anzu to momo(赤羽)

anzu to momo

インスタで気になっていたお店、赤羽のanzu to momo。
城北地区を中心にカフェ巡りをしている方のインスタには、
必ずと言っていいほど、写真が載っていたお店です。
実は、一度、土曜日に来てみたのですが、
店内は3席のカウンターしかなく、
その他、テイクアウトする人もいっぱいで、断念しました。
もう少し暖かくなると、表のカウンターらしき所でもいいんですが。

そこで、平日休みの特権を生かして来てみたら、
ラッキーな事に1席だけ空いていました。
残りの二人も、男性で、このカワイイお店に、男3人が肩を並べる事に。
30手前ぐらいの二人は友人らしいいのですが、一人は山形、一人は栃木に帰る途中で、
その前に、インスタで見かけたお店に来てみたのだそうです。

店内

こちらは、戸田の人気のカフェ・シバケンで働いていた方が、
独立されて、オープンした模様です。
カウンターの男性二人が、「なんで独立しようと思ったんですか?」なんて、
結構、ぐいぐい聞いちゃうタイプの人だったのですが、
働いていたので、カフェが大変なのは知っているけど、
好きだから、思い切って自分でやってみる事にしたのだそうです。

実は、こちらのお店、まだオープンして1ヶ月。
なのに、カフェ好きの間で大人気となっています。
その原動力の一つにInstagramがあった事は、間違いありません。
店内で、撮影する前に許可を頂く為に、
「インスタで見て来たのですが、撮影してもいいですか?」と聞くと、
OKと共に、「皆さん綺麗に撮ってくださるので…」と嬉しそう。

インスタにはリツイートのような拡散機能がないのに、
なぜ、情報が拡散するのか、勉強中な事は前にも書きました。

インスタで見た物を、自分も撮りたい欲求がある事がわかりました。

自分もですが、どうせなら絵になる物、カワイイ物を撮りたいと、
インスタで検索して、情報をチェックします。
僕もそれで、このお店にたどり着いた訳です。
で、インスタのユーザーは、行動力のある人が多いです。
もちろん、芸能人のインスタにコメントするだけの人もいますが、
カフェ巡りが好きという人は、自分もそこに行って写真を撮りたがります。

ちょっと前に流行ったポケモンGOみたいな感じで、
あそこにピカチュウが出るらしいと聞くと、
そこに行ってGETしたくなった感じと、ちょっと似てるかも。
見ただけではなく、自分も写真を撮らないと気が済まないのです。

僕もリベンジで、2回目で店内に席を取れたときは、
「anzu to momo ゲットだぜ!」という気分でしたから。

でもって、もちろん注文した人気の商品、
いちごのブランジェ、430円。
アイスのカフェオレは、450円。
100いいねを獲得するのが、インスタ研究中の課題だったのですが、
あっという間に100を越えて、これまでの最高記録!

ブラマンジェ

こちらのインスタを撮られた方のコメントを読むと、
「旗がカワイイ!」という女性が多数。
こういう所なんですね、インスタウケというのは。
この旗の為にコストも手間もかかるのだけど、
「ある」か「無し」かでもは、写真を撮りたい欲求、
いいね!を押したい欲求が、随分変わって来ます。

ぼんやりですけど、インスタの拡散のしくみがわかって来たような気がします。

P.S
インスタとビジュアルの話ばかりをしましたが、
コーヒーもスイーツもマジで旨いです。
この基本がありつつ…って話ですね。
勉強になりました。

■あんずともも (anzu to momo)
■東京都北区赤羽西1-16-9
■営業:11:00~19:00
■水曜日
場所はこのへん
お店のfacebook

こういう話を、いつも行く地元の飲み屋さんで話していて、
もう一つ、実験してみたい事が浮かび、マスターにお願いをしました。
その話は、また後で。

Pocket
LINEで送る