ハロプロTIME vol.21

ハロプロタイム

℃-ute矢島舞美、東京〜静岡、253.6㎞の自転車旅。

ロングライダースに続いて紹介するのは、こちら!
アイドルが2泊3日のロングライドに挑戦した番組のDVDです。

もちろんファンの方が観ても楽しめる物なんですが、
実は、これからロードバイクを始めてみたい、
ロングライドをしてみたいという、
初心者女性ライダーにお勧めしたい一品でもあります。

僕はこれまでに、
ツールドちば135㎞や、ホノルルセンチュリーライド160㎞に、
参加する女性初心者ライダーの練習のお付き合いをしたり、
ロードバイクデビューのサポートなどもしてきたのですが、
やはり、口を揃えていうのは、未知の物への恐怖感と心配。
なので、事前に概要を把握出来るというのは、安心に繋がります。

だからロングライドで、どういう所を通って、
どういうアクシデントが起きるのかというのをわかっておくと、
より安全に走る事が出来るのです。

そこで今回はアイドルという視点ではなく、
自転車乗りという視点で、女性の皆さんにお勧めしてみたいと思います。

このDVDのオススメなポイントは、
●ロードバイク初心者の矢島さんに色々教える形式で進行する
●早く走るファストランではなく、のんびり行くポタリング系

ダンシングだのシッティングだの、ケイデンスだの、
ファストラン系のDVDだと、ビギナーな女性の方は観てもポカンだと思うのですが、
楽しく、時には辛く、250㎞を走るという事がイメージ出来るDVDです。
見た感じ時速20㎞ぐらいの超ゆっくりペース。
あのスピードだったら初心者でも大丈夫ペースです。
途中、カフェに入ってオムライス食べたりして、チャリカフェもしてるし。

自転車乗りの、シャ乱Qのまことさんからは、
●ハンガーノックへの注意
●2月なので路面凍結への注意

自転車屋さんでは
●自転車の乗り降り、止まり方

など、一からのアドバイスからはじまるので、わかりやすい。

そして画面を通じて、車道を走るという感じが伝わります。
自転車は車両で、ロードバイクは車道を走る物なのですが、
これが家の近所をママチャリで走っているだけでは、わからない感覚。

画面からわかる注意点
●交差点での左折車の回り込みに注意
●路駐の車を回避する
●路肩の排水溝にタイヤを取られそうになる
●幹線道路での、大型トラックとの距離感
●自転車が渡れない道に遭遇し、歩道橋へ
●山越え
●雨が降ってきた時のレインウエア

見ていて危なそうという場面が、自分が実際に走る時に注意したい点です。

唯一のトラブルは、チェーンが外れたぐらいなんだけど、
こういう時って手が油で汚れます。
ロングライダースの方に書いてあったのですが、
女性のメイク落としシートを持っておくと、綺麗に落ちるそうですよ。

あと彼女は方向音痴でよく道に迷うのですが、
ポケット地図よりも、スマホの自転車ナビタイムというアプリがオススメ。
ルートと現在地が表示されるので、道が合っているのかどうか把握出来ます。
まあテレビ的には、スマホじゃ絵にならなかったんだろうけどね。

1つ注意したいのは、このロケでは撮影スタッフがいたからいいのですが、
ロードバイクを停める時は、かならず鍵を地球ロックする事。
ガードレールとか標識とか、固定物と一緒にチェーンロックする事を忘れずに。
ロードバイクは盗難の危険性が高いですから。

で、番組的には、色々観光したり、美味しい物を食べながら、
2泊3日で、静岡県の久能山東照宮へ、新曲のヒット祈願へと向かう訳です。

この番組の良い所は、苦しかった所をちゃんと、苦しかったと撮影している所。
熱海の山越えでは、足をつき、登れずに押して歩いているし、
雨の国道では、トラックの水しぶきも浴びてる。
そういうのを見て、覚悟して出かけた方が、いざ起きた時にパニックにならずに済みます。

最後は、一緒に旅した自転車とご祈祷してもらうために、
1159段の石段をロードバイクをかついて登っていく訳です。
シクロクロスかよ!って感じで。

帰りは前輪だけ外すタイプの輪行袋で、電車で帰るのだけど、
電車に自転車を入れたらどのぐらいの大きさで、
運転席近くのスペースに乗せなきゃいけない…というのもわかる。
あれだと新幹線とかキツそうだな…とか。

そういう色んな事を目で確認出来るのが、このDVDのいい所です。
なので、これからロードバイクをはじめるという
女性ライダーにお勧めしたい一品です。

ハロプロTIMEのオフィシャルはなかったので、
「矢島舞美がゲキ坂に挑む」ヤビツ峠編の動画でイメージしてください。

p.s

実際にこのコースに挑戦し、走ってみました。
矢島さんは2泊3日の旅でしたが、僕は1日で完走に挑戦。

静岡久能山への自転車日帰り旅に挑戦はこちら

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*