カフェ・バードバス(笹塚)

バードパス

このお店は移転しました。

古民家カフェと一括りに言っていますが、
昭和初期の戦災をくぐり抜けたような、本当に古い民家を利用した物もあれば
昭和中期の一軒家や木造アパートを改装した物もあります。
笹塚にあるバードパスは、昭和中期系。
だから少し洋館のニオイもする作りです。

小さい庭には椰子の木が生えているのだけど、
昭和中期の小金持ちの家には、椰子の木が生えてる率が高い。
ブームでもあったのでしょうか?

場所は、中野通りから東北沢方面へ。
甲州街道と京王線を越えて、最初の路地を左に曲がった住宅街にあります。

店内

二間とも板張りで、靴のまま入るスタイルなのですが、
入り口の方の部屋がキッチンと小さなカウンター、
奥の部屋がカウンターとテーブル席。

窓はサッシだったりするのですが、窓の桟も壁と同じ色のペンキで塗られているので
いい具合に古民家の雰囲気に溶け込んでいます。

ドライカレー

ランチの中からドライカレーをチョイス。800円。
ドリンクは200円プラスでセット出来るので、アイスティーにしました。

ドライカレーはこちらの人気メニューだそうで、
確かにスパイシーさと甘みのバランスが絶妙。
子供でも、ちょっと背伸びして食べられるし、大人なら、ほっと出来る優しい味。
包容力のあるカレーなのです。

この日は女性2人で働いているようだったのですが、
女性ならではの味という感じですね。
これが、男性シェフだったらもう少しスパイシーに走りたくなると思う。
スパイスを極めたとか言っちゃって。
でも、ここでのカレーは、やっぱりこのバランスがいいのです。

南の島をイメージさせる小物があちこちに配置されている空間は、
スパイスたっぷりの戦うカレーじゃなく、
ちょっと肩の力を抜ける、脱力カレー。
食べ終わった時に、不思議と、のんびりした気分になってるんですよね。

食べ終わって、ボーっとしながら周りに目をやると、
この日は、カウンターにスイーツ男子と思われる方が、
パナソニックのGF1で、ガトーショコラっぽいものを撮っていました。
お、ライバル出現!
ブログとか書いてないのかな?気になる〜!

メニューをみると黒っぽいのは、
スパイシーチョコレートケーキか、波照間島の黒糖チーズケーキのどっちかだな。
…と確認してしまいました。

占い

この日は、タロット占いみたいな
エンジェルカードリーディングというのをやっていました。
「占いして欲しいんですけど」と、それ目当てのお客さんも来ていたので
人気があるみたいですね。
開催日は、毎月、第3日曜日らしいです。
…という訳で、このお店は日曜日に行ったのでした。

お店のブログを見ると、古いミシンを使ったこのスペースは、
ネイルアートになったり、いろいろ出張コラボスペースになるみたいです。

ギャラリー

iphoneアプリ「Camera+」で「scenes→flash、effects→lomographic」で加工。

このお店を一言で言い表すなら、やさしい空気感にあふれたお店。
料理だけじゃなく、お店のあちこちに女性が生み出す空気感があります。

笹塚に一人暮らしをしている女性で、近所に知り合いがいない…とか、
新婚で幸せなハズなんだけど、旦那が家に居ないときは、逆にひとりぼっちで不安…。
フリーの仕事って、先行きちょっと不安。
みたいな人達の心を少しゆるませてくれるような感じで、
ちょっとだけおしゃべりして、少し元気になって帰って行く。
そんなストーリーを妄想してしまいました。

ほぼ満点に近い自分好みの空間なのですが、1コだけ惜しい所が…。
BGMの代わりに波の音が流れているのですが、
ipodとかとつないでいるスピーカーが、プラスチック製のチープな感じで、
音もチープな為、波の音が「音姫」っぽい。
たぶん3千円以内で、ちゃんとした音のするスピーカーがあるので、
それを変えたら、自分好み満点なんだけどなあ。

このお店は移転しました。

■コーヒー食堂 cafe Birdbath(カフェ・バードバス)
■東京都渋谷区幡ヶ谷1-21-11
■営業:11:30~20:30(LO 20:00)
■定休:土曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


ノージーコーヒー(三宿)

下馬

最近、流行りのリトルカフェ。
自家焙煎でコーヒー豆を売る方が主な所、
立ち飲みスタイルで美味しいエスプレッソを売るスタンド、
スタイルは色々あるけれど、
4〜5人しか入れない、そういう小さなカフェが増えています。

●雑司ヶ谷のエスプレッソ・フェリーチェ・ロースター
●代々木八幡のリトルナップ・コーヒースタンド
●高円寺のコーヒーアンプ
●吉祥寺・井の頭公園内のブルースカイコーヒー

まだ行った事ないけど、下北沢のベアボンドエスプレッソがその草分け的存在。
ガールズトークの場所というよりは、純粋にコーヒーを楽しむ場所
…という感じのお店が、どんどん増えているのです。

中野方面から三宿の交差点を越えた下馬付近にも、
人気のコーヒースタンドがあるというので、自転車で行ってみる事にしました。

中野通りは、東北沢〜三宿の間が分断されているのですが、
この下馬を通るのも同じ「補助26号線」という計画路線で、
中野通の延長上にあたる路線です。

ノージーコーヒー

世田谷公園の道を挟んだ向かいに、花壇のある小さな広場があるのですが、
その奥にあるのが、ノージーコーヒーです。

店内

お店の作りはちょっと変わっていて、
半地下のような場所でコーヒーを注文し、
1階のカウンター4席か、外のベンチで飲むスタイル。
もしくはテイクアウト。

このお店は、シングルオリジンにこだわっている事で有名なお店。

シングルオリジンというのは単一の農園で収穫された豆を
同じ製法で生産処理したもので、他の豆が一切ブレンドされていない物。

最近、このシングルオリジンをうたうお店が増え、
カフェ文化のトレンドとなりつつあるようです。

カフェラテ

フレンチプレスもあったので、ちょっと迷ったのですが、
まずはカフェラテを注文。350円。
この日のカフェラテは、ルワンダのマラバ地区の豆を使ったもの。

愛車のgiosを眺めながらのコーヒー。
なんでだろ、自転車にコーヒーって合うなあ。

ラテとかにするとミルクにコーヒーが負け気味になってしまう所が多い中、
最近、流行りのこういうリトルカフェは、
コーヒーを美味しく飲ませるというのがメインなので、
どのお店も、コーヒーの風味がきっちり出てます。

言葉では簡単に「苦み」と書いちゃいそうになるけど、これは苦みじゃないね。
イヤなな苦みじゃない。
苦みっぽくみせかけておいて、口から鼻を通って香りが膨らむ感じ。
これはコーヒーの風味です。

今度はフレンチプレスも味わいに来よう!

豆も販売していて、コーヒー豆を購入した人は、特典として
フレンチプレス200円、エスプレッソ・ラテ・アメリカーノ100円で飲む事も出来ます。

■NOZY COFFEE(ノージーコーヒー)
■東京都世田谷区下馬2-29-7
■営業:11:00~19:00
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のサイト

シニフィアン・シニフィエ

お店の向かいには、人気のパン屋さん「シニフィアン・シニフィエ」があります。

世田谷公園

そして道を挟んだお店の反対側には、世田谷公園が。
天気のいい日に、パンとコーヒーを買って公園に出かけるというのいいですね。
「自転車とパンとコーヒーと公園」
なんか「ジョゼと虎と魚たち」みたいな、映画のタイトルっぽい。

園内

園内には、自転車がズラリ!
もちろん、子供連れのママチャリが一番多いのだけど、
この付近からだと、渋谷、代官山、中目黒も自転車15分圏内だし、
やっぱりオシャレな場所には、オシャレなチャリガールも多いですね。

園内

そんなチャリガール達をしばし観察しながら、休憩。
ちょっと妄想と自分の好みを入れつつ、分類してみました。
(注)個人的妄想ですので、真剣に読まないでください。

■カーボンロードガール
イメージ的には、たぶん皇居の周りを走っちゃう、
美ジョガーに通じる人種のような気がします。

タレントイメージ:長谷川理恵、安田美沙子

デローザのカーボンとか、複数いた。カネもっってんなあ。

■シングルスピードガール
昔ならヤンキーと呼ばれたような感じだけど、
今やヤンキーは、オシャレ路線。
昔ならチャンプロードに載るのを憧れる所、
今は、シングルスピードで、真っ白とか、まっピンクにカスタム。
でも彼氏には「固定は絶対やんなよ」と釘をさされてそう。

タレントイメージ:佐々木希、木下優樹菜

■クロモリドロップガール
イメージ的に山ガールと共通する部分があるように思える。
ケータイとかも、必要以上にあんまりいじらなそう。
公園も誰かと集まる場所ではなく、一人で自然を感じに行く場所的な。
頭をお団子にするのが似合いそう。

タレントイメージ:杏、中越典子

最後まで読んで頂いてなんですが、コレについては全く意味がありません。
単なる思いつきです。

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ