シャノアール(江古田)

久々に江古田駅前のシャノアールへ。今回は、外で仕事をするという想定の下、実験を行う為なので、ノマドの多いシャノアールにしました。

実験というのは、Bluetoothの外付けキーボードの開封の儀と試し打ちです。

現在仕事は家で13インチのMacBookPro、出先で11インチのMacBookAirを使っているのですが、先日MacBookAirの挙動が少しおかしかったのです。押しても反応しないキーボードがあり、再起動したら直ったのですが、なんせ2011年モデルで8年目。そろそろ不具合が起きてもおかしくはない時期なのです。

そこで、Appleストアに様子見に行ってみました。現在のAirは、13インチが一番小さなモデル。MacBookなら12インチがありましたが、11インチとなるとiPad Proしかありませんでした。しかもiPad ProでOfficeを使うには、毎月900円からのOffice 365 Businessに加入しないといけません。10インチ以下だと無料で使えるそうなのですが…。

そうだ!家に電子ブックを読む用のiPad mini4があるではないですか!これに外部キーボードをつなげて使ってみよう!とビックカメラで色々試し打ちした中で、iPadやiPhoneに一番良さそうなモデルを見つけ、購入してきました。

その昔、下のELECOMの外付けキーボードを使っていた時期もあります。比べてみると今回買ったMOBOmの方が少し大きいのですが、それでも選んだのには理由があります。

遠近法の関係で手前のMOBOキーボードの方がかなり大きく見えますが、手前のMOBOの使用時は 幅291 × 奥行120 × 高さ13 mm 。

それに対しELECOMは、幅285.1×奥行99.3×高さ15.5mm。横幅はほぼ同じなのですが、ELECOMはUSキーボードなので、数字とファンクションキーを切り替えて使うタイプで、奥行きがキーボードのキー1つ分小さいのです。

かつては取材に行ったときなど、iPhoneとつなげて使っていたのですが、キーストロークが若干深いのと、バックスペースキーが無いので、文字を消すときに、下の矢印キーとDeleteを使って消さなければならず、面倒で次第に使わなくなりました。

今回のMOBOは、日本語配列で、エンターキーも大きく、バックスペースもDeleteもあるので、Mac同様の感じで打つ事が出来ます。

iPad mini 4と一緒に使ってみるとこんな感じ。テキストを打つ分には何の問題もありません。欲を言うならAtokを使えるようになって欲しいのですが、外付けキーボードの場合は、iOSの変換しか使う事は出来ません。フリックで入力の時はAtokを使えますが。

無料のwordアプリで番組のを原稿を開いてみました。細かいところの修正ぐらいだったら、この組み合わせでも行けます。ただし、全文となるとAirにはかなわないかな?ipad mini4の処理能力にもよるのだろうけど、全体的に少しヌルっとした動き。テキストだけなら高速で打ち込めるんですが、細かい所も含めると、少々実力不足かな。でも修正用ならありです。

テキストマシンとしてなら非常に使いやすいキーボードなので、iPhoneXと組み合わせてみました。Bluetoothは2つまでつなげるので、キーボード上で切り替えも簡単です。ファンクション+Wのキーで、Bluetooth2へと切り替えが出来ます。

iPhoneのキーボードとしては最高です。外ケースがマグネットでスタンドになるので、立てかけも楽々。取材とかミニベロとかでの都内ポタリングの時は、出先で感想をメモっておくのにいいですね。iPhoneのメモ帳に書いておけば、iCloudで同期して、そのまま家のMacBookProで編集出来ますし。

本当はこういうのをYouTubeでやったりするんでしょうけど、動画は面倒くさいので、オフィシャルの動画を載せておきます。YouTubeに色々iPhoneやiPad用の折りたたみキーボードが載っていますが、USキーボードが多いです。この日本語配列はマジで快適なので気になる方は、ビックカメラなどで試し打ちしてみるのもいいかも。

シャノアールのケーキセットは600円。周りを見回すと結構PC開いている人多いですね。ただ、今回は喫煙席に近い方の禁煙席だったので、煙の匂いがしてきました。試し打ち終わったので、即時、撤退。

■コーヒーハウス・シャノアール 江古田店
■東京都練馬区旭丘1-77-15 江古田中央ビル2F
■営業:7:00~23:00
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のオフィシャルサイト

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


東京カレー屋名店会(有楽町)

人気の番組「チコちゃんに叱られる」風に聞いてみよう「ねえねえ岡村!毎日、インフルエンザの患者さんを沢山見ているお医者さんが、インフルエンザにならないのは何で?」

よく考えてみたら、毎日インフルエンザの患者と対面しているお医者さんが、インフルエンザにかからないのだから、それを実践すればいいのでは?と、ちょっと調べてみました。

まずは、インフルエンザの予防接種だそうです。そりゃそーだという感じなのですが、ワクチン接種から効果が出るでに2週間程度かかるそうですから、毎年12月中旬までにワクチン接種を終えることが望ましいそうです。ところが、前もって行動が出来ないタイプなので、流行ってから行こうとしたのですが、なかなか予約も取る事が出来ずに、結局行けずじまい。今からじゃ遅いそうです。

そしてマスクの着用。対面で診察する訳ですが、くしゃみや咳による飛沫感染は1m〜2mの範囲内。なので、自分もマスクをして直接飛沫を浴びることを防ぎます。一番は菌を持っている方がマスクをして、飛散させないようにする事だそうですが、ポスターでも啓蒙しているのに、電車内を見てもマスクをせずに咳をしている人の、なんと多い事か。ボーっとしてんじゃねーよ!マジでマスクしろよ!と、チコちゃん並にキレそうになる事があります。

そして3つめは手洗い。水流+ハンドソープの手洗い30秒で、ウイルスは1/100になるそうです。さらにアルコール消毒なら1/1000。マスクでは咳などの飛沫感染を防ぎますが、ドアノブやエスカレーターの手すり、電車のつり革などからの感染は、手の消毒が一番。この時期、病院をお見舞いする人に「マスク着用と手のアルコール消毒」が義務づけられているのは、その為です。

さて、こちらはインフルエンザの患者の推移。青が去年で、赤が今年3週目までの数字。現在4週目なので、一つお隣のピークの所に来ていると思われます。という訳で、何とか来週を乗り切れば、インフルエンザの終息に向かって行く事になりますが、まだまだ油断は禁物です。

本当は人の多い所に出歩かない方がいいのですが、番組で使うお菓子を買うために有楽町の交通会館へ。こちらには全国のアンテナショップが入っていて、今回は、大分と佐賀のお菓子を買いに来ました。

そのついでに、昭和な喫茶店ローヤルにでも寄ろうかと思ったのですが、全面喫煙可で、煙がモクモクしているし、プハーっと遠くまで息を吐く人が多いので、リスク多いなあと止めにしました。

かわりにお隣のビル、丸井に。こちらの地下に辛いカレー屋があるのです。

東京カレー屋名店会は、東京の人気カレー店の人気の一品を食べられるお店。お目当ては、上野デリーのカシミールカレーです。

その前に、携帯している手ピカジェルで、手指の消毒です。番組スタッフが食事する時なんかも、これを使うのが必須となっているので、毎日、持ち歩いているのです。電車を降りたり、駅から出た時なんかも、これでサッと除菌します。除菌でウイルス1/1000ですから。

頂いたのは、デリーのカシミールカレー、990円。注文すると「辛いけど大丈夫ですか?」と聞かれますが、江古田プアハウスのカレーと同等か、ちょっとだけ辛いぐらいなので大丈夫。柏のボンベイのカシミールよりは、全然辛くないです。

味は全然違いますが、同じような辛さを体験する事で、プアハウスのカレーを食べて風邪予防していた自分を思い出します。そして油断しないように、さらに気合いを入れます。

皆様も、インフルエンザの患者の推移をグラフでチェックして、今がピークなんだと実感しながら予防に努めてください。

■東京カレー屋名店会
■東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア B1F
■営業:11:00~23:00
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ