七つ森(高円寺)

高円寺

自転車で23区の旅、今回は杉並区の高円寺へ。江古田からは、環七沿いに走り、約20分ほどで到着しました。

高円寺といえば、ねじめ 正一さんの小説でもおなじみ「高円寺純情商店街」が有名ですが…。

高円寺パル商店街

今回訪れたのは、その反対側です。アーケードの続く「高円寺パル商店街」を抜け…。

高円寺ルック商店街

その出口の所から、始まるのが「高円寺ルック商店街」です。

実はこの商店街に行きたかったのは理由があります。ツイッターでつぶやく商店街の先駆けとして、各メディアに盛んに取り上げられていたからです。

今ではツイッターで町おこしをしようという商店街が多いですが、高円寺ルック商店街の取り組みがニュースで広がってから一気に広がりました。そのニュースは知っていたのですが、実際に足を運んだ事がなかったので、今回実際に行ってみることにしたのです。

高円寺という街自体が、JRの駅を中心に広がっているので、私鉄沿線の街と比べれば、まず規模が大きいです。

しかし高円寺ルック商店街は、その商店街の外れにあり、規模的には、私鉄沿線の商店街に近い規模と考えてもいいかもしれません。ただし、やはり高円寺の中心街からも人が流れてくるので、街に住んでいる住人の他に、外から遊びに来る人達も多いようです。

江古田と比較して思ったのは、商店街の新陳代謝がうまく行っているなという事。多くの商店街では商店主が高齢化し、商売をやめたまたまにしてしまう為、シャッター通り化してしまっているのですが、こちらは、若い人達に上手に貸して、古いお店と若い達のお店が共存しているのです。

メッセンジャーバッグ

メッセンジャーバッグのお店があったり…。

アンティーク雑貨

アンティーク風雑貨のお店があったり…。

洋服屋

ヒッピー風のファッションのお店があったり…。

こういうお店がお肉屋さんだったり八百屋さんだったり、古くからあるお店と共存しているのです。

高円寺ルックも、ツイッターで町おこししようとするぐらいですから、商店街の存亡に危機感を覚えているのだと思いますが、衰退の一途を辿ろうとしている、他の商店街に比べたら、ゆるやかに、うまい方向に向かっているのではないかと思いました。

やはり、若い店主達が増えると、街は活性化しますね。

七つ森

さて、前置きが長くなりましたが、本題のカフェへ。この商店街の中程にあるのが、古くからある喫茶店「七つ森」です。元々はお茶屋さんだった所を改装し、1978年にオープン。なので、もう30年以上の歴史を持つ古いお店です。

店名は宮沢賢治の詩集『春と修羅』から来ていて、作品によく登場する、岩手の森の名前です。

店内

お店にはアンティークな家具や小物などが置かれていますが、壁などは自然に年輪を重ねた風合い。でも、敷居が高い感じではなく、近所の人達がくつろげる喫茶店という部分は守りこれが非常にマッチしていて、いい空気感を醸し出しているのです。

実はこちら、忌野清志郎さんや大槻ケンヂさん、森本レオさんなど高円寺を愛する人達が通った事でも知られる、伝説の喫茶店なのです。

ナスとトマトのキーマカレー

お店では、野菜カレー、キーマカレー、ココナッツカレーなど、カレーが人気なのですが、この日頂いたのは、本日のランチとなっていた、ナスとトマトのキーマカレーセット、985円。ミニサラダとスープ、そしてコーヒーがつきます。

一口食べて思いました。これは喫茶店カレーだ!

カレーと一口に言いますが、本格インド、家のカレーなどと色々あるように、間違いなくこれは、喫茶店カレーというジャンルのカレーでしょう。気取らない、ほっとする味。トマトの酸味とナスの甘み、ルーもスパイスが強すぎない、まろやかさ。

隣のテーブルでは、会話から察するにお婆ちゃんと4才のお孫さんが、お昼ご飯を食べていました。年配の方から小さいお子さんまで、近所の人達が訪れるこのお店は、みんなが食べられるという事で、長い年月をかけて、きっとこういう味に落ち着いたのでは?と思いました。勝手な想像ですが…。

忌野清志郎さんも、もしかしたらこの席に座ったのかも…。日本印度化計画という歌を作るぐらいカレー好きな筋肉少女帯の大槻ケンヂさん、もしかしたら、このカレーを食べたのかも…。などと、さらに勝手な妄想をしながら、キーマカレーと店の作り出す空気を味わいました。

五円玉

こちらのお店のメニューは必ず、985円など5円の端数がつくのですが、お会計をすると、こんなおつりを頂きました。やはり、何かのご縁に導かれて、こちらのお店にたどり着いたんでしょうね。

お店を出ると、ランチが一段落した頃だったのですが、ウエイトレスをしていたコが、お向かいの八百屋さんにニンジンを買いに来ました。商店街って繋がっている…って思えた光景でした。

■七つ森
■東京都杉並区高円寺南2-20-20
■営業
11:00~24:00
ランチ
11:00~14:30(平日)
11:00~14:00(土日祝)
■定休日:無休
場所はこのへん

自転車で23区カフェ制覇の旅…ただ今、5/23区。

地図

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


サイマーケット(小竹向原)

サイマーケット

※カフェの運営は、vivodailystand小竹向原店に

自転車で23区のカフェ制覇の旅。今回は板橋区のカフェへ。

江古田は、練馬区の東の端っこにあり、豊島区、中野区、そして板橋区と隣接しています。有楽町線、副都心線の小竹向原駅は、その板橋区との境界線にあります。銀座や渋谷に1本で行けるので、江古田からこちらの駅まで歩いて、利用している人も。という訳で、江古田からでも、ママチャリでもすぐ行ける板橋区、小竹向原駅付近にあるカフェ、サイマーケットに行ってきました。

ちなみにお店の前は駐輪禁止で、向かいにある坂の途中に専用の駐輪場があります。

ランチメニュー

ランチメニューを覗いてみると、ノンオイル・ほうれん草カレーという文字が。ノンオイルのドレッシングとかは聞いた事がありますが、ノンオイルのカレーってあまり聞いた事はありません。どんなメニューなのか、非常に興味が湧きます。

中庭

この日は天気が良かったので、中庭で食事する事にしました。

サイマーケットは、いくつかのフロアに分かれていて、正面に見える店内に加え、ペット可の中庭、そしてここには写っていない右側に、セミオープンテラスの別館があります。この日も中庭には、小型犬を連れた親子連れが。

ちなみに、この左手には雑貨屋さんが併設されていて、フェアトレードの商品や、地球にやさしいエコな商品が並べられています。

そしてカフェは、オーガニックに対するこだわりが。

ほうれん草カレー

こちらがノンオイルのほうれん草カレー、900円。ご飯は、玄米ご飯に雑穀をブレンドしたもの。

お米や野菜、調味料など、使う素材は、安心して安全に食べられる物というこだわりがあり、詳しくはお店の公式サイトに掲載されているので、そちらを参照してください。

ルー

ノンオイルのほうれん草カレー。ルーはカレーというよりは、スパイスの効いた食べるスープといった感じです。インドや欧風カレーのような、いかにもカレーという味ではなく、食べている間に、徐々にスパイスのピリリとした刺激が。ほうれん草やお豆腐の優しさと、その裏に隠れているスパイスの刺激が交互にやってきて、それが、次第にマッチしてくるのです。

食べる前から、カレーはこうあるべきと決めつけて望む人には、意外な味でしょうが、こういうカレーもあってもいいんじゃないでしょうか。

ご飯の量は控えめですが、ルーの方は意外とたっぷりあるので、食べるバランスを考えながら、行きましょう。

正直、普段はあまりオーガニックなど意識したことはありませんが、こうして食べてみると、それぞれの行きすぎない感じが、バランスがとれていて、逆に深みを出している感じがします。なにが入っているんだろうなどと、想像しながら食べるのも楽しい。何かが突出していない自然の味だから、素材の味が感じられるのだと思います。

アフォガード

平日であれば、プラス150円でドリンクがセットになるのですが、この日、デザートに頂いたのは、小豆と豊富のアフォガード、650円。

お豆腐のアイスクリームと、デーツ入りの特製小豆あんがグラスの中に。デーツというのは、ナツメヤシの果実です。添えられているポットには、自然栽培&フェアトレードのエスプレッソが。

ミックス

まず、最初にアイスと餡を食べて楽しみ、その後、エスプレッソをかけて、ブレンドして楽しみます。最後に、グラスに残ったエスプレッソを飲み干し、3つの楽しみを堪能。

カフェやレストランなどに、オーガニックという冠がつくと、なんだかメニューなどにもウンチクや講釈などがあって、主張が強すぎて、居心地の悪そうなイメージがあったのですが、こちらは、インテリアや空間の雰囲気も、行きすぎていない感じがバランスいいです。

表現が難しいですが、無理矢理自然を意識しようという強い感じではなく、自然に自然を感じようという、やわらかい感じが、心地よいのです。

土曜日のお昼、光が降り注ぐ中庭では、パパと制服を着た女子高生の娘さんが食事をしていました。今どきのギャル語ではなく、おだやかな口調。可愛らしい小さな犬を連れていたのは、実はこの親子で、まるで三井のリハウスのCMにでも出てきそうな、幸せそうな光景でした。

住宅街の中のカフェだからこその、1シーンだったのかもしれません。

※カフェの運営は、vivodailystand小竹向原店に

■サイマーケット
■東京都板橋区小茂根1-9-5
■営業
カフェ:11:00~22:00(LO)
雑貨:11:00~20:00
■定休日:水曜
場所はこのへん
お店の公式サイト

自転車で23区カフェ制覇の旅…ただ今、4/23区。

地図

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ