GARMIN ForeAthlete 35J

GARMIN ForeAthlete 35J

富里スイカロードレースに向けて買ったのが、
ランニングウォッチのGARMIN ForeAthlete 35J。

●光学式心拍計により、場所を問わず手首で簡単に心拍数をモニタリング
●内蔵GPSでランニングの距離、速度、場所を追跡
●Garmin Connectへの自動アップロード、ミュージックコントロール
●ステップ数、消費カロリーなどのライフログ機能を搭載

サイクルコンピューターのGARMIN 520Jとリンクさせて
ハートレートとしても使える点も購入のポイント。
ブラジャーのような胸センサーをつけなくてもいいのは利点。
これ単体で、サイクルGPSの軌跡も出せるのですが、
それは520Jにませて、こちらはランニングメインで。

ジムでのトレッドミルも計測出来るというのがウリなんですが、
こちらの精度は、今ひとつ。
GPSではなく、加速度センサーで計測。
徐々に精度が上がるとの事なんですが、
今のところ、900mぐらいで、1㎞のペースを刻んでしまうので、
走っている間に、どんどんズレが出てきてしまいます。

という、おおざっぱな所をおいておけば、非常に重宝しています。

メイン使いなのは、ランニング中のオートラップ。

1㎞走るごとにバイブレーションで知らせてくれて、
距離、ペース、タイムの3つを動じに表示。
このペースが大事で、
富里スイカロードレースで、10㎞1時間を切る目標だと、
1㎞6分を切るペースで走らなければならないからです。

富里スイカロードレースは、残り1㎞の所に
急な上り坂があって、タイムが落ちるので、
前半戦に、余裕を作っておきたいのです。

iPhoneにガーミンコネクトのアプリを入れておくと、
ランニング後は、ブルートゥースを使って自動でアップロード。
ペース配分などをチェックして、反省に生かせます。

もちろん、ライフログも取れるし、
スマホのメールなどの着信もバイブで教えてくれます。

ランニングビギナーであれば、これで十分。
値段などからみても、コストパフォーマンスは抜群です。

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


江古田・ふくふく食堂で低糖質ダイエット

ふくふく食堂

江古田の外食で低糖質ダイエットの強い味方なのが、
ふくふく食堂です。
お肉屋さんがやっている食堂で、
牛、豚、鶏肉という、肉メニューが豊富なお店。
ダイエットを始めてから、ここで食べている回数が高いです。

フィットネス

ここの向かいには、エニタイムフィットネスがあるのですが、
こちらの利用者が、ふくふく食堂を訪れて、
「ご飯抜きで!」と、注文していた光景を覚えていたので、
まねしてみました。

定食

ご飯をパスしても、値段は変わりませんが、サラダが2つになります。
そこで、肉が焼けるまで、サラダを先にお腹に入れて、
そこからゆっくり食事すると、ご飯抜きでも食べた満足感があるのです。
しかも、ここは17時までランチタイムで、
日替わり3種のランチは、650円。
牛丼チェーンの定食並みの料金で、ガッツリいただけます。

定食

こちらは、鶏塩蒸し野菜。
野菜もたっぷり食べられるし、
しかも糖質が抑えられて、万々歳!

チキン

鶏肉をガッツリ食べられる、チキンビッグバーンも、
体を鍛えている人には人気のようです。
低糖質ダイエットは、このボリュームを食べてもいいのが助かります。
ジャガイモは、糖質が多いので、残した方がいいでしょう。
まあ、一切れ、二切れぐらいはいいかな。

体脂肪

こうして、一ヶ月とちょっとが過ぎた、低糖質ダイエット。
体脂肪の方は、計り方によって上下ばらつきが出るので、
なんとも言えないのですが…。
お腹周りは確実に減ってきています。

体重

体重もやっと75㎏を切りました。
今月末までにあと5㎏か…。
ちょっと体重の方は厳しくなってきましたね。
途中、長い停滞期があったから、
それを抜けたと思いたいですが。

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ