コーヒー・アンプ(高円寺)

アンプ

久々に高円寺に行きました。
ルック商店街にメッセンジャーバッグの専門店があったハズなので、向かったのですが、
すでに潰れている。
もしくは移転か?でもお知らせの張り紙は無し。

高円寺は若い店主達が空き店舗に次々とお店を出すので、
活気があっていいのですが、やはり生き残るのは大変なんですね。
その他にも前に見たお店が、いくつか消えていました。
まあ自分たちの放送業界も4月と10月の年に2度、 改編という名のリストラがあるので、
非常にシビアな世界なんですが、
お店を構えるというのは、権利金だの内装工事などの、
莫大な先行投資があっての勝負なので、
比べものにならないぐらい大変なんでしょうね。

そんな中で、これは生き残って欲しいなあと思ったのが、こちら!
高円寺ルック商店街の真ん中ぐらいにある、coffee amp.

看板

まず、お値段を見て分かる通り、安い!
アメリカーノ300円から、カフェラテだって350円。

焙煎機

自分の所で焙煎してコーヒー豆を販売するのがメインだから、店内の飲み物は安い
…という池袋のドリームコーヒーのような例もありますが、
こちらもそんな感じなんでしょうか?

店内

店内は、壁際のカウンターがメインで、テーブル席は少しだけ。
でも十分くつろげます。

カフェラテ

注文したのはカフェラテ350円。
カフェラテというと、ミルクの味の方が強くなって、
コーヒーの印象が弱くなる事が多いのですが、
こちらは自家焙煎しているからでしょうか、しっかりと香りがします。
もちろん味も。
マイルド寄りのラテが多い中で、コーヒー寄りのラテ、新鮮で好印象です。

このお店、頑張って欲しいぞ!
そしてこういうお店、近くに欲しいなあ!

■コーヒー・アンプ
■東京都杉並区高円寺南2-20-13
■営業:12:00〜21:00
■定休日:水曜
地図を表示
お店のサイト

看板

このコーヒー・アンプの目の前の路地を入った所に、
猫専門の雑貨屋さんがありました。

猫の額

「猫の額」という文字通り、小さなお店。 窓枠も猫の形になっています。
猫をテーマにした小物から、アーティストが作ったグッズやイラストなど
猫にまつわる物がいろいろと売られているお店です。

ポストカード
その中で一目で気に入ったのが、このポストカード。
70年〜80年代のロックの名盤を猫のパロディーにしたもの。
ビートルズやKISSはわかるとして、 一番右のジャケットが何かわかるという人!
気が合いますねえ。 友達になれそうです。
という話をしていたら、これを子守歌代わりに聴いていたという友人がいました。
やはり類は友を呼ぶのでしょうか?

■猫の額
■杉並区高円寺南3-20-11
■営業:12:00〜20:00
■定休日:木曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


トリトリノキ(面影橋)

鬼子母神

絵、写真、工芸などアート好きの友達が多いのだけど、
皆で雑司ヶ谷、鬼子母神の手創り市に、自転車で出かけようという話をしていました。
ところが方向音痴が多いのか、道順について侃侃諤諤。
「えー、江古田から鬼子母神なんて、ほぼ1本道で迷う要素が無いじゃん」と言った所、
じゃあ、道案内してくれという事になり、ママチャリで出かけてきました。

江古田からは、千川通りをまっすぐ行って目白通りに合流し、
目白駅と明治通りを通過したら、都電の前で左折でゴール。

一度も曲がっていない段階で「もう道がわからなくなった」という人ありで、
方向音痴の恐ろしさを見せつけられた気がします。
曲がってないのに、なぜ迷うのでしょうか?

かつて「話を聞かない男、地図が読めない女」という本がベストセラーになりましたが、
確かに方向音痴なのは女性の方。

でも、鬼子母神は「きしもじん」なのだけど
都電の駅名は「きしぼじん」と紛らわしいので、
そのように間違えて読んでしまうのはわかるとして
「がしぼじん」と読んだりするのをみると、
方向音痴というよりは、単なる天然ボケなんではないかと思います。
鬼の読み方は「おに」か「キ」で、
変わったところでは天邪鬼(あまのじゃく)の「く」。
「が」は、餓鬼の「が」の方をとってしまったのでしょうか?

こうなると我孫子の事を「あびこ」ではなく
「がそんし」と読んでしまうのではないかと不安です。

会場

まあ、何はともあれ無事にみんなをナビ出来たので、一安心。

当日は、極寒だったのですが、それでも大勢の人たちで賑わっていました。
手創り市は、フリマと違って、全て自らの手で作り上げた物でなければダメで、
中古品だとか、輸入した民芸品的アクセサリーなども禁止。
作家さんたちの顔が見えるアートマーケットで、店舗を構えている人もいれば、
普段はWEB上だけの販売というひとたちもいます。
そしてそれぞれが、手作りというイメージよりワンランク上の、
プロのクオリティーの品々を並べています。

盆栽

ミニ盆栽とか木の器とか、ロハス系の雑誌の表紙に出てきそうな小物たち。
うーん、こんな盆栽なら、年寄りでなくても趣味にしてもいいかも。

蝋燭

キャンドルジューンの影響ってこともないでしょうけど、
最近、アートフリマなどを覗くと、キャンドル作家って増えてますよね。
やはりヒロスエさんのような素敵な女性に人気があるのでしょうか?

木工

アンティークの風合いを出した、木工製品などもあり、
カフェなどに置いたら可愛いかもという小物達も多数。

雑司ヶ谷・鬼子母神の手創り市は、毎月行われているので、
興味のある方は公式サイトをチェックしてください。

トリトリノキ

ここまで来たのだから、チャリカフェしようと皆が言い出したのだけど、
参道のキアズマ珈琲は、他の皆も以前行っているし、
近くのモズカフェは日曜日は休み。
一縷の望みをかけて明治通り沿いの学下コーヒーを覗いたけど、やはりお休み。
このままでは面目丸つぶれな感じになりそうだったので、
最後に、新目白通り、都電「面影橋駅」近くの「トリトリノキ」へ。
ちょっと離れるけど賭に出ました。

看板

トタンの看板もいい感じ。
ギャラリーカフェなので、手創り市の延長上で、ピッタリのハズ。
あいてて良かった。

店内

お店はカフェとギャラリーをかねているのですが、
小物の量も多いので、雑貨屋さんというイメージでもあります。

ギャラリー

手創り市同様に、様々なアーティストの作品が並べられていて、
作者が違うのに、どこかに統一感もあります。
これはセレクトする人のセンスなんでしょうね。

店内

この後ろ側にトイレがあるのですが、もう住めるんじゃないかというぐらいオシャレ。
女性だったら、しばらく鏡を見ながら、ぼーっとしてたいんじゃないでしょうか?

店内

店内は席ごとに違うタイプの椅子やテーブルが配置されています。

カウンター席

ちょっとアンティークな感じとか、木のぬくもりを感じるカウンターとか。

ソファー席

ソファー席もあり、休日の昼下がりにのんびりするのにもってこい。
まるで自宅のようなくつろぎっぷりです。

テーブル席

方向音痴女子達も、ご満悦。

チキンカレー

この日頂いたのは、週末御飯セット、1000円。
宮城県産ひとめぼれ使用の玄米入り御飯と、群馬県産はりま鶏のチキンカレー。
ミニサラダとドリンク付き。

あまり辛くはないタイプですが、
こののんびりとした昼下がりの、まったりムードにはぴったり。
ゆるーい空気感のネジをさらにゆるめてくれる感じ。

コーヒー

ドリンクは、コーヒーか紅茶から選べます。

雑司ヶ谷から自転車で6〜7分。
歩いても15分ぐらいで行けると思うので、手創り市の帰りにはオススメです。
こちらも、アート満載なので、2次会っぽい余韻にひたることができます。
あと、お店の商品は買うことも出来ますしね。

■トリトリノキ
■東京都新宿区西早稲田3-17-23
■営業:12:00〜19:00
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ