ル・カフェ・デュ・ボンボン(代々木上原)

ルカフェデュボンボン

以前から気になっていたけど入れなかったお店。
代々木上原にある「ル・カフェ・デュ・ボンボン」。
なぜ入れなかったかというと、こちらのお店、
火曜日と金曜日の週に2日しかやっていない、幻のお店なのです。

代々木八幡から上原にかけてのカフェめぐりをしている時、何度かこの前を通り、
外からエスプレッソマシンが見えたので、覗いてみたのですが、やっている形跡なし。
そこで名前だけメモして後で調べてみると、
月曜日が定休日で、火曜と金曜日が営業。
水、木、土、日は、お菓子教室のアトリエとして使われている事がわかりました。

しかも、カフェは週に2日営業で、どちらも平日の12時から19時までとくれば、
働いている人は、ほぼ行ける可能性は0に近い。
…という訳で諦めていたのですが、金曜日、予想外に早く帰る事が出来たので、
自転車を飛ばして行ってきました。

写真をお願いしたら、テーブルの上の食べ物だけならOKで、
店内は撮影はご遠慮くださいという事だったので、文字での説明を。

客席は4人掛けの席が2つと、カウンターに2席。
カウンターの方は、常設の席というよりは、満員だった時に、
「こちらでよければ…」という感じでした。

奥はお菓子教室をやっているスペースらしく、
壁の棚には調理器具が並んでいる他、
ステンレスの大きなテーブルのような台がありました。
たぶん、ここでお菓子作りをするのでしょう。

こちらは焼き菓子メインのお店で、そこに本日の焼き菓子が並んでいます。
ドリンクはテーブルのメニューで選び、お菓子は現物を見て選べます。

タルト

美味しそうなお菓子が、いくつかディスプレイされていて、
覗き込むと、一通り、並んでいるお菓子の説明をしてくれたのですが、
その中から選んだのは、バナナとナッツのタルト、400円。
そしてカフェオレは、600円。

レアな感じではなく、どちらかと言えばクッキーのようにサクっとした食感。
甘過ぎないのに、どこか濃厚な印象を残す風味。
オーナーさんは、フランスで修行なさった方なのですが、
これがフランス菓子の本場の味なんだろうなと想像。

実は、実質2席しかないので、1回目に行った時は満席。
近くを散歩しながら、2回目に行ったら、ちょうど空いてました。

「お待たせしてすいません」と恐縮されつつも、
次、いつ来られるチャンスがあるかわからないので、
やはり粘ってみて良かった。
気持ちがすっきりしました。

とりあえず、幻の「ル・カフェ・デュ・ボンボン」に潜入、ミッションコンプリートです。

■LE CAFE’ DU BONBON (ルカフェデュボンボン)
■東京都渋谷区元代々木町9-2 水落ビル1階
■営業
12:30~19:00(火・金)
■定休日:月(水、木、土、日はお菓子教室のみでカフェは休み)
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


ブックカフェ・エホンハウス(雑司ヶ谷)

エホンハウス

雑司ヶ谷から目白通りを少し目白方面に戻った所に沢山の絵本が並んでいました。
看板を観ると
「Book&Cafe Ehon House Mejiro(ブック・アンド・カフェ・エホンハウス・メジロ)
と書かれていて、絵本屋さんの他にカフェもやっているみたいです。
…という訳で、すぐに自転車を止めて入ってみる事にしました。
こういう思いつきで行動出来るのが、自転車散歩のいいところです。

店内

ほぼ本屋さんという感じで、その中に丸いテーブルが2つ。
本のレジと同じカウンターで飲み物を注文すると、席まで持ってきてくれるシステム。

絵本は9割がた洋書ですが、
英語だけではなく、ヨーロッパの言語、韓国語や中国語など、
いろいろな国の言葉で書かれた本がずらりと並んでいます。

翻訳版

日本語版は、やはり「大きな木」の村上春樹の新訳バージョンがありました。
昨年2010年の9月に発売されて、人気を呼んでいる絵本です。

この本、池袋のタイドプールコーヒーに行った時もみつけたけど、
カフェのオーナーって本には敏感な方が多いので、
たぶん本棚にこれが置かれているお店って、他にも沢山あるんじゃないかな…と想像。

そういえば、以前
『カフェには何故か「風の谷のナウシカ」の本が置いてある事が多い』
という説を唱えたところ、
「あそこにもありました」という報告を頂くようになりました。
で、そう聞くと行きたくなっちゃうんですね。これが。
たぶん、それぞれのお店にどこか共通したセンスがあって、
それが自分の好みのツボをついていたりするんでしょうね。きっと。

コーヒー

コーヒーは350円。
コーヒーを頂きながら本棚を見回し、気になったタイトルや注釈があると、手に取ってみる。
目的がなくて、本屋さんでボーっとしてる。
好きだなあ、こういう時間。

…といいつつ、職業病なのか、店員さんに
「今、売れている本とか話題になっている本ってありますか?」
とリサーチしてみました。

「子どもにはさほどでもないんですが、大人が『うぁ~』と歓声をあげるのはコレですね」
と、紹介してくれたのがこの本です。

飛び出す絵本や、パラパラマンガの本は良くありますが、
これはページをめくると、アニメのように動く本。

「Can you ride a bicycle?」という文の見開きで、自転車が走るアニメが。
おおチャリカフェっぽいじゃないですか。

定価は1600円らしいのですが、本の角が運搬の際などにつぶれてしまった本が、
店頭のワゴンでアウトレット価格の半額で売られていたので、それを購入。

これのスターウォーズバージョンもありました。
ジェダイが戦ったり、R2D2とかが走っちゃうやつ。
それも欲しいなあ。

■Book&Cafe Ehon House Mejiro (ブックカフェ エホンハウス)
■東京都豊島区目白1-7-14 みさとビル1F
■営業
12:00~19:00
12:00~18:00(土日祝)
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ