京都・醍醐寺-真言密教の宇宙- サントリー美術館

サントリー美術館

赤坂での会議の時間をずらして欲しいと連絡があり、
時間が空いたので、サントリー美術館へ行ってみる事に。
「京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-」
音声ガイダンスが、みうらじゅんさんと、いとうせいこうさんという
仏像好きの二人という事で、それ目当てだったのですが、
二人の解説は3カ所のみ。
それ以外は、藤村紀子さんという
美術館ではおなじみのナレーターさん。
これは藤村さんが悪いのではないのですが、
台本が長く、一つの場所での説明が長すぎ。
全部詰め込みましたという感じで、もう少し簡潔にして欲しかった。

お目当ての一つは、快慶作の不動明王坐像。
運慶作品が、荒々しくエネルギッシュなのに対し、
元々、慈悲深い如来像を得意とする快慶は、
強さの中にも、どこか優しさがああります。
光背、頭上の炎の中、右下から鳥が顔を出しているのがわかりますか?
迦楼羅(かるら)と呼ばれる火の鳥で、
不動明王の光背には、迦楼羅炎が使われる事があるのですが、
もっと炎寄りの表現が多い中、
こうして、隠れミッキーならぬ、隠れ迦楼羅みたいなキャラクターとして、
こっそり置かれ、何気なく「ひょっこりはん」しているのが可愛いです。

そのほか、平安時代に作られた五大明王像とか
国宝の薬師如来および両脇侍像など見所はあるのですが、
快慶作の不動明王坐像が一番グッと来ました。
空き時間に行って、これを見れただけで、大満足です。

Pocket
LINEで送る