カフェ・レーヘンボーフ(東十条)

 レーヘンボーフ

※このお店は閉店しました

スピリチュアル系のものはあまり信じない方なんですが、
時折「お店に呼ばれたんじゃないかな?」という感覚を覚える事があります。
こちらもその一つ、東十条にある「cafe Regenboog(カフェ・レーヘンボーフ)」。

たぶん居酒屋さんとか焼き鳥屋さんだった物件を改装したお店だと思われます。
左手には何かをテイクアウトしていたような小窓が。

入り口

現在はそこにコーヒーなどのマシンが置かれています。

サンドイッチ

グラハムトーストのサンドイッチ・クロケット(ポテト)は735円。

料理が運ばれてきた時に「写真を撮ってもいいですか?」と聞くのが
お決まりの儀式。
もちろん勝手にパシャパシャ撮って、嫌な雰囲気を作らないというのもありますが、
聞くことによって、そこからコミュニケーションが生まれる事が多いからです。

「もしかしてブログ見ていらしたんですか?」
「いえ、カフェの本です」
という話から雑談が始まり、
「実は、このお店12月15日で終わっちゃうんです。
良かったら店内、いろいろ撮って行ってください。」
という話に。

帰宅してからお店のブログを読んだのですが、
保育園などの問題で、子育てに専念する事にしたのだそうです。

カプチーノ

カプチーノを頂きながら、雑談をしていていたら、
一人でいらっしゃっていた女性のお客さんのお話も聞くことが出来ました。

「実は幼稚園に通っている息子がここの二階が好きでねえ」
というので、
「実は、ここの二階の写真をカフェ本で見て、素敵だなと思って来てみたんです」。
と、答えました。
するとお店の方が
「良かったら二階も見ていってください。」
と…。

二階

そこで、お言葉に甘えて二階にあがらせてもらいました。
想像通りのなごみの空間です。

二階の窓

男のコが好きだった、二階と窓。

二階の窓

男のコは、この二階から向かいのお花屋さんを眺めるのが好きだったそうです。
きっと、心の優しい男のコなんだろうなあ。

花屋

お店の向かいには、そのお花屋さんがありました。

「このお店が無くなったら、どうしたらいいんだろう」
その女性のお客さんにとっては、ツイッターなどでの人との繋がりもあるけど、
リアルで人と人とがつながる大切な場所だったようです。

そんな風に愛されていても、お店を閉めるという決断も良くわかります。
よくよく考えたうえで、
今の自分に一番大切な方を選択をしなければならない時もあるからです。

お客さんと、お店の方の想いが交わる小さなドラマ。
そこに居合わせた事の、奇跡。
「お店が呼んでくれたに違いない」
そんな瞬間に、ふと、そう思ってしまったのでした。

お店が無くなる前に呼んでくれてありがとう。

■cafe Regenboog(カフェ・レーヘンボーフ)
■東京都北区神谷1-26-23
■営業:
11:00〜18:00(月〜金・日)
11:00〜20:30(土曜日)
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のブログ

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


多摩湖サイクリング

サイクリング

これまで一人のツーリングが多かったのですが、
今回初めて集団でのサイクリングに出かけてみました。
男子3人、女子3人という組み合わせ。
今年の流行語大賞にノミネートされた言葉に、ゴルコンという言葉があり、
一緒にゴルフのコースに出るコンパみたいな物がありますが、
ならばこっちはサイコンでしょうか?

ちなみ自転車用語でサイコンといえばサイクルコンピュータの事で、
その日の平均時速や距離を測る物。
しかも漢字にすると「再婚」ともなり、あまりいい感じではない。
かと言ってツーリングコンパを略すと「ツーコン」で「痛恨」に通じるし、
となるとチャリコン?
でも「離婚」って文字が隠し絵のように入ってるし、これもダメだ。
何がいいんでしょう?教えてセンスのいい人!

まあ、ともかく男女3対3で出かけた訳です。

それぞれ新しい自転車は買ったけど、
そんなにまだ遠出はしていないという事で、
地理上、遠くまで行ったイメージがあり、
非日常体験が味わえるスポットとして選んだのが、今回の目的地多摩湖です。

練馬の江古田からは、裏道等も併用すれば、
ほぼ車の来ないサイクリングロード状態のコースを組むことが出来ます。

今回選んだのは、
千川通り〜千川上水沿いの通り〜五日市街道〜多摩湖サイクリングロード
というコース。

写真の五日市街道では、けやきの落ち葉がハラハラと舞ってきて、
非常に優雅な気分。
しかも交通量が少ない。

さらに多摩湖サイクリングロードに入れば車はなし。
口々に走るのが楽しいと言って頂けました。
サイクリングの疲れって、距離ではなく、
自動車に対する精神的なプレッシャーである事がわかってもらえたと思います。
楽しく走れる道を見つければ、自転車はどんどん遠くまで行けるのです。

小平ふるさと村

てな訳で最初に到着したのは、多摩湖サイクリングロード沿いにある
小平ふるさと村。
古い農家や古民家を移築した公園です。

うどん屋

ここでは、土日限定で古農家を利用した、うどん屋さんが出現します。
「むさしの糧うどん」というのは北多摩地区の郷土料理で、
調布などが蕎麦が名物なのに対し、
この周辺では昔からうどんが食べられてきました。
ハレの日には、食卓にうどんが並べられます。
最近でこそ廃れてきたけど、その文化を残そうというのが、
この、ふるさと村での活動です。

実はサイクリングロードを走っていると、ここのちょっと前に、
丸亀うどんのお店が行列を作っているのが見えるのですが、
内心、「多摩まで来たら糧うどんだろ」と、ほくそ笑んでしまいます。

土日限定で、しかも50食限定なので、すぐに売り切れに。
この日も12時15分ぐらいでしたが、残り10食ぐらいで、ギリギリセーフ。
食券を買った後に、旗とか暖簾とか片付け始めましたしね。

いろり

食事は、古い農家の建物を移築して保存している中で頂けます。
これがまた風情があっていいではないですか。

うどんは他の小屋で作っていて、ここまで岡持で運ばれるのですが、
おかもちが到着するなり、うちのテーブルから「いい香り」と声があがります。
どんだけあんたら鼻がいいんだ。
そして食い意地がはっているんだ。

座敷

普段はここでの食事は禁止なので、土日限定の体験です。

むさしの糧うどん

小平糧うどんは、JAの協力などを得て小平の地粉を使って打たれます。
冷たい盛りうどんを温かいつゆで頂くもので、
つゆの中には刻み揚げが入っていて、
それに、ほうれん草、大根、ネギなどをお好みでプラスしていきます。
醤油の代わりに、つゆにつけて食べるという食べ方でもOK。

太めで、何故か「いったんもめん」のような切れ端が
全員のうどんに入っていました。
という事は失敗作ではなく、何かのおまじないって事ですね。
聞けば良かった。

竹馬

広場には子供達に昔の遊びを教えるための遊具があるのですが、
その遊具で盛り上がる、昔の人達です。
竹馬に子供用って書いてあるやん、乗ったらダメだって。

小平ポスト

再びサイクリングに戻り、小平駅前の巨大ポストを見に行く事に。
大きさをわかりやすくする為に、一番身長の低いメンバーに並んでもらいました。

多摩湖

サイクリングロードをひたすら真っ直ぐ進み、
最後に坂を登り切ると、多摩湖に到着。
行きは、ゆっくりゆっくり寄り道しながら行ったので、
皆、「こんなに楽勝だったとは…」との感想。

やった事のない人って「絶対無理」って言うんだけど、
やるとこんな風に、意外と楽に行けちゃうものなんです。

愛車

今回の皆の愛車。
ビアンキ、ルイガノ、ジオス、ジャイアント、トーキョーバイク、ブロンプトン。

サイクリングロード

せっかくここまで来たら、多摩湖を一周しようという事に。
メンバーには西武ファンもいるので、まずは聖地・西武ドームを目指しました。

西武ドーム

湖の周り四分の1ぐらい走った所に西武ドームがあります。
中を覗きに行かなかったけど、ノックの音などが聞こえるので、
きっと選手達が自主連しているのでしょう。

多摩湖

湖全体を望む、見晴台。

紅葉

さらに紅葉の中を進んで行きます。
このグラデーションが見事!
綺麗な物を綺麗と感じる心が残っていて良かった。
サイクリングではこういう風景を発見出来る力も養えるのです。

多摩湖

最後は、サイクリングロードから外れて寄り道し、土手の下へ。
ここへ行く道は、多くの人が見逃している所にひっそりとあります。
だから超穴場で、みんなに見せてあげたかったのです。

自転車でここまで来たご褒美にピッタリの風景だと思うのです。

石神井公園にも糧うどんが食べられる所があるので、
次回はママチャリで行く石神井公園でも良いし、
クロスバイクで行く調布深大寺そばツアーでもいい、
また何かやりましょう。皆様。

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ