山下達郎 シアター・ライヴ PERFORMANCE 1984-2012

オッサンばっかりで飲み会を開いた時、そろそろやりたい事をやれる時にやっておくべき年代なんじゃないの?という話になりました。芸能人の癌のカミングアウトなども続いていますが、早ければ死を迎えるという人もチラホラ。

そんな中で、これは死ぬまでにやっておいた方がいいというものを、それぞれの人生の中から出し合いました。

富士登山とかフルマラソンとかも出たのですが、僕はそれはクリアしています。

色々出た中で、気になったのが日本のエンターテイメント「山下達郎のコンサートは観ておいた方がいい」という物。実は、そのほかでも音楽業界の人達何人かにも言われていました。

そこで、6月から始まる山下達郎のコンサートツアーに申し込んだですが、抽選で2連敗した後、NHKホールのコンサートが当選しました!ラッキー!

その話をしたら、今、2週間限定で7年ぶりに上映している「山下達郎 シアター・ライヴ」も観ておいた方がいいと言われて、日比谷のTOHOシネマズ日比谷へ。

ライブ映像が出回らない山下達郎。音楽は誰もが知っていますが、ライブを知らないという人も多いのではないでしょうか?

山下達郎といえば、あの歌声なんですが、ライブ映像を見るとギターのカッティングが凄いのですよ!Guitarマガジンでも、達郎を含めたシティーポップのカッティング特集を組んでいたぐらい。ほぼ、ステージセンターから動かないのでステージングとしては地味なんですが、このカッティングの迫力が凄くて、地味なんて思えないのですよ。

こんな精密機械のようなライブって、イーグルス以来かな。

前から抵抗があるのですが、ダンスが凄いから口パクはやむなしと、パフォーマンスを評価されている人っているのですが、達郎を観ると歌も演奏も全部本物。歌でこんなに人を感動させるのって凄いんだなと思わされました。

TOHOシネマズ日比谷も音がいいんだけど、やはり映画館だから、たぶんライブの音とは違うんだろうなあ。ますますコンサートが楽しみになってきました。

予習している間に楽しくなって来ました。これ、山下達郎ヲタクの道もアリだなあ。

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


31日間無料のディズニーデラックス

ここの所、ほとんど地上派のTVを観ていなかったのですが、それはネット配信のディズニーデラックスを使って、アベンジャーズシリーズの制覇を行っていたからです。

今、劇場で公開されている「アベンジャーズ/エンドゲーム」は全ての作品の伏線回収と言われており、観なくても楽しめるけど、観ていた方がより楽しめます。

例えば、最低限これは観てからいけと言われる「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」は、「マイティ・ソー/バトルロイヤル」からの続きの世界。マイティー・ソーのエンディングから、インフィニティ・ウォーの頭にストーリーが繋がっています。

もちろん知らなくても楽しめますが、知っていた方が「あれが、こうなったのか…」と、より楽しめる訳です。

マスコミという仕事上、これから映画の専門家にはなれないですが、マーベルだけは全制覇していると、この件については人より語れる事になります。まわりの制作者でもマーベル全制覇は、そんなにいないので。

今の時代、広く浅くでは通用せず、専門的に語れる分野をいくつ持っているかが勝負の時代。小さな陣取り合戦のようなものですが、ディズニーデラックスの31日間無料を利用して、アベンジャーズシリーズを制覇しようとしたのです。

アベンジャーズシリーズは、全部で22作品。
ディズニーデラックスは全作品配信と思われがちですが、契約の関係か「インクレディブル・ハルク」と「スパイダーマン:ホームカミング」はNetflixでの配信。

「アントマン&ワスプ」は、Amazonでの単品ネットレンタルとなっています。

第一段階、「アベンジャーズ」メンバーの誕生を描く作品
1. アイアンマン【2008年】
2. インクレディブル・ハルク【2008年】→Netflix
3. アイアンマン2【2010年】
4. マイティ・ソー【2011年】
5. キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー【2011年】
6. アベンジャーズ【2012年】

第二段階、新たなヒーローの誕生と、他の作品との交流
7. アイアンマン3【2013年】
8. マイティ・ソー/ダーク・ワールド【2013年】
9. キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー【2014年】
10. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー【2014年】
11. アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン【2015年】
12. アントマン【2015年】

第三段階、アベンジャーズ・インフィニティーウォー&エンドゲームへの伏線
13. シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ【2016年】
14. ドクター・ストレンジ【2016年】
15. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス【2017年】
16. スパイダーマン:ホームカミング【2017年】→Netflix
17. マイティ・ソー/バトルロイヤル【2017年】
18. ブラックパンサー【2018年】
19. アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー【2018年】
20. アントマン&ワスプ【2018年】→Amazon ネットレンタル
21. キャプテン・マーベル【2019年3月15日公開】→先行デジタル配信6/5
22. アベンジャーズ/エンドゲーム【2019年4月26日公開】

残念ながら21作目のキャプテン・マーベルは、ネット配信が6/5日なので、まだ観られてはいないのですが、それ以外は制覇しました。

なるほど、あれはこれと繋がっているかという事だらけ。

例えば、5作目の「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」で、キャプテンアメリカのトレードマークとなっている星条旗の盾。これはアイアンマンのトニー・スタークの父、ハワード・スタークが作っていた事がわかります。そして盾の素材の金属「ヴィブラ二ウム」は、18作目の「ブラックパンサー」の世界と繋がっています。

また、要所要所でキーとなるのが暴走すると止まらない「ハルク」なんですが、なぜそうなったのかは、第2作目の「インクレディブル・ハルク」を観ておいた方が、より楽しめます。

もうすぐ、アバターを抜いて世界暦代行業収入成績で、1位になろうとしている「アベンジャーズ/エンドゲーム」。6/5日の「キャプテン・マーベル」先行デジタル配信で全作品制覇をしてから、もう一度観に行こうと思っています。

ディズニーデラックス、31日間無料なので、登録だけして、気になる作品だけみて解約しても無料。オススメです。

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ