湯を沸かすほどの熱い愛

泣ける映画という前評判は聞いていましたが、
まさか自分がこんなに泣くとは思いませんでした。
最初はぐっと堪えていたのですが、
会場の至る所から、鼻をすする音が。
つられて、ポロリと涙を流したら、
あとは自然体で、いろんな所で、涙がポロリ。

宮沢りえさん演じる「余命二ヶ月」の幸野双葉。
ああ例のごとく「余命物か」と思う方も多いと思うけれど、
驚くほど、淡々と描かれていき、最初、拍子抜けするほど。

なのに見ているうちに、どんどん体の中に染みこんできて、
涙として、溢れ出します。
死と向き合うんだけど、涙を流すたびに前向きになれる映画です。

「湯を沸かすほどの熱い愛」
このタイトルを頭に入れて、観ましょう。
本当におすすめの映画です。

池袋のシネマサンシャインは、11月25日(金)終了なので、
ぜひ、時間があれば、見て欲しい映画です。

話はかわりますが、父の話をしたいと思います。

80を過ぎてから、自分の終わり方を考えていたようで、
まだ元気なうちに、いろいろと「終活」をしていました。

葬儀場の会員になり、葬儀にかかるお金を積み立てていました。
自分が死んだら、実家には誰も戻らないだろうから、
売りやすいようにと、自分で造った庭を更地にし、
家の補修などもしていました。
家族全員を集めて、死後、揉めないように取り決めを伝えました。

その後、元気に暮らしていたのですが、
おととしの冬に心不全を起こし、入院。
高齢でしたから、回復の見込みはなかったのですが、
延命の為の、入院生活が始まりました。

本人は、「もういいから、家で死にたい」を繰り返しまたが、
家族は「そうだね」と言うことも出来ず、
「誕生日までは、頑張ろうよ」と、言うしかありませんでした。

本人は、死を悟っているので、
見舞いに訪れると、懐かしい話ばかりをしたがりました。
あれが楽しかった、あれが旨かったと。

そして、「もう一度旨い酒が飲みたい」と繰り返しました。
酒が無理なら、コーラが飲みたいとも言いましたが、
糖尿病も併発していたので、病院から堅く禁じられていました。

そんな入院生活を送りながら迎えた桜の季節。
父親の誕生日を迎えました。
午前中に、看護師さんたちに誕生日を祝ってもらっていました。
ところが、午後になって容体が急変し、危篤状態に。
家族全員が駆けつけるのを待って、静かに息を引き取りました。

「約束通り、誕生日まで頑張ったから、もういいだろ」
そんな父の声が聞こえるようでした。

その後、弟と二人で話しました。
「あのとき、先生に叱られても、一口お酒を飲ますべきだったのかなあ」
人生の終わり方について、いろいろと考えさせられました。

映画の中で宮沢りえさんが、
延命の為だけの入院生活はしたくない。自分らしく死にたい。
というような事をいうのですが、
ふと、父の事を思い出しました。

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ミイチ珈琲店(桜台)

ミイチ珈琲店

桜台と練馬から、ほぼ同じ距離の環七沿いに、
新しくコーヒーショップが出来ていました。

カフェマニアからすると、カフェ不毛の地なんですが、
実は、蕎麦通には以前から注目されていたエリアで、
「法師人」や」「ふるまい蕎麦ふる井」が近くにあり、
「明月庵田中屋 ねりま本店」が、かつてこの交差点の反対側にありました。
さらに、信号を練馬方面に向かうと、
「玄蕎麦野中」あるという、蕎麦の名店密集地。
話はそれますが、僕が練馬で一番好きな蕎麦屋は「玄蕎麦野中」です。

だから、珈琲でこの地を訪れた事は無かったのですが、
蕎麦目当てで、この付近に来ることは、たびたびありました。

その、カフェ不毛の地に、「ウチズ・カフェ
そして「ミイチ珈琲店」と、立て続けに2件のお店が出来るなんて!

カプチーノ

「ミイチ珈琲店」は、この地で「ミイチ靴店」を営んでいた方のお孫さん。
自宅を改装して作られたカフェです。

実はこういう家業の業態替えパターンってよくあって、
西武池袋線、椎名町にある「カフェのら」は、
もともと青果店を営んでいた場所を、カフェにし、
フルーツをメインにしたメニューを売り物にしています。

よく、商店街の再生なんて言われますが、
シャッター通りのお店に、なにか店舗を入れるより、
実家の業態替えをして、上手くいったケースの方をよく見ます。

もちろん、お店を作るにはお金がかかるのは一緒ですが、
実家なので、店舗の家賃もいらず、
家族が働く訳ですから、人件費も抑えられます。
渋谷とか、六本木とか、家賃がべらぼうに高い街で、
古くて小さな八百屋さんや、青果店などが成り立っているのは、これと同じ図式です。

なので、ターミナル駅でなどでショッピングされる事の多い靴という商売から
時流と、ニーズにあった珈琲ショップへの転換は、大いにありだと思います。

たぶん、お孫さんがプランを打ち明けたときには、
「この場所でお客が来るのか?」とか
反対意見も出たと思いますが、
3年ぐらい前からブームの続く、小さなコーヒースタンドやショップのブームは、
あえて、立地の悪い場所に出す事が多いです。

それは珈琲というものは、品質が認められれば、
ファンは多少遠くても足を運ぶからです。
自家焙煎ですから、豆の販売もやっていますし、
人気が出れば、通販も出来るでしょう。
ぜひ、頑張って頂きたいですね。

■ミイチ珈琲店
■東京都練馬区豊玉中2-18-16
■営業:10:00~19:30
■定休日:水曜・日曜
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村