桃月園皐月家香麦荘(指扇)

荒川

今年初の荒川サイクリングロードです。
ブログをチェックしたら、去年は2月の終わりに出撃しているんですねえ。
インスタでは女性サイクリストが走り始めているのを見ていたのに、
何でだろう?この時期まで、やる気スイッチが入りませんでした。
重い腰を上げ、今年は、東京の桜の散り始めが早かったので、
ロードバイクで北上して、満開の桜を見に行く事にしました。

秋ヶ瀬公園

いつも休憩を入れる秋ヶ瀬公園、ピクニックの森B駐車場。
こちらの自販機の前にはサイクリストが集まるのですが、
その奥に、今日はバードウォッチの方々がいらっしゃいました。

バードウォッチ

年を取ると、「花鳥風月」の順番で自然を愛でるようになると、
言われていたりしますが、
満開の桜を求めて北上する僕は、第一段階で、
こちらの皆さんはすでに2nd stageに進出されたのかもしれません。

田んぼ区間

米が出来るまでを学べる、田んぼ区間。
今はまだ苗作りの期間でしょうか?
種籾を水に浸して発芽しやすい状態にしている時期だと思います。
まだ家の近くのビニールハウスでの作業の時期ですね。たぶん。
通常だと田植えはゴールデンウイークの時期なので、
この後、田起しが始まり、水を入れて代掻きしていく事になります。

行き止まり

西遊馬公園の縁を走るコースは今も工事のため通行禁止で
公園内を迂回して走る事になります。

通行禁止

本来なら2月で工事が終わっているハズなのに、
未だに通行禁止です。

荒川CR

西遊馬公園から土手に戻り、
川越線の指扇駅を中心としたエリア。
実はこの付近、劇的にサイクリスト向けのお店が増えています。

桃月園

土手の下の森の中には、サイクリストにおなじみのVIAがありますが、
その森のような一角を、桃月園と言います。
入り口の所に掲示されていた歴史を読むと、
戦後の食糧難の時期に、ここで桃を作り始めたそうで、
その後、食糧難が解決すると、盆栽を作り始め、
世界に輸出したのが、この桃月園の始まりのようです。
看板の成勝園は、盆栽屋さんです。

かき氷

入ってすぐ右手のアトリエの2階に、かき氷屋さんが出来ていました。
四谷 荒木町にある季節限定(6月下旬~11月中旬)のかき氷屋さん
Ryanの2号店で、Ryan02(ライアンマルニ)。
四谷のお店は、かき氷マニアの間で有名のようです。
メニューを見たら、かき氷だけじゃなくランチメニューもあるので、
今度はこちも寄ってみましょう。

小麦荘

さて、今回のお目当ては、こちらの桃月園皐月家香麦荘。
まるで漢文のようですが「とうげつえんさつきやこむぎそう」と読みます。
VIAの向かいにサイクルラックのあるカフェが出来たと聞いたのですが、
事前にリサーチしてみると、豊島区の要町にあるベーグルのお店
「香麦荘」のサイトに、こちらへのリンクがあったのです。
香麦荘は家から割と近く、かつて行った事があるお店です。

こちらのオーナーさんが、その香麦荘のベーグルに惚れ込み、
そのベーグルを使ったカフェをやってみたいという事で、
こちらを作ったのだそうです。
2017年の9月30日のオープンです。

キーマカレー

となると、普通はベーグルのプレートを選ぶのですが、
こちらはキーマカレーも人気のようで、
ベーグルは再び要町に行って食べる事にして、
14種類のスパイスを使用したキーマカレーのセットを頂きました。
サラダとドリンクがセットになって、1080円。
パクチーと生玉子を乗せていいか聞かれますので、
苦手な方は、事前に申告するといいでしょう。
僕は、ノープロブレム。

イタリア直輸入のエクストラバージン・オリーブオイル使った、
手作りのドレッシングが小さいポットで出され、
野菜も美味しく食べられるのがいいですね。

コーラ

この向かいには、同じく古民家カフェで、
サイクリストには有名なVIAがあります。
されに入り口付近には、Ryan02。
森の中で3つのカフェがビレッジを形成しています。

高速道路の事を、ハイウエイオアシスと言ったりしますが、
荒川のサイクリングオアシスとして、
注目される場所になりつつありますね。

■桃月園皐月家香麦荘
■埼玉県さいたま市西区西遊馬3131
■営業:
09:00〜18:00(土日祝日)
10:00〜18:00(月火)
■定休日:水木金
場所はこのへん
お店のサイト

カフェ

さて、ここからすぐ。
川越線を越えた所にかつてあった
サイクリスト御用達のピゼリアが、惜しまれつつ閉店しましたが、
その店舗を使って、新しいカフェが出来ていました。
ベニーノ・ヴィッラ。
サイクルラックも設置されていて、
すでに何台ものロードバイクが停められていました。
こちらも早急にチェックしなければですね。

それにしても、最近のサイクリスト向けのカフェの増え方すごいですね。
このブログを始めた頃、2010年って、そんなに無かったんですよ。
サイクリングのグルメ記事といえば、蕎麦ばっかりで。
だからそういう文化を創ろうと「チャリカフェ」を名乗った訳ですが、
あとは、都心のカジュアルなチャリカフェが増えてくれると、
移動手段としての自転車が、もっと見直される気がします。
すでに、おしゃれママたちが、クロスやミニベロで、
カフェめぐりしている様子が、インスタにあがり始めていますし。

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


シェイプ・オブ・ウォーター

この映画を見た後、無性に「ウルトラセブン」が見たくなりました。
円谷プロのウルトラマンシリーズの中で、
怪獣出現が主なテーマで、
災害などを怪獣に置き換えたのがウルトラマンだったのに対し、
宇宙人との対話、異形の物との対話や共生などを描いたのが、
ウルトラセブンでした。

この映画の監督は、
「パシフィック・リム」でおなじみのギレルモ・デル・トロ。
日本の特撮ヲタクでもあり、大の円谷プロ好き。
絶対どこかに、ウルトラセブンの影響を受けてるハズだと思いました。

大人になって観る「シェイプ・オブ・ウォーター」は、
LGBTなど、多様性との共生を描いた、
大人の為のおとぎ話として、描かれているのがわかりますが、
子供の頃の自分は、人間と宇宙人としか見ていなかったウルトラセブンにも
そんな願いが込められていたのでしょうか?
今なら、そいういうような見方が出来るのか、見直してみたいです。

最近のハリウッド映画って、「多様性」を意識しすぎて、
話とあまり関係ないアジア人っぽい人が出てきたりしていて、
出しときゃいいでしょ感が強かったのですが、
それを飛び越えた、異質な存在との共生が丁寧に描かれていて、
アカデミー賞で最多13部門ノミネート
作品賞、監督賞、作曲賞、美術賞も受賞し、今年度最多4冠も納得です。

ちなみに、半魚人の目の部分を担当したのは、
アカデミー賞を受賞した、日本人特殊メイクアーティストの
辻一弘さんが担当しています。
その目の動きにも注目して、ぜひ、ご覧ください。

P.S.
そっか、ウルトラセブンはアマゾンプライムで見られるのか。
さっそく見よーっと。

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ