フジ(新橋)

SL

新橋といえば、「サラリーマンの聖地」などと言われますが、
しかし、なんで新橋が聖地なんでしょうか?
丸の内や大手町の方が、企業の本社が多いですよね。
調べてみると、どうやら、銀座で飲むのは無理というサラリーマンでも
大丈夫な安い居酒屋が多いからというのが、一つの要因のようです。

インタビュー

新橋駅前といえば、酔ったサラリーマンに
インタビューするスポットとしても定番ですが、
安居酒屋で飲む人達は、酔いやすく、本音が引き出しやすいというのも、
ここをロケ地に選ぶ理由の一つのようです。
それが繰り替えされ、デフォルメされ、新橋=サラリーマンに。
確かに、銀座で聞くより、新橋で聞いた方が、
庶民の声的な演出がしやすいですもんね。
この日も、ちょうど街頭インタビューをしていました。
「俺もインタビューされてー」という野次馬も多数。

ニューしんばしビル

さて、その庶民のオアシス、ニュー新橋ビルは、
中に小さな居酒屋があったり、ゲームセンターがあったり、
そして、怪しげな中国マッサージのお店が並び、
中は、ちょっと昔の香港を思わせるような雰囲気です。

ところが、このニュー新橋ビルを立て替えるという計画が動き始めました。
都が旧耐震基準で建てられた都内の商業ビルなどの耐震診断をしたところ、
このニュー新橋ビルや、新宿の紀伊国屋書店ビルなどは、
震度6強~7の地震で倒壊・崩壊の危険性が「高い」と診断されました。
そのためこのビルを取り壊し、
地上30階のビルにしようという計画が持ち上がったのです。

ただし、新しいビルになると、当然、家賃等も上がりますから、
これまでの小規模な居酒屋は、商売を続けられなくなり、
大資本系のチェーン居酒屋に取って代わられる事になります。
すると一気に、庶民の味方が姿を消すわけですから、
その頃には、サラリーマンの聖地という言葉は、
似合わない町になっているかもしれません。

フジ

さて、そのニュー新橋ビルの地下1階に「フジ」という喫茶店があります。

ショーケース

ショーケースには昭和な香りのするサンプルが並びます。

富士山

店内には、名前の由来となった富士山の大パネルが鎮座します。
創業40年以上という長い歴史を持つお店ですが、
何度かリニューアルされているようで、
お店は意外とと言ったら失礼ですが、きれいです。
サラリーマンが仕事をサボって高校野球でも見そうなテレビも
大画面の液晶が2台取り付けられていて、
スポーツBARみたいな雰囲気も。

ピラフ

こういう所に来ると、ナポリタンを食べるのが定番なんでしょうが、
ちょっと前に、アルデンテなナポリタン探しで、結構食べ歩いたので
今回は、同じく昭和な喫茶メニューの、ピラフです。
スープと、飲み物がついて、850円。
奥に見えるアイスクリームのような物は、ポテトサラダです。

もうしばらくピラフなんて食べていなかったのですが、
具のイカやエビが、業務用というか冷凍食品感満載。
以前なら、これぞ昭和なピラフ!と言って済ませたんでしょうけど、
正直、ちょっと物足りないですね。
旨いピラフを出す喫茶店って、どこかにあるんでしょうか?
探してみましょうかね。

■フジ
■東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル B1F
■営業:
08:00~22:00(月〜金)
11:00~18:00(土)
■定休日:日曜
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


ハッピータイム(吉見町)

上江橋

荒川サイクリングロード、久々に上江橋を越えて上流へ。
橋の中央から降りて中州で一休み。
前はボトルに水を入れていたのですが、
塩分が失われてしまうと足を痙攣する確率が上がったので、
必ずスポーツドリンクを補給するようにしました。

菜の花

この日は風も無く快適なサイクリング。
花鳥風月の花で、満開の桜を見るために北上しているのですが、
土手の菜の花にも反応をしてしまいます。

分岐

途中、比企自転車道との分岐が現れるのですが、
そのまま荒川サイクリングロードを進みます。
そういえば、比企自転車道って、行った事ないなあ。
今度行ってみよう。

桜堤

そして、やってきました、吉見町の「さくら堤公園」。
東京は、ほぼ散ってしまっていた桜も、
少し北、埼玉の吉見町では、ちょうど満開。
サイクルコンピュータを見ると、練馬から北に40㎞。
東京と埼玉は、お隣同士ですが、
こうして、同じ時期でも少し気温が違うんですね。

トンネル

桜のトンネルの真ん中を荒川サイクリングロードが通ります。
この時期は、お花見客も多いので、超徐行で通ります。
ちょうど風が吹いてきて、チラチラと花びらが舞います。

桜並木

実はこの場所、土手の下は菜の花畑になっていて、
上が桜のピンク、下が菜の花の黄色の二色構造。
花見客は、菜の花の中にシートを敷いたり、
折りたたみのチェアを置いたりして、楽しんでいました。
これも東京の花見とは、ちょっと違う感じですね。

ハッピータイム

吉見で人気なのが、ガーデンセンター「さにべる」の敷地にある
ログハウスのカフェ「ハッピータイム」
壁際に長いベンチがあり、順番待ちのお客さんが並んで座っています。
行列ですが、立って並ばなくていいので助かりますね。

バイクラック

荒川サイクリングロードから、10分ぐらいの所にあるので、
サイクリストも多く、バイクラックも完備されています。
この日は、僕の前に並んでいた人もサイクルジャージの方で、
お店の方に、一緒のグループにされそうになりました。

こいいちご

ハッピータイムの名物となっているのが、
凍ったイチゴを削る「ここいちご」そこに練乳がかけられています。
これは、さらにバニラアイス、ホイップクリーム、イチゴソースをかけた、
「ここいちごスペシャル」900円。
かき氷のイチゴ味ではなく、完全にイチゴそのものです。
前から思っているのですが、イチゴ味のお菓子とかって、
もっと本物に似せられるハズなのに、
あえて歯磨きのイチゴ味の方面に寄せていますよね。
この本物のイチゴを食べれば、
イチゴ味が、本物のイチゴとはかけ離れている事が実感出来ます。
美味しかったー。
かき氷とは、全く別次元です。

■ハッピー タイム (Happy Time)
■埼玉県比企郡吉見町谷口205 ガーデンセンターサニベル
■営業:11:30 〜 18:00
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のサイト

本田

行きは天気もよく風も無く、穏やかなサイクリング日和だったのに、
帰りは、強い風が吹き始め、完全な向かい風。
他のサイクリストも、前傾姿勢を低くする為にみんな下ハン持っています。
さらに気温も下がったので、秋ヶ瀬公園の自販機で、
暖かい缶コーヒーでも買おうと思ったら、
4月になったからか、見事に全部、冷たい飲み物。
一緒に休憩していた方も、「あ!冷たいのしか無い!」と言っていて、
そこから、向かい風でしんどかったトークで盛り上がりました。

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ