多摩湖サイクリング

サイクリング

これまで一人のツーリングが多かったのですが、
今回初めて集団でのサイクリングに出かけてみました。
男子3人、女子3人という組み合わせ。
今年の流行語大賞にノミネートされた言葉に、ゴルコンという言葉があり、
一緒にゴルフのコースに出るコンパみたいな物がありますが、
ならばこっちはサイコンでしょうか?

ちなみ自転車用語でサイコンといえばサイクルコンピュータの事で、
その日の平均時速や距離を測る物。
しかも漢字にすると「再婚」ともなり、あまりいい感じではない。
かと言ってツーリングコンパを略すと「ツーコン」で「痛恨」に通じるし、
となるとチャリコン?
でも「離婚」って文字が隠し絵のように入ってるし、これもダメだ。
何がいいんでしょう?教えてセンスのいい人!

まあ、ともかく男女3対3で出かけた訳です。

それぞれ新しい自転車は買ったけど、
そんなにまだ遠出はしていないという事で、
地理上、遠くまで行ったイメージがあり、
非日常体験が味わえるスポットとして選んだのが、今回の目的地多摩湖です。

練馬の江古田からは、裏道等も併用すれば、
ほぼ車の来ないサイクリングロード状態のコースを組むことが出来ます。

今回選んだのは、
千川通り〜千川上水沿いの通り〜五日市街道〜多摩湖サイクリングロード
というコース。

写真の五日市街道では、けやきの落ち葉がハラハラと舞ってきて、
非常に優雅な気分。
しかも交通量が少ない。

さらに多摩湖サイクリングロードに入れば車はなし。
口々に走るのが楽しいと言って頂けました。
サイクリングの疲れって、距離ではなく、
自動車に対する精神的なプレッシャーである事がわかってもらえたと思います。
楽しく走れる道を見つければ、自転車はどんどん遠くまで行けるのです。

小平ふるさと村

てな訳で最初に到着したのは、多摩湖サイクリングロード沿いにある
小平ふるさと村。
古い農家や古民家を移築した公園です。

うどん屋

ここでは、土日限定で古農家を利用した、うどん屋さんが出現します。
「むさしの糧うどん」というのは北多摩地区の郷土料理で、
調布などが蕎麦が名物なのに対し、
この周辺では昔からうどんが食べられてきました。
ハレの日には、食卓にうどんが並べられます。
最近でこそ廃れてきたけど、その文化を残そうというのが、
この、ふるさと村での活動です。

実はサイクリングロードを走っていると、ここのちょっと前に、
丸亀うどんのお店が行列を作っているのが見えるのですが、
内心、「多摩まで来たら糧うどんだろ」と、ほくそ笑んでしまいます。

土日限定で、しかも50食限定なので、すぐに売り切れに。
この日も12時15分ぐらいでしたが、残り10食ぐらいで、ギリギリセーフ。
食券を買った後に、旗とか暖簾とか片付け始めましたしね。

いろり

食事は、古い農家の建物を移築して保存している中で頂けます。
これがまた風情があっていいではないですか。

うどんは他の小屋で作っていて、ここまで岡持で運ばれるのですが、
おかもちが到着するなり、うちのテーブルから「いい香り」と声があがります。
どんだけあんたら鼻がいいんだ。
そして食い意地がはっているんだ。

座敷

普段はここでの食事は禁止なので、土日限定の体験です。

むさしの糧うどん

小平糧うどんは、JAの協力などを得て小平の地粉を使って打たれます。
冷たい盛りうどんを温かいつゆで頂くもので、
つゆの中には刻み揚げが入っていて、
それに、ほうれん草、大根、ネギなどをお好みでプラスしていきます。
醤油の代わりに、つゆにつけて食べるという食べ方でもOK。

太めで、何故か「いったんもめん」のような切れ端が
全員のうどんに入っていました。
という事は失敗作ではなく、何かのおまじないって事ですね。
聞けば良かった。

竹馬

広場には子供達に昔の遊びを教えるための遊具があるのですが、
その遊具で盛り上がる、昔の人達です。
竹馬に子供用って書いてあるやん、乗ったらダメだって。

小平ポスト

再びサイクリングに戻り、小平駅前の巨大ポストを見に行く事に。
大きさをわかりやすくする為に、一番身長の低いメンバーに並んでもらいました。

多摩湖

サイクリングロードをひたすら真っ直ぐ進み、
最後に坂を登り切ると、多摩湖に到着。
行きは、ゆっくりゆっくり寄り道しながら行ったので、
皆、「こんなに楽勝だったとは…」との感想。

やった事のない人って「絶対無理」って言うんだけど、
やるとこんな風に、意外と楽に行けちゃうものなんです。

愛車

今回の皆の愛車。
ビアンキ、ルイガノ、ジオス、ジャイアント、トーキョーバイク、ブロンプトン。

サイクリングロード

せっかくここまで来たら、多摩湖を一周しようという事に。
メンバーには西武ファンもいるので、まずは聖地・西武ドームを目指しました。

西武ドーム

湖の周り四分の1ぐらい走った所に西武ドームがあります。
中を覗きに行かなかったけど、ノックの音などが聞こえるので、
きっと選手達が自主連しているのでしょう。

多摩湖

湖全体を望む、見晴台。

紅葉

さらに紅葉の中を進んで行きます。
このグラデーションが見事!
綺麗な物を綺麗と感じる心が残っていて良かった。
サイクリングではこういう風景を発見出来る力も養えるのです。

多摩湖

最後は、サイクリングロードから外れて寄り道し、土手の下へ。
ここへ行く道は、多くの人が見逃している所にひっそりとあります。
だから超穴場で、みんなに見せてあげたかったのです。

自転車でここまで来たご褒美にピッタリの風景だと思うのです。

石神井公園にも糧うどんが食べられる所があるので、
次回はママチャリで行く石神井公園でも良いし、
クロスバイクで行く調布深大寺そばツアーでもいい、
また何かやりましょう。皆様。

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


マンモスコーヒー(上石神井)

地図

道路には、たまに罰金ホイホイが仕掛けられている事があります。
千川通りでは、上井草と上石神井の間の踏切をわたる所が、そのポイント。
こうして地図を見てみると、普通の一本道のように思えますが…。

標識

実は、踏切の前にはこんな標識があります。
7時から20時の間は、踏切を渡った所は右折禁止となっているのです。
あの右折禁止になっている方向が、千川通りの続きなのです。
地図では、1本道に見えますが…。

踏切

踏切の所にも右折禁止のお知らせがあり、
千川通り方面に行く事は出来ない事が書かれています。

踏切

さらに「7時〜20時まで直進」の標識があるように、
タクシーが出てきた右への道は行けない事になっています。
あっちが千川通りの続きなんですが、車は真っ直ぐにしか行けないのです。

白バイ

ところが…
「え?千川通りをまっすぐ行くつもりだったのに…」と、パニックになったのか、
まっすぐ行けるものだと思い込み標識を見逃したのか、
右折したポイントの所では、いつも違反切符を切られている車がいます。
白バイも曲がった所で、手ぐすねを引いて待ち構えているので、誤魔化せません。

この踏切を渡った所は罰金ホイホイになっているので、お車の方は気をつけて。
自転車は横断歩道を渡ればいいので、問題ありませんが。

写真検証しておわかりのように、これだけの標識がありつつ、
右折禁止をしてしまう車が後を絶たないのは、
「千川通り」という思い込みもありますが、
動体視力と標識が合っていないのではないかと思ったりするのです。
もし、途中から環七一方通行とかあったら、
多くのドライバーが罰金ホイホイにかかるハズ。
だって真っ直ぐいけると思い込んでるから。
これもそんな錯覚を利用した、罰金ホイホイだと思うのです。

本当に安全を考えているなら、最初の標識の前に、
もう一枚、右折禁止の標識作るよね。
罰金部隊を常駐する前に。

マンモスコーヒー

てな感じで千川通り突き当たりの青梅街道まで出て、
荻窪方面に30メートルぐらい行った所にあるのが、
街道沿いのカフェ、マンモスコーヒー。
杉並区の境とギリギリの所にあるのですが、一応練馬区。
カフェの他に、焙煎した珈琲豆を売っていて、
見ていると、結構、珈琲豆だけのお客さんも多いみたいです。

青梅街道

窓から青梅街道の散りゆくケヤキ並木を見ながら、秋の深まりを感じ、
少し感傷的なムードにひたってみたり…。

チーズケーキ

この日のオススメコーヒーはケニアで450円。
チーズケーキは380円。
ケニアを飲むのは正直初めてだったのですが酸味がありますがフルーティー。
苦みというより爽やかさが強調された感じで、わりと好きなタイプかも。
他のお店でも探して試してみたいと思いました。
まだ利き珈琲が出来るほど舌が鍛えられていないのですが、
これは覚えておきたい味です。

甘さ控えめのチーズケーキとも合う。
また来よう。

■マンモスコーヒー
■東京都練馬区関町南2-5-15
■営業:10:00~18:30
■定休日:月曜(祝日の場合は翌火)
場所はこのへん

善福寺公園

コーヒーを頂いた後は、自転車でお散歩。
このすぐ近くにあるのが善福寺公園。
井の頭公園や石神井公園ほど知名度はありませんが、
自然豊かで実にいい公園です。

紅葉

今の時期は紅葉も見事!
この彩りが美しい!

公園ののんびりとした穏やかな雰囲気を味わって欲しくて、ムービーを撮ってみました。
コーヒーでも飲みながら、脱力タイムしてください。

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ