中和抗体検査キットで抗体が出来ているか調べてみた!

とりあえずワクチン接種2回目から2週間がたちました。ワクチン接種後、抗体が出来ると言われている時間の目安です。

7月9日に職域接種でモデルナワクチン、1回目の接種。腕は3日間痛みましたが、熱は平熱。

8月6日にモデルナワクチン、2回目の接種。腕を完全脱力していたので、いつ打たれたのかわからないぐらいノーダメージ。熱も出ず。出た副反応といえば、めちゃめちゃ腹が減るという現象ぐらい。これは調べたら結構多くて、自分が「ワクチン接種後、食欲が凄い」とつぶやいたら、多くのリツイートといいねがつきました。

職域接種の2回目で、仕事仲間で熱が出なかったのは自分だけらしく、「ホントに抗体出来てるんですか?」とかからかわれたので、シャレ半分で、中和抗体検査キットを買ってみました。

「2回目受けた方にオススメ」的なフレーズをみて、Amazonでポチり。

8月19日で、ワクチン接種後、2週間経過という事で、抗体が出来ているとされているラインまで来たので、好奇心半分で調べてみます。

キットの中身はこんな感じ。

真ん中のパウチに入っているアルコール消毒で指を消毒、オレンジの物は押しつけるとバネの力で指に針が刺さる道具、これでパチンと指を刺して血液を出して、スポイトで吸います。

こちらのキットのハート型でマスキングした所に血液を垂らし(リアルなので隠しました)、紫の容器の液体を垂らすと、真ん中の窓の方に液体が広がって行きます。試験紙で繋がっているので。

CとTの両方にラインが出来ると、中和抗体が出来ているというサインで、Cは出たけどTが出ないと抗体なし、それ以外のパターンだとエラーという事になるので、とりあえず中和抗体は出来たみたいです。

もちろん、油断は出来ません。ただしTVは危機を煽った方が視聴率が取れる為に、2度接種してもブレイクスルー感染するというのを言い出しています。確かになる人はいるけど、今の感染者の多くが未接種者です。大多数です。接種者は重症化を防ぐだけでなく、発症も防ぎます。

自分のまわりには、モデルナの副反応が怖くてファイザー待ちしている人もいるのですが、最近ではモデルナの方が半年後も抗体の力が持続するというデータも出て来ているので、チャンスがあれば比較の上、接種をご検討ください。

抗体も確認した所で、マスクなしで飲みに行ったりという油断はしませんが、「入院出来ない」「自宅療養で重症化する」という大騒ぎからは離脱、解放されました。ワクチンを打ちたくても予約が取れないという人も多いと思いますが、職域やキャンセルで打てるチャンスがあるのにどうしようと躊躇している方は、迷わず打った方が、精神的に楽になれるので、接種をオススメします。

ワクチン打った自慢ではなく、打つとこんなに精神的に楽になるという事を、迷っている方々にお伝えしたくて、これを書きました。

あとワクチン打ちたくない派はご自由に。自分なりのかからない努力すればいいと思います。幸運を祈ります。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*