CHATTY CHATTY(新宿御苑)

新宿三丁目のワイズロードで冬用ウエアのセールをしていたので、覗きに行ってみました。1つ試着してみたい物があったのです。

パールイズミの新製品「ウィンドブレーク クイック ビブ サーモ タイツ」。肩まで繋がっているタイプは、走っていてもズレ等が無くて良いのですが、トイレに行く場合、上の肩の部分を外す必要があり、そのためにはその上に着ているジャージを脱ぐ必要があります。真冬にトイレで半身裸にならなければならないのです。

それを解消する為に、この新たな新製品には、お腹を一周するファスナーをつけ、上下がセパレートになるようにしました。ファスナーを開けて、手前のフックを外すと完全に上下が分かれます。

さっそく試着してみました。上の部分がベストのような形で、これをベースレイヤーの上に着るので、防寒効果もあります。ファスナーを外してみましたが、スムーズにセパレート。お!これはいいぞ!

ただ、気温0℃用なので、生地が厚く、これ大丈夫かな?と店員さんに質問してみました。すると、これで都内、埼玉付近をサイクリングすると暑すぎるとの事。寒冷地とか、高度ヒルクライムからのダウンヒルの時に有効で、関東だったら5℃基準の冬ジャージが一番という事でした。店員さんもメーカーに、この5℃仕様を出して欲しいと注文したそうですが、脱着のシステムを成立させるには、ある程度の生地の強度が必要で、今のところは0℃仕様しかないのだそうです。

という事で、今回はペンディング。

グライペル

その後、向かいのロードバイクコーナーを見てみたら、リドレーのコーナーの所に僕が乗っているFENIXの最新モデルが。僕の大好きなスプリンター、アンドレ・グライペルの愛車と同様のペイントがされたモデルです。グライペル自体は、今年でチームを去ったのですが、見たら欲しくなるなコレ。

2丁目

さて、新宿三丁目から一丁目に向かう途中で、あのオネエの町で有名な二丁目にさしかかりました。その昔、オネエタレントさんの番組を担当していた頃、放送が終わると打ち上げと称して、よく連れてきてもらった街です。そこから繋がって、二丁目の大御所の方を紹介して頂いて、この界隈での遊び方、ルールなどを教わりました。「あんた!作家なら色んな所を見ておかなくちゃダメ」と、自分の力では行けないようなアンダーグラウンドな世界へも所に連れて行って頂いたり。

その頃の経験から、実際に自分の目で見るという今のスタイルが生まれたんでしょうね。感謝です!新宿2丁目!

CHATTY CHATTY

二丁目を抜けて、♪一丁目!一丁目!ワーオ!と東村山音頭のようになってしまいましたが、駅でいうと新宿御苑付近。この辺って外国人率が高く、しかもイスラムの方々が多いのです。何か施設でもあるのでしょうか?

こちらはハンバーガーショップのCHATTY CHATTYですが、イスラムの方々向けにチキンやフィッシュのメニューもあります。自転車の方は、イスラムの方にハラル料理のショップのマップを配っていました。この近くの「らーめん桜花」もハラルのお店でした。

CHATTY CHATTYは、人気のハンバーガー屋さんで、行列も出来ています。窓の下に順番待ちの名前を記入するボードがありますので、そちらに記入しましょう。並び順は関係無いようです。この日は、半分以上が外国人のお客さんでした。

頂いたのは、ベーコンチーズバーガー1450円と、コーラ300円。

分厚いバンズは甘くてもっちり、白いのが特徴。都内のパン屋さんに特注で作って貰っているそうですが、ケースを見たら「鈴木ベーカリー」とありました。東武練馬にあるパン屋さんです。今度、そっちも行ってみよう。

パティは粗切りのオージービーフを100%使用し、つなぎなしで形成。豚の網脂で包むことにより甘みが加わっています。豚の網脂を使っているから、イスラムの方々は食べられませんが、これが旨いので、みなさんはぜひ食べてみてください。

■CHATTY CHATTY (チャッティ チャッティ)
■東京都新宿区新宿1-12-1 サンサーラ第三御苑 1F
■営業:11:00~ 23:00
■定休日:月曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


さとう(江古田)

さとう

明日、11月30日からサブウェイで、期間限定の「金格バーグ」が復活します!熟成肉の格之進とコラボしたメニューで890円と少々お高く、ガイアの夜明けで取り上げられた時「コスパが」「サブウェイに求めてるのはそっちじゃない」と、散々の前評判でした。でも、蓋を開けてみたら1週間限定の予定が、開始1〜3日でどの店舗も予定数に達し、販売終了。出遅れた人達から「食べて見たかった」「食べれば良かった」と後悔のツイートが乱れ飛びました。

僕は2店舗売り切れで振られた後、3店舗目で滑り込みセーフで、実食。ファストフードの薄っぺらなハンバーガーのパテに慣らされているので、手ごねハンバーグのような肉の柔らかさにビックリしました。

さて、その格之進とコラボしたメニューが再開するニュースで思い出したのが、江古田の「さとう」。格之進の経営者のお兄さんが運営する牧場「いわて門崎丑牧場」の門崎牛を使ったハンバーガーが食べられるお店です。

半生バーガー

半生バーガーセットは、900円でランチコーラ250円。ハンバーガーは、門崎丑牧場の牛肉のミンチを炭火焼きしたもので、ミディアムレア。バンズにはそのハンバーグだけが挟まっているので、肉の味そのものが味わえます。そうか!これが噂の門崎牛か!

その代わり、プレートにはたっぷりの野菜が!話題になっているのがキャベツの芯。普段なら切り落としてしまうこのキャベツの芯が、めっちゃ柔らかで甘い!キャベツの芯だけをメニューにしてもいいぐらい旨いのです。

一つ前のブログで、江古田ランチに「あの店のアレが食べたい」が無くなって来たと書きましたが、あったわ!これだ!さとうの半生バーガーとプレート野菜のキャベツの芯だ!

■肉と野菜とナチュラルワイン さとう
■東京都練馬区栄町40-12
■営業:
11:30~16:00 
18:00~22:00
■定休日:不定休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ