、江古田プアハスのスパイシーな極辛カレーを食べて発汗させ、体にカツを入れるというのが行事だったのですが、プアハウスが閉店してからは、ここ要町の「かえる食堂」のカレーが、仮想プアハウスカレーとなっています。

本来なら、プアハウスのカレーに近い黒坦々カレーを頂くのですが、これまでに食べた事がないメニューに目移りして、キーマカレーに、手羽元チキンを2本トッピング。

キーマカレー850円に、手羽元100円×2で、1050円。

挽肉と根野菜のカレーがベースで、ちょっと珍しいスープ状のキーマカレー。黒坦々カレーなどに比べると、万人受けするスパイシーさで、食べやすいカレーです。

隣りで、ジムでのトレーニング風景のインスタに載せそうな、いい女系の筋トレ女子が、同じメニューを食べていたのですが(正直、それにつられた)なんか、ああいう人が食べていると、ヘルシーメニューに感じてくるから不思議。

食べ終わった後、自転車で池袋に向かったのですが、途中、先に出た筋トレ女子が池袋に向かって歩いていました。歩きというかウォーキングといいう感じに見えてくるから不思議。そういうちょっとした運動が、あの綺麗な体を作るんだろうなと思いました。

ジョギングも、ロードバイク女子も、かつては体のラインを見せるのを恥ずかしがり、日本独自のスカートなんて物をジャージにつけていましたが、筋トレ女子が、お尻のラインなどを自慢げにインスタに載せるようになってから、スカート派はみるみる少なくなりましたね。

ロードバイクのジャージ+スカートはめっちゃカッコ悪いので、せめてラインを隠すなら短パンを推奨したいです。

■かえる食堂
■東京都豊島区池袋3-6-1 第2京花荘 1F
■営業:11:30~17:00
■定休日:日月
場所はこのへん
お店のツイッター

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


SEKAI NO OWARI TOUR 2019「The Colors」

幕張メッセで行われたSEKAI NO OWARI TOUR 2019「The Colors」に行ってきました。

通常なら写真禁止なハズなのに、会場では写真を撮っている人達が多く、周りに確認してみるとSEKAI NO OWARI は写真OKとの事。そこで何枚か写真を撮りました。

またSNSへの掲載はどうなっているのかも確認すると、かまわないとの事。

海外のアーティストでは逆にSNSへの掲載OKをプロモーションと考えるアーティストが多いですが、日本ではまだまだ珍しいですね。

カルチャーショックだったのは、若者というより、小学生のお客さんが多いという事。うちの近所の小学校でも、運動会の時はSEKAI NO OWARI の音楽が使われていたりして、小学生にとってはポピュラーな存在なんでしょうね。

先日行った、山下達郎のコンサートとは真逆の方向性で、達郎がシンプルに歌と最高の音質だけで聞かせて満足させるの対し、照明やプロジェクションマッピング、連動型LEDとか、光の演出含めた世界観を作るエンターテイメント。

どちらがいいというのでは無しに、小学生をはじめとする10代を興奮の渦に巻き込んでいるのは、こちらの方。

ラジオをやっていて思うのは、40過ぎると、新曲、今の音楽が体に入ってこなくなって、懐メロに浸る人達がどっと増えます。そういう人達って、「今の音楽は」「昔は良かった」が口癖なんだけど、番組を作る人間は、そっちに合わせてしまったら終わりだなあと思っています。

切り捨てるのではなく、スピッツを源流に持つ「あいみょん」とか、40代でも歌詞が聞き取れ、どこか懐かしいメロディーで、受け入れられているアーティストもいます。そういう人達を紹介しながら、新しい音楽離れをさせないのが、僕らの使命かなと思ったり。

『NHKの2020五輪応援ソング』プロジェクトで、米津玄師が「パプリカ」を書き下ろし、菅原小春が振り付けして、子供達が踊る映像がNHKで流されていますが、子供達は、今、これに夢中になっています。小さい子供がいる、親しかわからないと思いますが。

それのライブ版がSEKAI NO OWARI のコンサートなんだなと。子供達が夢中になって、盛り上がっている姿を見られて良かったです。

少なくとも自分は「セカオワなんて」と言ったら、その世界観が理解出来ない自分が負けだなと、思い知りました。

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ