ケララバワン(練馬)

ケララバワン

前田敦子さんが結婚というニュースが、
生放送中に飛び込んで来ましたが、
「へー」という感じで誰も浮き足立つ事もなく、
さらっと紹介して終わりになりました。

AKBを卒業したのが、2012年ですから、
もうアイドルという肩書きを降ろして、6年になるんですね。
かつては、AKBのトップに君臨した彼女ですが、
これまでの間に、恋愛の話もいくつか聞こえ、
ファンの間でも耐性がついていたのか、
ショックを受けた人も少なかったようです。

僕の最近のショックだった出来事というと、
前田敦子さんでも、桐谷美玲さんの結婚でもなく、
改装が終わり、営業再開のニュースを聞いて出かけた
としまえんの「食堂八」が、
カレーの仕込みが間に合わなかったと、カレーをお休みにしていた事。

かき氷はやっていたのですが、
カレーが食べたかったので、急遽予定を変更して、
練馬駅南口のケララバワンへ。
練馬界隈も、インドネパールカレーのお店は多いのですが、
スパイス使いが平板で、ちょっと残念なお店が多く、
どこも似たり寄ったりなんですが、このお店は違います。

エッグマサラ

頂いたのは、ケララ エッグ マサラ セット1,480円。
南インドのケララ州の家庭料理をベースにしているので、
北インド系のカレーより、野菜たっぷり。
このエッグマサラも、細切りのタマネギが沢山入っていて、
水分少なめで、ねっとりとしたカレー。
途中で中に隠れているゆで卵を崩しながら、
玉ねぎに絡めて、ナンで頂いていきます。

南インド風にナンじゃなく、パロタにすれば良かったかな。
ちょっと後で後悔。
ナンの他に、南インドの渦巻きパンのパロタも選べます。

まあ、何はともあれ、練馬にありがちな、
ネパール人の北インド風カレーとは全く違うので、
ちょっと足を伸ばして、チャレンジしてみると、
新鮮な驚きがあるかもしれません。

■ケララバワン
■東京都練馬区豊玉北5-31-4 松村ビル 1F
■営業
11:00~15:00(月〜金)
17:00~23:00(月〜金)
11:00~23:00(土日)
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


甘味処 華樓(大泉学園)

タワマン

大泉学園って大学もないのに、なんで大泉学園なんだっけ?
…と頭の中に浮かんでから、面倒くさいモードに入りました。
確か、1回調べたハズなのに忘れているという事は、
あまり必要の無い情報のハズなんですが、
気になり出すと調べたくなる性格なので、仕方ありません。
きっと放送作家の職業病ですね。

東横線の都立大学駅や、学芸大学駅は、
かつて大学があったものの、郊外に移転して駅名だけが残ったタイプ。
西武新宿線の都立家政は、
「東京都立中野高等家政女学校」が駅名の由来なのですが、
のちに学校が「東京都立鷺宮高等学校」に名称変更したタイプ。

大泉学園の場合は、西武の親会社のコクドが、
学芸大か筑波大を誘致しようとして学園都市を作りはじめ、
誘致に失敗し、学園だけが残ったというパターン。
学芸大は、結局、小金井に移転しましたが、
もしかしたら大泉学園に来ていたかもしれないのですね。

商店街

かき氷の名店を探しに、商店街の奥へ。
駅前のタワーマンションとは異世界の、寂しい商店街です。

エレベーター

とは言いつつ、ここも憧れの地だった頃もあるようで、
2階建ての古いビルには、個人用のエレベーターがついています。
かなり古いタイプなので、建てられた当時は最先端だったの思われます。
ビルマニアとか誰かチェックしてないかなあと、検索してみましたが、
ここに目が行ったのは僕だけらしく、ネット情報はありませんでした。

甘味処 華樓

さて、今回の目的地はこちら!甘味処 華樓(がろ)。
この日は、おじいちゃんとお孫さんらしき女の子の二人で営業していた
アットホームなお店なのですが、実は、甘味処の名店として名高いのです。
インスタをチェックすると、綺麗に焼かれたホットケーキも人気なのですが、
実は、おじいちゃんは、ホテルオークラでケーキ職人をしていた人。
江古田のビストロサンジャックが、天皇の料理番だったのもビックリですが、
今度は、ホテルオークラですか。
華樓は、ホットケーキの他、かき氷マニアにも人気のお店です。

宇治金時

宇治金時白玉ミルク、800円を注文したのですが、
この上にソフトクリームを載せる事も出来るそうです。

ところで、見ておわかりの通り、金時の豆がデカイですよね。
「金時=小豆」と思い込んでいたので、
え?なんで?と、頭の中がハテナマーク。
食べながら、気になってスマホで調べ始めてしまいました。

●auのCMで濱田岳さんが演じている金太郎が、後に坂田金時になった。
●金太郎=金時は、赤ら顔だったので、赤い物を金時と呼ぶように。
●サツマイモを、○○金時と呼んだりするのは、ここから。
●赤いいんげんで、餡子を作っていたので、いんげんを金時豆と呼ぶように。
(ちなみに、白あんは白いんげんから作られている)
●小豆で作った餡子も、金時と呼ぶように。

そして、宇治金時といえば小豆が主流になりましたが、
今も正真正銘の金時豆を使った数少ない、宇治金時も!と、
こちらのかき氷の写真が出てきました。

金時豆は粒が大きい分、小豆より仕込みに時間がかかるのだそうですが、
職人気質のおじいちゃんは、本当の金時豆を使う事に
こだわっているのだそうです。
金時豆はふっくら柔らかく炊かれて、甘すぎない絶妙な味付け。
小豆の場合は、砂糖の甘さが強い場合が多いですが、
こちらは、豆本来の持つ甘さが引き出されています。

注文した時は、インスタ映え的に
ソフトクリームをトッピングした方が良かったかなあと思ったのですが、
食べ始めたら豆の絶妙な甘さで、無しで正解だったと思いました。

■甘味処 華樓
■東京都練馬区東大泉5-41-6
■営業:11:00~20:00 (L.O.19:30)
■定休日:水曜日
場所はこのへん

石神井公園

ところで、宇治金時は、金太郎=坂田金時が由来ですが、
きんぴらゴボウは、金時の息子、
坂田金平(さかたのきんぴら)が由来だそうです。
息子も、お父さん同様、強い伝説が数々あり、
強い物を、金平と例えるようになりました。
歯ごたえが強く、精力もつき、唐辛子が強くきいているメニューを
キンピラゴボウと呼ぶようになった…という説が有力だそうです。

話は飛びますが…
十年ぐらい前、中間管理職的存在になった時に、
上からパワハラのように怒鳴られ、
下からは、ゆとり世代のように、言うことを聞いてもらえず、
板挟みになって、パニック障害の一歩手前みたいになった事がありました。

オーバーヒートするぐらい考えすぎて、勝手に息苦しくなり、
閉所恐怖症のように、部屋の中にいると、
圧迫感を感じて、苦しくなってしまうのです。
大きな円形脱毛症も出来たなあ。
家にいると苦しくなるので、近所の公園に行ったり、
開けている場所とか自然を感じたくて、
ママチャリで、石神井公園まで来ていました。
まだスポーツバイクに乗る前の時代。
荒川サイクリングロードって発想なかったなあ。

あの時は、人間関係の考えすぎだったので、具合悪くなりましたが、
今は、探究心の考えすぎなので、健全ですね。
この風景を見て、ちょっと当時の事を思い出してしまいました。

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ