レディー・プレイヤー1

公開初日に見てきました、レディー・プレイヤー1。
とにかく情報量が多すぎて、脳みそが痺れました。
予告編にも出ていますが、ガンダムやら、
日本発のキャラクターも死ぬほど出てくるのですが、
アメリカのヲタク的な設定もあるので、
本場のヲタクでないと知らないような用語も多く、
最初、ついて行けるのかな?と不安になりました。
途中から、勢いにのめり込み、
VRではないですが、ストーリーの中に没入していきます。

これIMAX3Dや、4DX3D版もあるけれど、
あまりにも画面の情報量が多いので、
2回目以降に、そちらで見た方が、本来の楽しみ方が出来るかもです。

お話的には、VRが行き過ぎ、人々がのめり込み過ぎた世界。

ただ、これVRをスマホに置き換えると、
現代のスマホ中毒とたいして変わらないんじゃないかと思います。
スマホゲームにのめり込んで、課金して、
ネットの中でつながっている、本名も知らない人。
それをデフォルメしたのが、映画の世界。
ネタばれするので、あまり言えませんが、
リアルの世界も大事という事を、映画では描いています。

明日は、リアルを体験しに、
自転車に乗って、デジタルデトックスしようっと。

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*