天空のアジト,マルシンスパ(笹塚)

空前のサウナブームですが、サウナを知らない、またはハマっていない人からは、何がいいのか一つもわからないという声も聞きます。

では、逆に聞きます。サウナに何目的で行っていると思いますか?

汗をかくとか、風呂上がりのビールというのが一般的イメージだと思うのですが、本来の目的は「快感」を得るためなのです。

マラソンをした人がよく「ランナーズハイ」になると言いますが、それと同じ状態を味わう為に行っているのです。

最近ではサウナで「整う」という言葉を使いますが、その前は「サウナトランス」とか「キマる」という言葉でした。

ランナーズハイの時に出る脳内の快感ホルモン「β-エンドルフィン」は、苦しい状態が一定時間以上続くと、そのストレスを軽減するために分泌されます。モルヒネと同じような作用があり、それで恍惚状態になるので脳内麻薬とも呼ばれています。これは厚生労働省のホームページにも掲載されています

つまり、あえてわかりやすくする為に、危ない言い方をすると、合法的なトリップを楽しむ為に、みんなサウナに通っているのです。そして、麻薬的快感を脳が覚えるので、サウナがやめられなくなるのです。

サウナでの行動を4つに分解すると、
①100度近いサウナで汗をかく
②水風呂につかる
③露天のベンチで外気浴をしながら休憩
④風呂上がりのビール
に分けられます。

サウナで整う「サウナトランス」は、③の「露天のベンチで外気浴をしながら休憩」この状態の時に起きるので、③がメイン。曲に例えると、サウナがイントロで、水風呂がAメロ、外気浴をしながらの休憩がサビで、風呂上がりのビールがアウトロ。

サウナに行かない皆さん、何が目的なのか、ご理解頂けましたでしょうか?

サウナで整う為には、その準備段階として、体温を上げる事が必要です。体温が上がると自律神経の中の交感神経の働きが強まり、その結果、全身の血管が広がって血液の流れが非常に良くなります。

その体温を上げるためのイベントとして、サウナでは、ロウリュとか、アウフグースというのが行われます。ロウリュとはアロマの入った水をサウナストーンにかけて熱い蒸気を立ち上らせる事。アウフグースとうのは、熱波師という人がタオルを回して蒸気をサウナの中に行き渡らせ、お客に向かってタオルで扇いで蒸気の熱波を送るというもの。これをやられると、滝のような汗をかきます。

その後、水風呂に入ると、皮膚の血管は急激な収縮をします。すると膨張していた血管が収縮するので、ポンプ効果で血流がさらに早まり、脳に大量の酸素が送られる事になるのです。

こうして「整う」「サウナトランス」の状態が起きやすくなるのです。

この日の熱波師によるロウュ&アウフグースは、初回15時だったので、これに合わせて14時過ぎにINした訳です。

整う状態は、「サウナ+水風呂+外気浴」を3セットした後に起きやすいと言われているので、3セット目にこれが来るように計算して来ました。

このマルシンスパは、最近、サ道というサウナのドラマの、荒川良々さんの回で、辛いことを忘れる為に泣きながらサウナに入るという神回の舞台となった所で、大混雑。この日は、平日木曜日の2時過ぎにもかかわらず、8人入るサウナは満席で、残りの二人は立ちで、アウフグースを受けていました。

このマルシンスパの特徴の一つに、天空の外気浴スポットがあります。ビルの10階の非常階段に続くベランダに椅子が並べられ、ビルの屋上のような場所で外気浴が出来るのです。本来は夜に夜景を見ながらが最高らしいのですが、夜はドラマの影響で激混みとの事です。

外気浴で整った後は、レモンサワーではなく、オロボ。オロナミンCをポカリスエットで割ったもの。サウナ愛好家には知られた飲み物ですが、ノンアルコールです。だから自転車でも大丈夫。

これをゴクゴク飲むと、カラダに染みるように入っていきます。

さあ、17時から仕事、サウナでスッキリしたので、頭もクリーンで原稿もはかどりました。

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


ディアオール(笹塚)

平日の木曜日に笹塚の茶豆でカレーを食べて、さあ!いよいよ天空のアジト、マルシンスパへ!と思ったのですが、まだ2時前。サウナでは3時からがロウュがあるので、2時過ぎに入って、ロウュの時間にぶつけたい!という訳で、近所を散策。

そういえば、自転車系のTシャツ、新作でも入ったかな?と甲州街道と中野通りがぶつかったあたりの、ブルーラグへ。

今回は、コレ買いました。顔を隠しているからギリギリセーフの、なんちゃってスヌーピー。

今持っているTシャツのほとんどが、自転車系か、銭湯サウナ系。

笹塚方面に戻るところにあるのが、笹塚跡。地名の由来ともなったもので、甲州街道の一里塚の所に笹が生えていたというものです。ただ現在は石碑も無ければ、笹も無し。なので、笹塚跡という事になっています。

あと、15分ぐらいで2時オーバーするんだけどなあ…という時に見つけたのが、コーヒースタンドのディアオール。

甲州街道沿いは泥臭いお店が多いのですが、珍しくオシャレなお店で、最初美容室かな?と思い通り過ぎようとしたら、コーヒーショップだと分かったので戻ってイン!

自転車が置かれていたのですが、チャリカフェ系ではなく、単純に店員さんたちが乗ってきた自転車との事。そこに便乗させて置かせてもらいました。

頂いたのはカプチーノ、550円。オシャレな湯飲みような容器に入れて提供されました。ミルク成分強めの味かな。エスプレッソはほのかに感じるぐらい。

ふんだんに木が使われた店内は、これからいくサウナを思い起こさせる感じです。

ボーっとしていたら、2時すぎました!よし!サウナに行こう!

■ディアオール (Dear All)
■東京都渋谷区笹塚1-59-5
■営業
8:00~20:00(火〜金)
9:00~20:00(土)
9:00~19:00(日)
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ