トレボン(江古田)

トレボン

最近、江古田で何を食べようかと思った時、すぐに「あの店のアレ」というのが浮かばなくなってしまいました。1つは老舗が消えてチェーン店が多くなってしまった事。そして閉店したお店は接骨院かホルモン焼き屋に業態展開している事で、ランチの選択肢が減っているのです。

喫茶も、トキ、プアハウスと江古田を代表するお店が消えてしまった中で、ふんばり続けてくれているのがトレボンです。困ったらもう、ここしかないでしょう。

先日、新江古田のピンクのインスタ映え店に行ったので、真逆の少しアンティークな雰囲気のお店へ。お一人様のお客さんが多く、静かな時間が流れています。僕はこのお店の空気にひたりながら、外はもう、俺の知ってる江古田じゃないなあ。行く店がない…と思ったら切なくなってきました。

そういえば、昨日の放送で、リスナーから急に切なくなる時がありませんか?というメールがあり、それを読んだら、反響があり、それぞれの切なくなる瞬間が送られてきました。

息子が大学入学と同時に、一人暮らしを始めたのだけど、息子の面倒を見るのが全てだったので、家に残されて一人の時に何をしていいかわからないという主婦。夜勤なので昼間に家にいるのは普通なのに、家から出た時に近所の人の視線が痛いという人。休みの日、実際に会話したのがコンビニで「お弁当暖めますか?」「お願いします」だけだった。…など、いろんな切ない瞬間が送られてきて、ほろ苦いなんだけど、みんなが「わかるー」と共感し、盛り上がりました。

ラジオでの僕のネタのチョイスなんですけど、普段思っているのだけど、口にはしていない事。他の人には言っていないこと。そういうのを一つ、ポーンと投げると、細かいところは違っても、共感のメールが殺到します。だから、自分のこういう感情を再確認するのも大切なんだなあと思います。そして、忘れないように、気づきのメモをしておきます。

さて、頂いたのは、クロックムッシュと、キリマンジャロ。もう多くが変わってしまった江古田の中で、変わらない味。この写真をインスタに載せたら、日芸OBの業界関係者達から、トレボンのクロックムッシュ懐かしい!と、反響がありました。昔の学生達はトレボンに入り浸っていたんですね。

こっちも別の角度でネタになるなあ「青春の味って何?」。学校の近くの懐かしのお店。部活の帰りによく食べていたもの。貧乏で空腹を満たしていたメニュー。学食メニュー、一人暮らしの自炊。彼女の手料理。

あ、これ行けるな。

■カフェ・ド・トレボン
■練馬区小竹町1-56-3(小林ビル2F)
■営業:10:00~22:30
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


VIA(指扇)

土手

榎本牧場からの帰り道、川越線の踏切を越えると土手の上のサイクリングロードは閉鎖されていました。工事案内図には「天端サイクリングロードは利用出来ないので迂回してください」との表記が。荒川サイクリングロードじゃなく、この区間「天端サイクリングロード」って言うの?って思ったのですが、調べてみると「天端」とは土手の一番高い部分の名称だそうです。ちなみに「天端」と書いて「てんば」と読みます。

さあ、あなたも使ってみましょう。友人に「この前、土手の上を散歩してたんだけど」言われたら「ああ!てんばね」

迂回路

「天端」から右側の西遊馬公園の方に降りていって、突き当たりの所から、土手下の迂回路を進みます。

桃月園

ちょうど、桃月園があるあたりです。いまやサイクルオアシスとなった桃月園、この迂回路でより近くなった為か、この日はものすごい多くのサイクリストが訪れていました。

メニュー

かき氷の「ライアンマルニ」の1階には、「桃月明水堂」があり、釜茶の他、朝がゆとかフォーとかも出しているみたいです。そういえば、こちらの2店は未訪問だなあ。

VIA

さて、VIAのサイクルラックがものすごい事になっています。僕が最初にここを訪れたのは、2015年の5月だったのですが、その時、ここはまだ知る人ぞ知るお店で、行ってもサイクリストは、2〜3人というような感じでした。それが今や、ロードバイクが5台止められるサイクルラックが、5セットあるのに満車。25台以上のロードバイクが一堂に会しています。

ブロンプトン

さらにテラスの上には、折りたたみのブロンプトン置き場も。

このブログを始めた2010年、8年前って、女性サイクリストがほとんどいなくて、オジサンサイクリストばかり。だからどのサイクリストのブログ見ても、ライドの途中で、蕎麦がうどんという時代。違うのは牧場ジェラートと、越生のシロクマパンぐらいでした。これじゃ女性ウケしないい!…と自転車でカフェめぐりを提唱して「チャリカフェ」という言葉も作り、ブログで紹介して行った訳です。

ヒントになったのは、ラジオで新城幸也さんをゲストに迎えた時に、「オフシーズンのトレーニングは、タイとかインドネシアでやるんだけど、美味しいコーヒーとか探して、ロングライドしますね。コピ・ルアクというコーヒーは、ジャコウネコがコーヒーの果実を餌として食べ、体内で果肉部分は消化されるんですけど、種の部分が消化されず糞として排泄されるんです。それを糞の中から取り出して集めて洗ったのがコピ・ルアク。これが糞の中から取りだしたのに、世界一高い値段がつけられているんですよ。これが美味しいんです」という話をしてくれました。

そのときに「これだ!」って思ったんですよ。自転車でコーヒーを飲みに行くをコンセプトに「チャリカフェ」というブログを始めました。当時はまだクロスもロードもミニベロも持っていなくて、ママチャリだけだったので、ご近所めぐりから始め、すぐにGIOSのクロスを買って、まずは23区喫茶店めぐり。そして奥多摩、檜原村まで制覇して、次は埼玉へと距離を伸ばして行ったんですね。

自画自賛すると、今のチャリカフェ文化に、かなり貢献してると思うんだけどなあ。

ケーキ

この日は、店内もテラスもサイクリストでいっぱい!注文をすると名前を聞かれ、出来ると名前で呼んでくれるシステムでした。

カフェオレ

頂いたのは富有柿とゆずのケーキとカフェオレ。この日、約半年ぶりぐらいのロードバイクでのサイクリングでしたが、ベニーノ ヴィッラでピザ、榎本牧場でジェラートとココア、VIAでケーキとカフェオレ飲んで食べ過ぎかなと思ったのですが、翌日、1㎏痩せていました。ジムでランニングしても500gぐらいしか痩せないのに、やはりロングライドは、長時間のエアロビクスで、脂肪燃焼にいいんですね。

今年は、珍しく冬も走ろうかな。

■VIA(ヴァイア)
■さいたま市西区西遊馬3131
■営業:10:00〜17:30(土日)
冬季は15:30閉店?
■定休日:月〜金
場所はこのへん
お店のfacebookページ

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ