モカ(江古田)

音大通り

「臨死!江古田ちゃん」が鳥居みゆきでドラマ化されたりしていますが、
あの江古田ちゃんが、日芸タイプだとすれば、
もう一つの江古田ちゃんは、『のだめカンタービレ』の「のだめ」。
こちらは音大タイプです。

『のだめカンタービレ』のモデルになったのは
江古田の北口にある武蔵野音楽大学。

音大というと、白鳥麗子みたいな、名前からしてお嬢様のイメージがあるのですが、
きっと金持ちが出てくるマンガには、そういう名前が多いので
いつの間にかそういうイメージを植え付けられていたのでしょう。
綾小路とか西園寺とか二階堂とか伊集院とか、そんな特殊な名前が多く、
鈴木とか田中はいないに違いないと、勝手に決めつけているような所があります。

だって武蔵野音大じゃないけど、葉加瀬太郎って…。
鈴木太郎とか、田中太郎じゃ銀行の書き方の見本みたいな平凡な名前になるけど、
葉加瀬って。

実際、お嬢様やボンボンもいるのだけど、
音楽の世界は、教えてくれる人と教えられる人の師弟関係など、上下間関係が厳しく、
見た目可愛らしくても、本来の姿は体育会系な人が多いような気がします。

さらにオーケストラなどの打ち上げで、飲むせいか、酒がやたら強い女子が多い。
(当社比)
これは自分のまわりだけかも。

そして、音楽を極めようとして、そちらに力が集中するせいか、
髪がボサボサだったり、ノーメイクとか、ノーブラとか、風呂入り忘れたとか、
その他がズボラになる女子も多い気が。
(あくまでも、当社比)
そこが「のだめ」のように憎めないキャラで可愛いのだけど。

そんなもう一つの江古田ちゃん達が闊歩する音大通り。
楽器可物件が多い為に、武蔵野音大の生徒の他、
他の音大や、音楽関係者なども多く住んでいて、
通りを歩いていると時折、楽器を練習する音が聞こえてきます。

モカ

その中程にある「モカ」は創業30年となる老舗の喫茶店。
店内には30周年を祝う、音大生たちの寄せ書き色紙が飾られています。
女性店主のお店で、歴代のバイトは音大生。

メニュー

こちらの人気メニューは様々なトーストセット。

2階

1階はカウンターのみで、お客は大学の先生とかご近所の方々とか、
年齢層は比較的高めですが、2階はご覧のような穴場的な空間。

ピザトースト

こちらが音大生に人気の理由なのが、このボリュームあるサンドイッチセットです。
ピザトーストセットは、珈琲、サラダ、デザート付きで、660円。

音楽をやっている人達って、ものすごいエネルギーを使うためか、
女子でも大食いの人が多いです。
「ごちそうするよ」などと気軽に言って、その食欲に怖じ気づく事も。
その辺の男子大学生よりも、メチャメチャ食べる。

そのせいか、こちらもパンの厚みはもちろん、このポテトサラダの盛り具合の凄いこと。
居酒屋だって、こんなに盛られて出てこないですよ。
なので、小腹を満たすつもりだったのに、すっかり満腹に。

音大生達もここでエネルギーをチャージしながら、
音楽論議を戦わせているのでしょうか?

専攻は違う人達なのだけど、それぞれよく聞くのがモーツアルトは難しいという話し。
単純な構成なので、弾くのは簡単だけど、だから逆に表現するのが難しいと。
早弾きとか難解なテクニックを使う必要がない分、
それを使わないで感動させるまでに持っていくのが難しいそうです。

絵画で、花瓶の花の絵は誰にでも描けるけど、
それをゴッホのひまわりレベルまで持っていく事はなかなか出来ないというのと
同じような感じなんでしょうか。

それを文筆系にあてはめると、何になるのでしょう?
ちょっと勉強してみようかな。

■モカ
■東京都練馬区栄町39-5
■営業:9:00~19:00
■定休日:日曜
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


トリスカフェ(江古田)

看板

※このお店は閉店しました

真昼に月が出ていました。
青い空にトレーシングペーパーを浮かべたように薄く透けて見える月。
真昼の月は、なんだか場違いなような気恥ずかしさで、
照れながら控えめに輝いているように見えます。

平日の昼って、みんなが働いている時間。
そんな時間のカフェ巡りは、
真昼の月のような若干の場違い感と気恥ずかしさがあるのです。

「今日は、夕方からの仕事なので、その前に寄ったんでです!」
…なんて、いちいち説明してまわる訳にいかない。
ホントは誰も気にしてないし、後ろめたくもないハズなのだけど、少し微妙な気分。

という訳で、仕事前に地元江古田のカフェめぐり。
江古田は、3つの大学があるのですが、それぞれ立ち寄るお店は違います。
そしてそれぞれのカラーも違う。

池袋アトリエ村シリーズに続いては、
江古田にある3つの大学の学生の集まるカフェと、
それぞれの違いを特集してみたいと思います。
最初は、江古田駅北口にあるトリスカフェ。
こちらは日大芸術学部の学生が多いお店です。

トリスカフェ

路地の奥にひっそりとある隠れ家的なお店で、最初は入るのに勇気がいるのですが、
その為、穴場的な場所となっていて、ゆったりと流れる時間が心地いいです。

元々は割烹料理屋さんだった所ですが、それをリノベーションしてカフェに。
店長は日芸の演劇で舞台美術をしていたので、
その仲間が集まり、手作りで色々と作られたものが、お店に暖かみを加えています。

場所もあるけど、そういう空気感が合うのか、やはり日芸の学生さんが多い。

お店で飛び交う会話も、写真の話だったり、デザインの話だったり、
もちろん恋バナなんかもあるんだけど、なんか日芸っぽい。
ファッションなんかも、自分の個性やスタイルを打ち出している人が多い気がします。

ソイラテ

この日、頂いたのはソイラテ480円。
寒いからこういうの頂くと、ちょっと元気になれる。
泡も美味しい。

江古田は住んでいる町だから、知り合いに会うケースが多いのだけど、この日もそう。
カウンターに座っているのは、知り合いの女子大生。
奥の席には、これまた知り合いのナース。
仕事前の自分、ランチの女子大生、夜勤明けのナース。
バラバラの時間の軌道を過ごしている3人が、惑星直列みたいに、時間が合って同じお店に。
いつもは、夜の飲み屋さんで会うのだけど、こうして昼間に会うと、少し気恥ずかしい。

地元カフェには、そんな真昼の月のような空気感が漂っているのでした。

※このお店は閉店しました

■トリスカフェ
■東京都練馬区小竹町1-58-2
■営業
11:30~23:00(月~金)
14:00~23:00(土日祝)
■定休日:水曜
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ