モカ(江古田)

モカ

コメダ珈琲のシロノワールプタリカフェのミタイナンと連続で、
デニッシュやナンなど焼いた物の上にアイスクリームが乗ってるメニューを紹介したら、
「地元の江古田にもあるじゃない!」とのご指摘が。

ああ!思い出した!そういえば聞いた事ある!
…まだ食べた事無いけど。

そんなメニューがあるというのが、江古田北口の音大通りにある「モカ」。

メニュー

以前来た時は、Cのピザトーストを食べているのですが、
今回、チャレンジする事にしたのは、Bのホットサンド。

店内

1階は6席ぐらいのカウンターで、常連のおじ様、おば様の指定席という感じですが、
2階は、音大生達の隠れ家であり、憩いの場。
注文を取りに来てくれるアルバイトのコも歴代音大生。

さて「Bのホットサンド」ですが、
これにある呪文を加えないと、お目当てのアイスサンドは出てきません。

その呪文というのは「ハーフ」。

不安な人は「アイスが挟んであるの何でしたっけ?」と聞くと
「Bセットのハーフです」と教えてくれるので、ご安心なく。
素直に聞きましょう。

Bセットハーフ

そしてこちらが「Bのホットサンドハーフ」610円。
コーヒーとサラダ、そしてレモン色のはデザートのゼリー。
これだけついて610円ですよ。
しかも、ポテトサラダは最初から大盛り!
こんな江古田に慣れちゃうと、他に行くと高く感じちゃいます。

ホットサンドのハーフですが、
上がアイスクリームサンドで、下がチーズサンド。
ハーフにしないと、チーズサンド2枚になります。

食べる順番のオススメとしては、まずはアイスサンドを頂きます。
ホットサンドに挟んであるので、皿に溶け出すのですが、
それに、チーズフォンデュのように浸してからめながら食べるといいでしょう。

しかし、こうして味わうと喫茶メニューも奥が深いですね。
鶯谷「デン」の食パンをくり抜いた「グラパン」とか、
谷中「カヤバ珈琲」の「ゆで玉子」じゃなく「玉子焼き」の「タマゴサンド」とか、
そういう懐かし系のサンドイッチも食べたくなってきます。

こうして回ってみてわかりました。
コメダコーヒーのシロノワールやサンド類は、そういう懐かしの味なんですね。
なるほど。

ところで…。
これを食べようと店に向かっていたら、このブログを読んでる地元女子にバッタリ。
アイスが乗っかってるシリーズで、江古田にもある事を思い出して…と言うと、
「モカのBセットハーフ!」

さすが!知ってる!
江古田ちゃんたちは、江古田愛が強いのです。

■モカ
■東京都練馬区栄町39-5
■営業:9:00~19:00
■定休日:日曜
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


プタリカフェ(池袋)

プタリカフェ

いろんな偶然が重なる事があります。
それが運命なのか、導きなのかわからないけれど、
デジャヴのような光景が広がり、不思議な感覚につつまれる事があるのです。

とは言っても、スピリチュアルでもサイコでもなく、
よく考えればたいした事のない、とってもとっても小さな偶然の連続。
その連続の一つに、このお店も組み込まれていました。
池袋の東口にある「プタリカフェ」。

店内

ネパール料理のお店で、本格的なカレーが食べられるお店なのですが、
お店はアンティークな小物を旨く取り入れた、オシャレなカフェという感じ。

インテリアはお手洗いの蛇口なども真鍮のような感じで渋いし、
レジや小物もシンプルで、オシャレ。
どうやら、いろいろとこだわりがあるようです。

全員ネパール人なのだけど、ホール係の人はラテン系かというぐらい人なつこく
いろいろと話しかけてきます。

ところで話は戻って、例の偶然が連続したという出来事。
話は金曜日に遡ります。
仕事終わりで、2枚のDVDをレンタルして帰宅しました。
一つは、今村昌平監督の「カンゾー先生」

実は、映画賞を獲ったような有名な作品でも見逃している物が多く、
コツコツ見直しているのですが、こちらは第22回の日本アカデミー賞で、
最優秀主演男優賞、最優秀助演女優賞、新人俳優賞を受賞した作品。

雑誌

で、観終わった後、気分転換に近所に散歩に出かけ、
古本屋さんで、何気に手に取ったのがこの本でした。
背表紙に大きく書かれていた
「対談!ビートたけし、松尾スズキ」
というタイトルが気になったからです。

そして、立ち読みでペラっとめくったのですが、開かれた所の記事は、
麻生久美子の対談のページで、ちょうど「カンゾー先生に」出た経緯を話してる所。
あ…ちなみに日本アカデミー賞で、
最優秀助演女優賞と新人俳優賞のW受賞しているのは、麻生久美子さんです。

本棚に入っていたので、表紙の麻生久美子という文字は見ずに、
そのページを開いたのに、
たった今観ていた映画の話が、開いたページの一発目に出てきてビックリ!
新作でもないのに。

これは運命だと、この購入する事にしたのです。
本人的には、もの凄く興奮したのですが、わかりますかねえ…この感じ。

で、翌日の土曜日は、前の記事に書いた通り、コメダ珈琲にいっている訳ですが、
さらにその翌日の、日曜日、
「そういえば、あの本を読んでなかった」とカフェに出かける事にしたのです。
それがこのお店。

ちょっと遅いランチぐらいのつもりでいたので、カレーでも良かったのですが、
なにげなく裏返して見たら、目に飛び込んで来たのが、こちらのメニュー!

メニュー

2番目の「ミタイナン」にご注目!
「焼きたてのナンにアイスクリームを乗せました」。

ちょっと待てよ!
昨日、コメダ珈琲店で、何を注文していいかわからずツイッターでSOSを求め、
アドバイスを受けて注文したのが名物の「シロノワール」
焼いた温かいデニッシュの上にソフトクリームが乗ったメニューでした。

それについて、変わった食べ物だなあ…とか昨日言ってたのに、
今日は、焼きたてのナンの上にアイスが乗ってる!?
この時期「冷やし中華はじめました」の連続遭遇なら珍しくないですが、
2日連続で、名物メニューが「アイスクリーム on the 焼き物」ですよ!
これ、普通連続する?

しかも、14時〜16時のティータイム、2時間しか出さない裏メニューなんだって。
14時半ぐらいに行ったので、たまたま遭遇出来たのです。
もう、これは頼むしかないでしょ。

ミタイナン

名古屋名物がシロノワールなら、ネパール名物はミタイナン。550円。
しかもドリンク付きなので、ラッシーをチョイス。

おしゃべり好きの店員さんに聞いてみたのですが、
「ミタイ」というのはネパール語で「甘い」という意味で、
デザート風にしたナンの事。

ナンってカレーにしか合わないでしょ!
…と思ったいたのは、想像力の貧困さで、実は意外に合うのですよコレが!
焼きたてのナンのサクっとした食感と香ばしさは、
アイスクリームについているウエハースを想像してもらえば、ちょいと近い。
そして、アイスでちょとしっとりとしたナンと、
バターとアイスクリームの甘みが混じった感じは、クレープに通じる物もある。

もちろん、全く同じってな訳じゃないですが、でも、自分は美味しいと思いました。

話し好きの店員さんが「ドウ?ドウデスカ?」って覗き込むから、
「美味しい!」って言ったら、
「そうでしょ!うちはゼンブ手づくり!ニホンゴで何って言うの?ノン・ケミカルよ!」

オーガニックとかマクロビオテックっていうよりは、
ラーメン用語なんかでもいう「無化調」でしょね。
化学調味料を使っていないという意味の。

ところで、その「ノンケミカル」という言葉にもドキっとしました。

自分が担当する、今週の金曜日朝の番組で、
ハワイから来た女性のモデルさんが、こんな風な事を言ってたから。

「日本人は、自分が食べてる物に何が入っているのか無関心すぎる。
 ニュースになった時だけ大騒ぎするけど、
 普段食べてる物のパッケージの原材料には、名前も知らない物質だらけ。
 だから私は、インスタントは絶対買わない。
 ノンケミカル!」

まさかのノンケミカルだぶり。
この3日間に、いろんな事が重なったけど、そこから始まってたのかなあ…?

とか思いをめぐらせつつ、この微妙に世界が繋がってる感じ
「アヒルと鴨のコインロッカー」とか
「フィッシュストーリー」とか
伊坂幸太郎の映画のストーリーみたいだなあ…と思っていたら、
「カンゾー先生」の他にもう一作借りていたのが、
伊坂幸太郎の「重力ピエロ」だった事を思い出した。
またしても…。
ジャン!ジャン!

なんだか、一人で興奮して、訳わかんない事、熱弁してすいません。
つー訳で、今から「重力ピエロ」観ます。

■Putali Cafe (プタリカフェ)
■東京都豊島区東池袋2-50-1 加藤第七ビル 1F
■営業:
11:00~16:00(ランチ)
14:00〜16:00(ティータイム)
17:00~23:00(ディナー)
■定休日:不定休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ