DEPOT(東京駅)

東京駅に8月にオープンしたグランスタ東京は、改札内の駅ナカがメイン。その駅ナカへむかう東京駅地下一階、丸の内・八重洲連絡通路 新改札横に出来たのが、ノスタルジックバー&カフェの「Depot」。

ビアバーをベースとしつつも、レコードでかけるBGM。フードメニューにはナポリタンなど、懐かしの喫茶店要素も入れたお店です。

まわりのお客さんをチェックしてみると、スタバのビール版という感じで、ビジネスマンやOLさんが、スマホやタブレットをチェックしながら、ビールを飲んでるという感じ。

テレワークやノマドが進んだ今では、メールチェックの為だけに会社に残る必要はなく、サウナでも休憩室でタブレット片手に、メールチェックと返信だけしているというビジネスマンも多く見かけるようになりました。

僕もカフェで原稿を書くことはありますが、今回はノマドではなく、お目当てはプリンです。

「懐かしほろ苦プリン」は500円。アイスラテ450円。

プリンはスクエア型で大きめ。固めで玉子の味がしっかりと。カラメルは濃厚だけどビターで大人な感じ。ほろ苦さの秘密はカラメルを作る途中で加えるエスプレッソだそうです。

プリンと言ったらスイーツですが、このほろ苦さ、黒ビールのギネスあたりと合わせても面白いかも。

■DEPOT
■東京都千代田区丸の内1-9-1 グランスタ東京 B1F
■営業:7:00~23:00
■定休日:未定
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

インプレストカフェ・バイ・アネアカフェ八丁堀(八丁堀)

Instagramで流れて来たパフェが食べたくて、仕事帰りに八丁堀で途中下車。

インプレストカフェ・バイ・アネアカフェ八丁堀。今年の6月にコロナ禍の中、新規オープンしたカフェ&ダイニング。中野新橋にあるアネアカフェの系列店です。

お洒落なBARと言った感じなんですが、全席わんちゃんOKのお店で、店内の至る所に小型犬が!だから #インプレストカフェ のハッシュタグも料理の写真より、わんちゃんの写真がてんこ盛り。

食べて見たかったのは、この2段になっているモンブランマロンのパフェ。1520円。

食べにくそうに見えますが、実はこちら2つに分離します。

一緒に小皿を渡されて、上の部分は外して食べられますとの説明。そこで分離!

右手のモンブランの部分は、上から栗の渋皮煮、チョコレート、モンブランクリーム、パイ生地なんですが、実はモンブランの中にカシスクリームが仕込まれています。

目白のカフェデリーモでは、モンブランの下に巨峰のソルベを仕込んでいて、濃厚さの次に爽やかさで口直しという感じでしたが、こちらも、「濃厚」の頭で食べていると、あれ?意外と爽やか?スプーンですくった切り口をみると、赤いクリームが顔を出していて、モンブランとカシスが層になっていました。

今、時期なのでモンブランのパフェを多く食べていますが、こういう手法って意外と多いですね。

実はグラスの中のマロンアイスも、ヘーゼルナッツのムースとグラノーラでナッツ感を加えつつ、一番底にクランベリーソースが潜んでいて、こちらも濃厚を爽やかさでほどよく中和させるという手法です。美味しかった。ご馳走様でした。

食後の運動をかねて、東京駅まで歩いて帰りました。歩いても1㎞ちょい。余裕で歩ける距離でした。

■インプレストカフェ (IMPREST CAFE by anea cafe hatchobori)
■東京都中央区八丁堀3-11-13
■営業:7:00~23:00
■定休日:年末年始
場所はこのへん
お店のInstagram

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ