喫茶・蔵(北千住)

標識

自転車で23区のカフェ制覇の旅。
今回は足立区を制覇するために東へと向かいました。
なんだか国盗り物語みたいになってきましたね。

練馬区からは、春日通りを経由して、本郷方面へ。
ここまで、本郷の喫茶ルオーに向かった時の道順とほぼ同じ。
以前は、ここを左折しましたが、今回は直進です。

湯島天神

しばらく行くと湯島天神が右手に見えてきます。
梅の名所だからその時期に梅見に来るのもいいかも。
でも梅の時期は、さすがに寒いのかな。

上野駅

そのまま道なりに進むと、上野広小路から上野駅方面へ。

この界隈にも歴史のある喫茶店とかありそうですね。
この辺でもいいかなあ…と妥協しそうになったのですが、
当初の目的を果たすべく、さらに東へ。
上野のバイク街を通り、昭和通りを進んでいきます。

入谷

入谷では、朝顔市の準備が進められていました。
同時に七夕祭りも行われていて、昼から屋台を出して飲んでいる人がいてそそられましたが、
飲酒運転になるので、チャリカフェではアルコールは禁止。
我慢、我慢…です。

その代わり、ペットボトルの水をごくり。
自転車の旅では水分補給は必須。
そのうち、水筒も付けちゃおうかな。

千住大橋

南千住を越えると、千住大橋が見えてきます。
ここで、隅田川を越えれば、目的地の北千住。

隅田川は、南千住で大きくカーブして浅草方面へと流れていきます。

橋と平行して水道管か何かが渡されているので、川の風景が見えにくいのが残念。
でも、渡りきるあたりで、橋のたもとに小さな公園風のものがあるのが見えました。
で、降りてみることに。

橋の下

橋の下をくぐるための、小さなが橋が架けられています。
実は、2重に橋が架けられているんですね。

隅田川

その小さな橋を渡って反対側に出てみれば、隅田川の風景が広がります。
こちらが浅草方面。
向こう側に見えるのはJR常磐線の鉄橋です。
何故わかったかというと、スーパーひたちが走り去って行ったから。
鉄道の車両の色なども、路線によって違うので、
場所を特定する重要な手がかりとなるのです。

御上がり場

堤防の方を振り返ると「千住大橋際御上がり場」という立て看板がありました。
それと一緒に江戸時代の絵が描かれています。
江戸時代、将軍が鷹狩りに出かけるときに、ここで船を降り上陸したという場所だそうです。

おくのほそ道

橋の上流側には、松尾芭蕉の絵と「おくのほそ道」の一説が描かれています。
実はここ、芭蕉の旅が始まった場所なのです。
(注)ダジャレじゃありません。

行程図

さらに堤防をあがると小さな公園があり、「おくのほそ道」の行程図が描かれいます。

自転車で23区の旅というのも大冒険のような気がしていましたが、
自転車はおろか、車も電車もない中、自分の足でこの距離を旅するなんて…。
今の時代からすると、昔の旅人は全員冒険家ですね。

それに引き替え、電車もあるのに、駅の階段ぐらいで文句を言う現代人。
自分の身体能力のほとんどを、使っていないのではないでしょうか?

東京芸大

橋を渡れば、そこは北千住。

駅方面に向かうと東京芸大のキャンパスがありました。
東京芸大は、上野、取手、横浜の他に千住キャンパスがあり、
千住は、大学院音楽研究科音楽文化学専攻の一部と、音楽学部音楽環境創造科があるそうです。
何を勉強するのか、さっぱりわかりませんが…。

喫茶・蔵

駅近くの入り組んだ細い細い路地を入ると、お目当てのお店がありました。
「喫茶・蔵」。
大蔵屋質店の文字が見えますが、こちらは質屋さんの蔵を改装した喫茶店なのです。

案内図

北千住の名物の一つとなっているらしく、観光案内的な立て看板があり、
蔵の説明が描かれています。
千住はかつて宿場町だったので、質屋さんに限らず、蔵を持つお店が多かったそうです。

蔵の中

店内は、店舗部分にカウンターがあり、蔵の中にテーブル席が設置されています。
金庫のような扉の所から、中に入ります。
4人席が4つぐらいあったでしょうか。
内部は板張りになっていて、アンティーク風の家具でイメージが統一されていました。

アンティーク

質屋さん時代に使われていたのか、それとも集められたのか、
古い扇風機や計算機と思われる物や、壁掛けの古い電話などもありました。

ホントサンド

ホットサンドのセットは、2種類のサンドイッチと、コーヒーがついて850円。
このお店的には、ホットサンドではなく「ヤキサンド」と言うらしいです。

アンティークのイメージのお店なんですが、気取ったお店ではなく、
おばさんとお婆ちゃんがやっているせいか、暖かみを感じます。
地元以外の人にも有名なお店ですが、やはり地元密着しているらしく、
仕事や家事の合間に一息入れに来るお客さんが中心。
そんな地元感もいい味をだしているのかもしれません。

お会計をすると、お婆ちゃん手作りの綺麗な楊枝入れに入ったつまようじが
お土産で頂けます。
何気ないのだけど、なんかこういうの頂くと、あたたかい気持ちになります。
年を重ねた人は、その長い旅の中で身につけた、見えない何かを放っている気がします。

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」

■喫茶・蔵
■東京都足立区千住1-34-10
■営業:10:00~18:00
■定休日:日曜・祝日
場所はこのへん

今回のルート

自転車で23区カフェ制覇の旅…ただ今、11/23区。

地図

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


チチカフェ(二子玉川)

水道道路

高円寺から世田谷に向かって、斜めに真っ直ぐ走る道があります。
東京都道428号高円寺砧浄水場線。
通称、水道道路。
大正時代から昭和中期にかけ、多摩川の水を砧から野方経由で、大谷口まで送るため
地下に埋められた水道管があり、その上を走るのが、水道道路です。

自転車乗りなら覚えておいた方がいいよとアドバイスされたこの道。
青梅街道と環七の交差点から、すぐ近くのここが入り口です。

正直申してクロスバイクは、まだ初心者。
お尻の痛みがやっとおさまりつつある程度の、ケツの青い自転車乗りです。
いろんなアドバイスがホントに助かります。

水道道路2

ごらんのように、どこまでも真っ直ぐな道が続いています。

井の頭線

永福町のあたりで、井の頭線とクロス。

環八

環八など大きな通りを渡る時、渡れる信号の所まで迂回するので
続きがどこだかわからなくなるのですが、そんな時に、確認するのがこの方法。

看板

この道は、水道管を守るために4トン以上の車は通ることが出来ず、
道の入り口付近には、こんな看板が立てられているので、
路地を覗いて、これがあったら正解です。

ポール

さらに、車の車幅を制限するために、こんなポールも立てられています。
…という訳で、大きな車が通らないので、自転車にとって優しい道。
自転車乗りなら覚えておいた方がいいという意味がわかりました。

ちなみに正面に見えている高架は小田急線で、祖師ヶ谷大蔵付近です。

野川

こちらは多摩川の支流でもある野川。
国分寺あたりからはじまり、二子玉川の鉄橋の下あたりで多摩川に合流します。
橋の名前は「水道橋」。
欄干の外に、青い水道のパイプが走っているのがわかりますでしょうか?
水道管を、川をまたいで渡す為の橋なのです。

ちなみに、東京ドーム近くの水道橋は、神田上水を渡す為の橋だそうです。

車で走ってたらこんな事も知ろうとしなかったのでしょうが、
人力で必死になって来ただけあって、元をと取ろうと色々観察、
そして家に帰ってから気になる事を調べたり。
これが自転車旅のいい所なんでしょうね。

多摩堤通り

荒玉水道道路から多摩堤通りへ。
その名が示すとおり、多摩川沿いの道路。
こうなると、二子玉川も射程圏内です。

野川

先ほどの野川に再び合流し、川沿いの遊歩道を走ります。
この日は灼熱の真夏日。
正面に見える二子玉川の高層ビル群が、砂漠のオアシスのように浮かんで見えます。

あともう少し…。あともう少し…。
ラクダに乗った旅人達も、きっと同じような気持ちになったんでしょうねえ。

チチカフェ

そしてたどり着いたのが、二子玉川。
駅は「ふたこたまがわ」だけど、地名の由来となった対岸の二子は「ふたご」。
ここにあった渡し船は「ふたごのわたし」と呼ばれていたそうです。

細川たかしさんの歌で有名な、江戸川の「矢切の渡し」も、
地名は「やきり」なのだけど、バス停などは「やぎり」で、歌も「やぎり」と歌っています。

地元の江古田も駅は「えこだ」だけど地名は「えごた」。
色々とややこしいですね。

高層ビルの麓に位置するのが「チチカフェ」です。
高級住宅地の中にある、テラスのあるカフェなのですが、
もう汗だくだったので、テラスが空いてて良かったー。
だらだらの汗で室内に入っていくのは、しのびなかったもので。

※この時訪れた後に、サイクリストが増えたせいか、バイクラックも設置されました。

和風ドライカレー

頂いたのは和風ドライカレー。1000円。
隠し味に味噌を使ったカレーで、こちらの人気メニュー。
和風というだけあって、味噌がスパイスの尖った部分を消してくれ、
マイルドというか、優しい味に。
半熟の目玉焼きを崩しながら食べれば、さらにマイルドに。

ルーの中にはクルミが散りばめられているのですが、
ナッツ系でありながら、和風の香りがします。
東北とかの山里にいくとクルミの料理などもあったりするのですが、
そんな田舎の風景を思い出させてくれる味です。

アイスコーヒー

ランチメニューには、200円プラスでアイスコーヒーなど、
ソフトドリンクをつける事も出来ました。

ところで、正面に並ぶ白い物は、工事用の目隠し。
本来なら、あそこに河原の風景が見えるハズなのです。

工事中なのを知らずに、練馬から自転車で来た事を告げると、
他の河原が見えるカフェも親切に教えてくれました。
そんなつもりではなかったのですが…。
本来であれば、河原に吹いているであろう風を感じながら、しばし休憩。
川が見えなくても十分に気持ちいいのだから、
見えたらもっと素敵なんでしょうねえ。

■CHICHICAFE(チチカフェ)
■東京都世田谷区多摩川1-2-8
■営業:11:00~22:00(L.O)
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のサイト

堤防

そういえば、昔テレビ番組で見た事を思い出しました。
この二子玉川に堤防を作る事になった時、反対したのは川沿いに立つ料亭。
その河原を借景としてお店を作っているので、景色も売り物の一つ。
だから、例え洪水で沈んでもいいから堤防を作る事には反対したと。
なので、お店の背の方に堤防があるのでした。

そういう経緯があるのにまた内側にも堤防を作ろうとしているので、反対運動が起き中断。
そのために、景色も見えないし、堤防も見えないという
躊躇半端な状態が続いているとの事です。

河原

お店の人に教わって、自転車で河原へ降りられる場所へ。
お店の前から、こういう風景が見られなくなるというのは、
やはり大きな損失ですね。

帰りは246から環七を経由して帰宅。
正直こういう幹線道路を使った方が、時間がかからないのですが、
自転車で走っていても一つも面白くありません。
効率を追求して作った道沿いは、同じようなお店が並び、同じような風景が続きます。

かつてはコンビニのようなPOSシステムが効率的と重宝されましたが、
結果、金太郎飴的な商品が並び、個性が埋没し、
人力で個性の違いを出す時代になってきました。

自転車で旅をしながら、効率重視の街作りというのも、
そろそろ時代遅れになって来ているのでは?と、ふと思いました。

今回のルート。

 

自転車で23区カフェ制覇の旅…ただ今、10/23区。

地図

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ