オルタネイティブ・カフェ(中野)

オルタネイティブカフェ

※こちらのお店は閉店しました。

中野の早稲田通り。
中野ブロードウェイよりもう少し大久保寄りに行った左手にあるのが
オルタネイティブ・カフェ。

alternativeは音楽だと「オルタナティブ」などと言われたりします。
英語では、「もう1つの選択、代わりとなる、異質な、型にはまらない」
…という意味。
当初はメタル以外のロックをオルタナと呼んでいたのですが、
そのうち色んなジャンルが乱立し、どれがオルタナだかはっきりしなくなりました。
それでも代表をあげるとすると、ニルヴァーナやレッチリあたりでしょうか?

さてさて、こちらのお店はどういう意味でのオルタナなんでしょうか?
と思いつつ、ドアに手を伸ばしました。

その前に、ご注意。
OPENと書かれている所にドアの取っ手があるのですが、
このガラス戸は、この面と左隣の面で観音開きになっているので、
普通とは逆の開き方をします。
通常は、OPENと書かれたドアの右端を押してしまうと思うのですが、
ここでは左端を押して開きます。
無意識に、皆、右側に手を伸ばし、
「あれ?開かない」と戸惑っている人、結構いました。

店内

店内に入って思ったのは、「あれ?中野っぽくない」という事。
中野ってどこかサブカルの匂いのするお店が多いのですが、
白を基調としたお店は、どちらかと言えば、スタイリッシュ。
洗練されています。

中野っぽくない中野という事で、alternativeなんでしょうか?
勝手な想像で真相はわからないですけど。

カウンター

カウンター席には電源があり、wi-fiも使えます。
なのでノートパソコンを持ち込んで、勉強している大学生がいました。
しかもストリーミングで講義の映像を見てる。
こんなのが普通なんて、すごい時代になったもんですね。

中野というとマン喫というイメージですが、
こういうオシャレな感じでネットを使うのも、また新たなスタイル。
alternativeって感じじゃないですか?

スコーン

クルミとドライフルーツのマクロビオティックスコーン、500円。
カプチーノ500円。

スコーンは、牛乳、卵、バター、砂糖を不使用。
でもメイプルが皿に添えられているので、甘さは十分だし、
自然の香ばしさが感じられるので、満足出来ます。
これを頂くと、そもそも牛乳、卵、バター、砂糖はいらないんじゃないかと思ったり。

今度は、ランチも頂いてみたいです。

中野のカフェで、カルマがサブカルの匂いのする中野っぽさに対し、
スタイリッシュな中野というのが、こちらのオルタネイティブカフェだと思いました。
どちらも好きですけどね。

※こちらのお店は閉店しました

■オルタネイティブカフェ(alternative cafe)
■東京都中野区新井1-3–3カーサ巴102号
■営業:11:30〜24:00
■定休日:月曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


南極料理人

この映画をカフェ映画ではなく、自転車映画として紹介しましょう。
何と南極でも基地の隊員は自転車に乗っていたのです。
映画では、GIANTのマウンテンバイクに乗っている姿が映し出されています。

これは映画上の演出ではなく、実際のエピソードに基づく物らしいです。
というのも、アウトドア用品のメーカー、モンベルのサイトで、
南極観測隊員に派遣された人の日記があるのですが、
そこでも自転車で南極を走り、
観測隊員にお弁当を配達する様子が紹介されていました

南極じゃないけど、お弁当を持って、自転車でおでかけというのもいいかもね。
もう少し暖かくなったら。

ところで、この映画、料理がメインなのに、
セリフの中に一度も「美味しい」という言葉が登場しません。
言わずに美味しさを見せていく手法をとっているのです。

カニを食べる時って黙々と食べるだけで旨さが伝わりますが、
この映画は全てがそう。
言葉を発せず一心不乱に料理をむさぼり食うのです。
でも、それが本当に美味しそう。
表情だけで美味しさを表現するのですが、
堺雅人さんが妻の手料理を思い出して涙するシーンも、じんわりきます。

だから、どこかで一度だけ言う「旨っ!」がオチとして生きているのです。

そして、度々このブログにも登場する
フードコーディネイター飯島奈美さんの料理。

CMの料理撮影なんかだと、美味しそうに見せる為に、偽物を使う事があります。
鉄板の上でジュージュー言う肉汁がゼラチンだったり、
ビールの泡をガスで作ったり、
美味しそうに見えるけど、実際には飲んだり食べたり出来ない物がほとんど。

でも、そんな中で飯島さんのポリシーは全部実際に食べられる物。
だからあの美味しそうな表情を引き出す事が出来るのです。

TVのグルメ番組には、
わざとらしくレポーターが迷ったフリをしてお店を探したり、
箸やスプーンなどでの「持ち上げ」というシーンを挿入したり
「肉汁が口の中で広がる」とお決まりのフレーズを言ったりする、
「お約束」というのがあります。

バラエティーで、司会者が何か言うたび、ひな壇芸人が全員立ち上がったり、
画面の隅に四角く切り取られたワイプの中で、
ベッキーや優木まおみさん、矢口真里さんが、笑ったり泣いたり…。
TVは、いつしかこのお約束から抜け出せなくなっているのだけど、
この映画を見ると、そんな方法を取らなくても、いくらでも伝える方法はあるのに
…などと思ってしまいます。

P.S
この映画の最後に登場する言葉をご紹介して、しめくくるとしましょう。

あたりまえのように水が使えて
あたりまえのように外に出かけたりすれば
ますますわからなくなっていく…。
はたして自分は本当に南極になんて行ったのか。

水のパニック買い占めに走っている人達に捧ぐ。

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ