純喫茶磯辺

地元、江古田の喫茶店「ぶな」は、本棚に色んな本が並んでいるのですが、
それに混じって、マスターがコーヒー関連の新聞記事を集めた
スクラップブックも並んでいます。
そこで見つけたのが、この「純喫茶磯辺」のレビュー。

名前とパッケージはレンタルビデオ店で見ていたのですが、
いかにもB級っぽいパッケージと、
ダメオヤジが思いつきで喫茶店をはじめ、そこに不器用な人間が集まる
…というエピソードが、よくあるバグダットカフェ焼き直し作品のようで、
どうも食指が伸びませんでした。

ところが、そのレビューでは、あの「深夜特急」の沢木耕太郎さんが、
この映画を絶賛していたのです。
これはあの「シェーン」の流れを汲む映画だとまで言い切っています。

「ホントかあ?」
と思いつつ、無性に見たくなり喫茶店の帰りにすぐさまレンタル。
そして見始めました。

最初は「やっぱりB級な映画じゃん」と少しガッカリしていたのですが、
見ているウチに、だんだん面白くなって来ました。

まず、仲里依紗ちゃんの女子高生役が非常にリアル。
ドラマに出てくる女子高生というよりは、
団地に住み、ちょっと疲れた生活感というか、少し貧乏くさい匂いまでする女の子で
演じているというより、なんかそのまんまこういうコいるよなという感じなのです。
最近の彼女は、特殊な役が多かったから、そう思えたのかもしれませんが。

宮迫博之さん演じるお父さんや、バイトのウエイトレスを演じる麻生久美子さんなど、
他の出演者は、マンガ並にデフォルメされていてるのですが、
仲里依紗ちゃん演じるリアルな女子高との対比が効果的で、
より他のキャラクターの変な色を強くしています。
この手法、ちょっと勉強になりました。

変なキャラ達は、デフォルメされているけど、
これをリアルに戻したら「いる!いる!」というキャラ。

カフェめぐりをしていても、あんな人達には、お目にかからないですけれど、
お酒を飲みに行くと、麻生久美子さん演じるイラっとくる女性や、
喫茶店に集まる、人との距離感のわからないお客さん達などは、リアルに見かけます。
酔っぱらって、隠していたその人のキャラがデフォルメされているからなんでしょうね。
それを劇中では、マンガチックに描いていて、そのB級具合がいい味に。
まあ実際の江古田の飲み屋には、この映画の登場人物達が薄くなるぐらいの
強烈な濃いキャラが沢山いるのだけど、それを見てるからリアルと感じる事が出来たのかも。

実はストーリーも、宝くじが当たって喫茶店を始めた人の実話をヒントに作ったもの。
憧れだけでカフェをはじめてしまう人に置き換えると、さらにわかりやすいかも。

だから、全体的にマンガチックでありながら、どこかリアル。
ストーリー自体は大きなドラマがある訳でも、
最後にどんでん返しがある訳でもないのだけど、
ジワジワと面白さがこみ上げ来ました。

あと個人的には、途中喫茶店をオープンさせる時に現れた看板屋さんが
自分の知り合いで、笑った。

ロケ地となったのは、小田急線の和泉多摩川の商店街なので、
川沿いのシーンは多摩川ってブログに書いている人が多いのですが、
あちこちサイクリングしている自分としては見逃しませんでした。
宮迫さんが自転車に乗っているシーンは、荒川サイクリングロードです!
こうして自分の目で見ていると、一瞬でもパっとわかるものなんですね。
…というか、あのサイクリングロードを走った事のある人なら、すぐわかります。

最初は期待してなかったんだけど、
いろんな要素が積み重なって、最終的には好きな1本となったこの作品。
あまり何も考えずに、お酒でも飲みながらボーっと見て欲しい映画です。

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


ぶな(江古田)

ぶな

喫茶店には、ゆっくりとした時間が流れている。
…というイメージは刷り込みでしょうか?
映画でもドラマでもマンガでも、出てくるのは、
だいたいマスターがヒマそうにしているお店。
そしてお客もヒマそうにしています。
忙しい喫茶店が出てきたという記憶にありません。
(見逃してるだけか?)
だから、1杯のコーヒーで、のんびりとした時間を過ごす場所、
いつしか、そんな勝手なイメージを作り上げていたりします。

でも、本来どの業種でも回転率を高めなければ、商売としては厳しいのは同じ。
日本一お客さんの多いスタバの渋谷TUTAYA店などは、
レジ前に渋滞を作らないように、このお店だけトール1サイズに絞って、
回転数をあげています。

そんな事まで知っているのに、なぜか喫茶店に来ると、許してくれそうな気分になって、
ついついまったりしてしまいます。
そう勘違いしたくなるやさしい空気に満ちているのです。

地元江古田にある喫茶店「ぶな」もそんなお店の一つ。
行くと長居をしたくなる雰囲気につつまれたお店なのです。

マンデリン

カランコロンというドアのベルの代わりに、
マスターが少し高めの声でいう「いらっしゃいませ〜」が、
新たなお客さんがやってきた合図。

その声に迎えられ、店内の好きな場所に腰を下ろした時から、
次第に体内時計の針の動きが、少しずつスピードを緩めていきます。

お願いしたのは、ストレートのマンデリン。500円。
注文すると、カウンターの後ろ一面に並ぶカップの中から、どれがいいか聞かれます。
カップを選べるシステムなのです。
選んだのは伊万里。

淹れて貰っている間に、店内の音に耳を傾けると、静かに流れるクラシック。
フルートの音が、体にかかっている余計な力を徐々に抜いてくれます。

静かなお店って、瞑想というか妄想というか、自分の世界に入れるので、
何か構想を練るときに来るといいかもですね。

そして、一杯のコーヒーを頂きながら、さらに自分の世界へ。

コーヒーゼリー

コーヒー一杯で粘って恐縮なのに、こちらのお店ではコーヒーゼリーのおまけまでつきます。
奥様の手作り。

仲むつまじいご夫婦で、そのご夫婦だから、こんな空気になるんでしょうね。
何かリセットしたい時、フラットになりたい時に、ここに来たくなります。

ん?ここに足が向いたという事は、ちょっと精神的に疲れているのかな?
本能?

■ぶな
■練馬区栄町36-1 地下1階
■営業:11:00~20:00
■定休日:なし
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ