新春!自転車で東京湾1周サイクリング(前編)

江古田

年越しは飲んだくれて過ごす予定でした。
それが何故かタイトルの通り、サイクリングに出かける事に。
きっかけは女友達。

一緒に富士登山とかする女性の飲み友達がいるのですが、
彼女の年末恒例となっているのが、「自転車日の出暴走」。
折りたたみの自転車で海まで一人で自走して、日の出を拝み、
帰りは輪行して帰ってくるという物。
1年目は、江古田から犬吠埼、2年目は三浦海岸の城ヶ崎。
そして、今年も出発したというお知らせが届いたのです。
写真には江戸川を渡る自転車が。

今年は房総半島方面か…。
と何となく思っていたのですが、なぜだか自転車に乗りたい気持ちがムクムクと。

さすがに寒いし、バカな事は考えないでやめておこう!
…と思ったのですが、気がついたらサイクリングに出かける準備を終えていました。

僕の場合、ロードレーサーに乗る人達のようなサイクリングジャージ系ではなく、
ポタリングと呼ばれるお散歩系なので、
富士登山で使ったゴアテックスやフリースを引っ張り出してきました。

そしてちょうど0時となった所で家を出て、
江古田の新春の名所、干支の壁画からサイクリングロードをスタートさせました。

多摩川

中野、下北沢、三茶、自由が丘と通った後、
環八から第2京浜と経由して、多摩川を渡りました。
今回の目的は、自転車で東京湾一周!

こんな冒険旅行なんて、学生時代に済ませておけよと思うのだけど、
この自転車に乗ると、なんだかそんな少年時代の気持ちが蘇るのです。

というのも、田舎にいる頃、ブリジストンのロードマンという自転車に乗っていて、
夏休みにはちょっとした冒険もしたし、
それはそれは、大切にして、ピカピカにしていました。

ところが、夏休みに帰省したときに、自分の自転車がない事に気づきました。
「あれ?オレの自転車は?」
「ああ、もう乗らないと思って売った」
通学用の自転車だったので、上京したらいらないと思って売ったとの返事。
中古だけど状態がいいって事で、欲しいという人がいたのだそうです。
そりゃそーだろ!どんだけ磨いたと思ってんだよ!

それから、こういう鉄の細いフレームを見ると、トラウマ。
青春時代の宝物を失った喪失感につつまれ、いつもせつない気持ちに。
なので、この自転車を手に入れたときは、
思い出を取り戻したような嬉しさでいっぱいでした。

だからでしょうか?
少年時代の自転車によく似た、この自転車に乗ると、
そういう冒険心が、むくむくと湧いてきてしまうのです。

標識

今回の冒険サイクリングを行おうと思った決め手の一つに、
お正月だからというのがあります。
普段は大型トラックやダンプが猛スピードで走る幹線道路が、
唯一、ガラガラになる時期。

しかも夜中だから、第一京浜でさえご覧のようなガラガラ状態。
寒い代わりに、走り放題!

青春18切符ならぬ、青春18気分サイクリング!
18歳の頃の自分に連れられて、一緒に冒険が始まります。

マクドナルド

お正月だから、旅のオアシスはマクドナルドとか、
24時間営業のチェーン店だけが頼り。
中学生達が集まって、黙々と携帯ゲームをしています。

本来、こういう冒険旅行って、中学生とかだとドラマになるんでしょうね。

「ねえねえ、自転車で東京湾一周出来るって知ってる?」

「え?自転車で東京湾を一周?」
「アクアラインって自転車で通れたっけ?」

「アクアラインは通れないけど、実は他に方法があるんだよ!」

「どうやって?」
「教えろよ」

「それは行ってのお楽しみ!」

そんな一言から少年達は旅に出た!
大好きな自転車に乗って。

レンタルDVDについてる予告編に、なんか、こういうの紛れ込んでそうですもんね。

駅伝

通称、第一京浜こと国道15号は、箱根駅伝のランナー達が駆け抜けた道。
それを1日早く、走り抜けます。
自転車に乗って。

横浜

東神奈川をすぎたあたりで、海側に曲がると、
海の向こうに横浜のみなとみらいが見えて来ました。

ベイブリッジ

ベイブリッジも見えます。

みなとみらい

みなとみらいは、カウントダウンイベントから帰る人達で、
ごった返していました。

観覧車

横浜の通過は、3時11分。
寄り道しなければ、もっと早く来れるのだけど、やっぱ写真撮りたいしね。

赤レンガ

そして、ライトアップされた赤レンガ倉庫。

「自転車でいる=地元の人」だと思われて、
メッチャ道を聞かれるのだけど、すいません、わかりません。
地元の人じゃないもので。

赤レンガ

真っ暗な広場で、寄り添うカップル達にまじって、一人で記念撮影。

ドルフィン

みなとみらいを通過したら、どう進めばいいのか
iphoneの自転車ナビタイムというアプリが示したルートを進むと、
メチャメチャ急坂を上る、ヒルクライムコースに。

なんとか降りずに登り切ると、目の前に現れたのは、ドルフィン!
ユーミンの「海を見ていた午後」という歌で
「ソーダ水の中を貨物船が通る」と歌われたお店です。

リアルな若者にはわからない曲だろうけど、
その昔の若者が憧れた曲と、その世界が広がるお店です。

標識

横浜の根岸や磯子を抜けて走っていくと、
「横須賀まで8㎞」の標識が。

横須賀港

そして横須賀港へ。
暗くてよくわからないのですが、
あれはアメリカ海軍のイージス艦と潜水艦ですよね。
たぶん。

普段はステルスなイージス艦ですが、
この日は、マストがhappy new year的なイルミネーションに彩られていました。

標識

そしてやってきたのは、久里浜。
「ほら!あれに乗って向こうに渡ろう!」
18歳の自分が看板を指さし、今の僕に話しかけます。

フェリー乗り場

という訳で、久里浜の東京湾フェリー乗り場へ。
自転車込みで、料金は1020円。
それで房総半島の金谷まで渡る事が出来るのです。

しかも、本来、始発は6時20分なのですが、
この日は初日の出の時間に合わせて、出航を20分遅らせ6時40分発。
ちょうど対岸に着く頃、房総半島の鋸山の上から、
初日の出が姿を現すという事になっているのです。

横須賀海軍カレーパン

それまで、しばし、横須賀海軍カリーパンと、カフェラテで腹ごしらえ。

東京湾フェリー

さて、新春・東京湾一周サイクリング、前編の三浦半島編はここまで。
続きは、フェリーの乗って向かう、後編の房総半島編をお楽しみに!

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


新春!自転車で東京湾1周サイクリング(前編)” へのコメントが 4 点あります

  1. >都さん
    ありがとうございます。
    最近、ロングライド出来ていませんが、
    新しい自転車が来たら、また冒険の旅にでてみたいと思います。

  2. どうも、初めまして
    すごく面白かったです。
    見ていてワクワクしちゃいました。
    画像も、すごく綺麗で~
    わぁ~って思いました。

    これからの更新も楽しみにしています。

  3. >teslaさん
    150㎞ぐらまではイケると思ったんですが、残り50㎞ぐらいはキツかったですね。
    深夜、早朝の低い気温と寒風がジワジワと来ました。

    ロードマン乗ってましたよ。
    少しずつパーツ変えて、カスタマイズしていたので、愛着がありました。
    なので売られた時は、ショックでした。
    ドナドナですよ。

  4. あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくです。
    元旦から200キロ・・・もう僕には想像できない距離です(笑)

    ganさんもロードマン乗ってたんですね!
    僕もロードマン乗ってたんで、なんか嬉しくなっちゃいました♪
    今でも売ってたらちょっと欲しいぐらい(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*