食堂八(豊島園)

食堂八

改装の為にしばらくお休みしていた、豊島園の食堂八が
営業再開したというので、駆けつけました。
かつてはお座敷スタイルで、小さなちゃぶ台の二人席が2つと、
奥に3人ぐらい座れる席が1つというお店だったのですが、
座敷を取り払ってカウンターだけの立ち食いスタイルに変身。
…正確には、カウンターの奥3席だけが、椅子があります。

小さなお店だけど、人気店で常に満席なので、
わりとキチキチに詰めてカウンターを使うタイプで、
隣の人との距離も近いので、神経質な方は、要注意。

看板

実は再開初日にも行ったのですが、
その日は、カレーの仕込みが間に合わず、かき氷だけだったので、
カレー食べたさに、日をあらためて再訪です。

最近、グルメ雑誌でスパイスカレーの特集が多いですが、
練馬区でピックアップされる事が多いのが、こちらのカレー。

スパイスカレーブームって、
自分の番組で一ヶ月ぐらい前に番組で取り上げましたが、
その時は、みんな「知らない…」ってリアクションだったのですよ。
ちょうど今、8月発売のdanchuとか、各誌でスパイスカレーを特集していて
それをみて「ブームはホントだったんだね」と言われる事が多いです。

このパターンで、人より、一歩じゃなく、0.5歩ぐらい早く紹介し、
その後すぐに、テレビや雑誌で続々と取り上げられ、
「ほーら!みろ!」みたいな感じになるのが理想です。
情報はキャッチしているけど、紹介のタイミングってかなり見ています。

今、グルメ雑誌が特集しているという事は、
この後、TVのカレー特集で紹介される事も考えられ、
(かき氷は散歩番組で紹介されていますが)
そしたら行列店になってしまうので、
そういう意味で、行列できる前で、ほぼ満席の今、
今が、こちらのカレーを食べに行っとくタイミングでしょうね。
お近くの方、行くなら今です!

かつては、かき氷メインのお店でしたが、
すっかりカレーがメインになりつつあります。
カレーメインであれば、冬場もイケるので、
理想的なモデルチェンジなんじゃないでしょうか?

カレー

注文したのは、3種盛り。
一番手前の明るい黄色の部分が、
ひきわり豆のカレーで、わりと優しい味。
その上の茶色の部分が、チキンカレーで、
青唐辛子で、かなり舌にピリピリする辛いカレーです。
ライスの上に乗っているのが、粗挽きラム肉のジューシーキーマ。

まずは、手前の豆のカレーで、様子見した方がいいと思います。
焦げ茶のチキンが辛いので、豆のカレーとの境界線を崩し、
豆カレー多めで食べるとちょうどいい配合になる瞬間があります。
バランスよく食べると言っても、野菜などの栄養素の話でなく、
カレーの混ぜ具合のバランスの良いポイント、
おいしさのピークを探すのが、実は難しいカレーでもあります。

ただ、この日も人気すぎて14時には、カレーがソルドアウト。
お店は15時までですが、
のんびり行くと売り切れているかもしれないので、要注意です。

かき氷

セットのミニかき氷は、チャイラテ。
最近人気のかき氷って、めちゃデカイですが、
実はこのぐらいでちょうどいいんじゃないかなと思ったり。
ヒリヒリした舌を、冷ましながら頂きくと、
痛みが治まった頃に、ちょうど食べ終わります。

■八
■東京都練馬区練馬4-15-18
■営業:11:30~15:00
■定休日:月火
場所はこのへん
お店のツイッター

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


大山園(大山)

大山

大山のハッピーロードへ。
都内でも商店街が地盤地下して、シャッター街になる中、
今も活気のある商店街です。
空き店舗を利用した商店街の活性化活動が上手で、
独自の活動を色々行っています。

アンテナ

「とれたて村」は、農村や漁村と提携し、
地方の産品を扱うミニアンテナショップです。
「顔の見える品」をコンセプトに、
現地で生産者と直接面談し奥く商品選定。
生産者の声も届く他、逆にPOSデータを生産者に送り、
売れ筋や商品開発にも役立ててもらっています。
漬物だったり、、高齢者に人気の商品も多く、
お客さんの年齢層は少し高めでした。

ハッピー

2店舗目のハッピースクエアは、
期間限定で、市町村の物産販売が行われるスペース。
年の150日ぐらいが、物産展で、
商店街のイベントなども、ここで行われます。

スイカ

この日は、スイカ生産日本一の山形県尾花沢市の「尾花沢すいか祭り」
試食用のスイカも振る舞われていて、
小さい子供達が駆け寄って来ていました。

他の商店街でやろうとしたら、
八百屋さんから、うちのスイカが売れなくなるとクレームが入ったり、
実現が難しいと思うのですが、その辺の調整が素晴らしいです。

大山園

この大山ハッピーロードには、お茶のお店が3軒あります。
コーヒーと違ってお茶だけで生計を立てるのって難しそうですが、
商店街の先に日大板橋病院とかあったりるので、
そういう需要があるのでしょうか?
その中の一つ、大山園は、時流を読んでイートインスペースをつくり、
抹茶ソフトや、抹茶ラテなど、
若い女子にも人気のメニューを用意しています。

宇治金時

僕のお目当てはこちら!
宇治金時650円に、練乳80円をプラス。
こちらの氷は、新茶の茶葉と、抹茶を入れて凍らせた、
千利氷(せんりひょう)を使っています。

この状態では、まだ抹茶の蜜はかかっておらず、
ただ氷を削り出した状態。
緑は削り出された氷に入っていた茶葉なので、
まさに食べるお茶と言った感じ。
お茶屋さんの宇治金時も、まさに味わい深いです。

■大山園
■東京都板橋区大山町6-8
■営業:
10:00~20:00(L.O.19:30) (月、水〜日)
11:00~19:00(火曜日)
■第3火曜日
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ