港や(根津)

竹久夢二美術館

自分には絵心がありません。
だから絵が上手い人に、すごい憧れます。
日大芸術学部のデザイン科の学生とイベントをやった時も、
打ち合わせしながら自分の手帳などに、
スラスラと絵を描いているのをみて、羨ましいと思ったものです。

絵は好きなんです。
中学ぐらいまでは、よく絵を書いていましたし、
ノートの片隅には、落書きや似顔絵も描かれていたのものです。
先生の似顔絵とか得意な方だったと思うんですよね。
皆に似てるって言われてたし。
今考えると、さくらももこさん系のタッチだったと思います。
ちびまるこちゃんのお爺さんを見たとき、「あ!理科の先生だ」と
自分が描いた似顔絵を思い出したもの。

それが、高校に入り進学とか意識して、
上手く描かなきゃと思ったとたんに、ピタリと描けなくなりました。
上手くいかない…自分は下手だ…と思ったとたんに、描くのも楽しくなくなったのです。

以来、トラウマになったのか、絵など描いていませんが、見るのはあいかわらず好き。
なので、時折、気が向くと美術館めぐりなどしたくなります。
今回は文京区の東大裏にある、竹久夢二美術館に行ってみました。

ポスター1

竹久夢二美術館は、
明治・大正・昭和の挿絵画家による作品が展示されている弥生美術館と併設されていて、
入場料は、両館合わせて900円。
順路も、まず弥生美術館をみてから、別館の竹久夢二美術館へ回るように出てきます。

この日、弥生美術館で行われていたのは「挿絵の黄金時代展」。
この企画展の事どころか、弥生美術館の事も、ここに来てから初めて知ったのですが、
これが思いのほか良かったのです。

挿絵画家の岩田専太郎のコレクションが展示されていたのですが、
今で言う雑誌の表紙やグラビアに相当する美人画、
そして、セクシーなカットの挿絵、
谷崎潤一郎の「痴人の愛」の挿絵など、SMチックなものまであります。

当時の挿絵画家の地位は高く、そして人気商売。
今の雑誌では「篠山紀信があの女優を撮った」という売り文句がありますが、
当時は、岩田専太郎が描いた美人画が、その役割を担っていたのです。
今では女優さんの写真が表紙の週刊誌も、当時は岩田専太郎の美人画でした。

展示物の脇にあった説明書きによると、岩田専太郎は相当モテたそうです。
美人に撮れると評判のカメラマンがモテるのと一緒なんですかね。
悪女っぽい女性が好きだったそうで、だから美人画も色っぽいんでしょうか。

現代で、役柄で悪女というと、黒革の手帳のイメージもあり、
米倉涼子さんの名前があがったりしますが、
個人的には体育会系すぎて、色っぽいイメージではないんですね。
(当社比)
当社としては、井川遥さんみたいな方を、
癒し系の皮を被った狼みたいな悪女キャラとして、推したいと思います。
…って、悪女をキャスティングする権利とか持ってませんけど。
話はそれましたが…
岩田専太郎の絵は、井川遥さん的色っぽさがあると言いたかったのです。
すいません、支離滅裂で。

弥生美術館には、その他の挿絵画家達の作品も並んでいるのですが、
最初、1カットだった挿絵が、1ページに何枚も並ぶようになり、
セリフのように文章がレイアウトされ、コマ割りが誕生。
挿絵からマンガに移行するような歴史のレイアウトが面白かったです。

ポスター2

そして別館の竹久夢二美術館で行われいた「図案と装飾展」。
竹久夢二も美人画として有名で、もちろんそれも展示されているのですが、
大正の時代に、フォントを研究していたのが面白かったです。
当時から絵と同様に、文字のデザインにもこだわっていて、
絵のニュアンスに合うように文字の形とバランスが考えられているのが凄かったです。

今でこそ、パソコンにいろいろとフォントが入っているけれど、
明治の時代に自分でそれを考えてやっちゃってるって、やっぱり天才ですね。

今、何を考えてデザインすると、将来それが先見の明と言われるようになるんでしょう?
思いつかないのは凡人の証拠ですね。

看板

そんな絵からのパワーと刺激をもらいながら、
美術館に併設されているカフェ「港や」へ。
竹久夢二は、大正時代に自分のデザインした小物を売る「港屋絵草紙店」を開いていて
それにちなんだ名前です。

店内

お店は2階がメインフロア。

窓

竹久夢二の絵が飾られた店内からは、美術館の庭を望む事も出来ます。

メニュー

注文したのは、カプチーノの「夢のあと」500円。
夢二のカット絵が描かれてくるというのですから、楽しみです。

カプチーノ

この日は「千鳥」でした。
後で他の人のブログを検索してみたら、花だったり夢という漢字だったりしたみたい。

夢二の絵を思い出しながら、ゆっくりと頂きました。

■港や
■東京都文京区弥生2-4-3 弥生美術館内
■営業:10:30~17:30(LO.16:45)
■定休日:月曜(祝日の場合、翌火曜)
場所はこのへん
美術館&港やのサイト

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


エスプレッソ・フェリーチェ・ロースター(雑司ヶ谷)

エスプレッソ・フェリーチェ・ロースター

※こちらのお店は閉店し、ネットショップとして再出発するそうです。

自転車でカフェめぐり、つまりチャリカフェのいい所は、
駅という概念がなくなるという事です。
「○○駅から徒歩○分、ちょっと遠そうだ…」という事がなくなります。

例えば、雑司ヶ谷近辺って、
副都心線を使おうとすれば、池袋か渋谷で乗り換えなければならず、
都電荒川線を使おうとすれば、大塚で乗り換えなければなりません。
じゃあ、JRの駅から歩こうとすれば、池袋も目白も、徒歩15分以上。

自宅のある西武線の江古田からは、池袋まで3駅、乗り換えて1駅だったのですが、
自転車だと「家」からクロスバイクで10分ちょい。
しかも、江古田からは道なり一直線だし、
雑司ヶ谷は「けっこう近い」でしかないのです。

なので、自転車で自宅周辺しか走った事がないという人、
ぜひ、勇気を持ってちょっとだけ遠出してみてください。
意外と近い事にびっくりするハズ。
その後は、行動範囲もぐっと広がります!

さて、徒歩だとちょっと遠い、車だと駐車場を探すのが大変というそんな場所で、
穴場のカフェを発見しました!

看板

「エスプレッソ・フェリーチェ・ロースター」
名前の通り、エスプレッソにこだわるお店。

店内

店内は立ち飲みスタイル。
背の高いスツールが2つぐらいあって、混んでなければそれに腰掛けられます。
コーヒーしかなく、店内にはローストされた豆のいい香りが漂っていて、
食欲ならぬ、飲みたい欲求が湧き出してくる。
「飲欲」という言葉はないのだけど、飲みたい欲求というのは何と言うのでしょう?

「のどが渇いたとき水を欲するように、心から望むこと。」は「渇望」だけど、
自由とか感動とかそういう時につかうような気がします。
コーヒーも渇望でいいのでしょうか?
ともかく、のどが乾いた時に水を欲するように、心からコーヒーを望んだので、
いい事にしておいてください。

カプチーノ

注文したのは、カプチーノ。
ロータスのカラメルビスケットが添えられて、380円。
自家焙煎をしているので、豆の香りが強く、
カップを口元に引き寄せると、コーヒーの香りがさらに鼻をくすぐります。

そしてこういうお店に足を運ぶようになってわかったことですが、
ラテでもカプチーノでも、コーヒーの味と香りがミルクに負けていません。
表面もハート型の可愛いデザインというだけでなく、
コーヒーとミルクを味わうために「層にしました」という感じ。
市販のカップや缶のラテとは違い、最初から全てが混ざった味ではなく、
「あ!コーヒー」「今度はミルク」みたいにそれぞれの素材の味が主張しながら、
口の中で徐々に混じり合い、最終的に味が完成されていくような感じ。

モネやゴッホの絵画や、山下清のちぎり絵に例えるのは大袈裟かもしれないけど、
近くではそれぞれの色が独立していて、少し離れると、一枚の絵に見えるという
点画技法のような、複雑な味わいなのです。

なので、最近は、こういうカプチーノを探すのが楽しみに。
お店の方のお話で、何軒が情報を仕入れたので、また自転車で回ってみたいと思います。

目白駅からは、椿山荘や日本女子大に向かう途中。
目白通りと、護国寺へ向かう不忍通りが分かれる、ちょいと手前にあります。
ぜひ、この道を通る機会があったら、立ち寄ってみてください。
自信を持ってオススメします。

※こちらのお店は閉店し、ネットショップとして再出発するそうです。

■エスプレッソ・フェリーチェ・ロースター
■東京都豊島区高田1-38-12 目白ガーデンハイツ1F
■営業:12:00~19:00
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のブログ

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ