ボンナ(本郷三丁目)

ボンナ

今流行りのカフェに共通するキーワードは「ミッドセンチュリー」。
ミッドセンチュリーとは直訳すると世紀の半ばで、
20世紀の半ば、1940年代から60年に作られた家具の事。
当時作られた物は、長い間使えるロングライフデザインな物が多く、
レトロな雰囲気を醸し出しながら、非常にシンプルで機能的な物が多いのが特徴です。

レトロモダンなんて呼ばれる事もあったりするのですが、
東京大学の目の前にある「ボンナ」も、そんな言葉の似合うお店です。

ボンナとはラテン語で「知性」。
やはり東大前のお店って感じですね。

ステッカー

本郷界隈は、古い歴史をもつ喫茶店が多いのですが、
こちらも、倉本聰さんが東大時代に通ったとか、
丹下健三さんや、黒川紀章さんも通ったとか、
大御所達が学生時代に通ったといわれるだけあって、歴史は長いハズなのに、
窓にはフリーでWi-Fiを使える事を知らせるステッカーが貼られていたりして、
パソコンやiphoneなどを使う人達にとって嬉しいお店だったりします。
古さと新しさが、何事もなかったかのように共存しているのです。

店内

店内もミッドセンチュリーな感じ。

カフェの定番でソファーであるカリモクは、
ナガオカケンメイさんが見いだすまでは、
自衛隊や中小企業の応接室からしか注文のない、古いイメージの家具だったのですが、
60年代にデザインされた物にスポットをあてる「60VISION」で注目されてからは
レトロ風味でありながら変わらぬデザインを持つこれらの物が、オシャレという
新しい価値観に。

そんなナガオカケンメイさんの考えにのったお店が多いのですが、
こちらは、そんなブームが起きる前からこんな感じで作られ、
お店自体がミッドセンチュリー。

なんか横浜のニューグラウンドホテルとか、お茶の水の山の上ホテルとか、
そんなクラシックホテルにありそうなラウンジです。

店内

そのせいか、この付近の歴史ある喫茶店は年配客が多いのに対し、
こちらのボンナは若いカップルや女性客が多かったりもします。

コーヒー

コーヒーは350円。

平日のお昼ぐらいは、東大関係者やビジネスマンなどで混み合うらしいのですが、
行ったのは土曜日だったので、ゆったりとした空気が流れていました。
ソファーに身を任せて、のんびりと。

民芸品

かなりインテリアにはこだわって作られたお店なのに、
なぜか店内には、どこの国かわからないような、不思議なデザインの民芸品が。
店内と民芸品は、木の質感としては統一感はあるのですが、
デザイン的には、ミスマッチという感じ。

聞いてみると「家内の趣味なんで、どこの物かわからないです」…と。

うちでも実家を建て直した時に、父親がサイドボードを作ったのですが、
たぶん洋酒などを並べるつもりであったろう場所に、
お婆ちゃんや母親の作った手芸品が並べられ、
オシャレになるハズだったインテリアが、一瞬にして田舎の家に。
その時に、父親がなんとなくムッとしていたような気がします。

これだけ先見の明とセンスのあるご主人ですから、
インテリアには人一倍こだわりはあったでしょうが、
その中に奥様の民芸品を並べるという所に、器の大きさと愛を感じます。

そう、愛が漂う喫茶店なのです。

■ボンナ
■東京都文京区本郷6-17-8
■営業:9:00〜19:00
■定休日:日、祝
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


ぼくたちと駐在さんの700日戦争

イタズラが大好きな高校生7人組と、
彼らの悪巧みに真っ向から対抗しようとする駐在さんの攻防を
コミカルに描いた作品。

これぞ自転車映画だと思います。
レースもマシンも関係ない。
主役はママチャリだ。
自分たちのイタズラと楽しみの為に、ただひたすらペダルを漕ぐだけ。

鉄道ヲタクと言っても、乗り鉄だの、撮り鉄だの、いろいろジャンル分けされるように
自転車好きも、大きく分けると、自転車に乗ること自体が趣味の人と、
何かを楽しむ為に自転車に乗る人の2つに分かれます。
チャリカフェは、完全に後者。

なので、市原隼人さんが、ひたすらママチャリを漕ぐ姿。
その楽しさがよくわかります。

単なるイタズラ合戦の意味のないギャグマンガのような映画だけど、それがいい!
下手に意味など持たそうとしないでくれて良かった。
青春とは、こんなにもバカな物なのだ。
だからひたすら、シンプルでスカっとしていて気持ちがいいのです。

アメリカにはこういう映画が多いのだけど、日本では、あまり当たりません。
というか、公開までこぎ着けられない物が多い。
スティーヴ・マーティン物とか大好きなんだけど、
DVDになるまで見られない物が多いもんなあ。

そんな日本で、こういうおバカ映画が当たった事を嬉しく思います。

それにしても佐々木蔵之介は演技が上手い。
素晴らしい!パチパチ!

彼らのように、ペダルを漕いでいる事さえ忘れるぐらい、
楽しく自転車に乗れていたのは、遠い昔の事だ。

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ