タイドプールコーヒー(要町)

タイドプールコーヒー

池袋の駅周辺となると、どうしても大手資本の入ったチェーン系が多いのですが、
西口から伸びる要町通りを下っていくと、ほどよい大きさのカフェが点在しています。
池袋方面から光文社を過ぎ、要町へのなだらかな坂が始まるあたりにあるのが、
タイドプールコーヒー。
Tidepoolというのは、海の磯で干潮時に出来る潮だまりの事。
あそこに取り残された小魚やカニなどのように、しばし、まったり
…という感じでネーミングされたんでしょうか?

表に停められたシングルスピードの自転車は、店員さんのでしょうか?
それともお客さんの?
このチャリカフェって雰囲気が気になって、入ってみる事にしました。

店内

店内は、いろんなタイプの椅子があって、
その統一感のなさが、ゆるい雰囲気を作っています。

絵本

さっそく本棚チェックすると、読んでみたいと思っていた本がありました。
ハーフのモデルさんに教えて貰った本で、
とっても好きなので、誕生日などのプレゼントにあげたりすると言っていた一冊。

原題は、The Giving Treeという海外の絵本なのですが、
日本では村上春樹さんが翻訳して「大きな木」というタイトルに。

少年の事を大好きな木が、自分の全てを与え続けるというお話なのですが、
シンプルなだけに、いろんな解釈が出来、逆に大人向けなのかもしれません。

一番最後に「店員から常連さんになります」みたいな
この本をお店に贈った人からの一文が書かれていて、
なんだか、ほっこりする。

パフェ

頂いたのは、ワイングラスパフェ550円と、アイスティー350円。
並べたら、なんだか選手宣誓みたいな感じになって、面白かった。

居心地はいいし、池袋にしちゃリーズナブルだし、
自転車での行き帰りに、寄り道したいカフェをまた見つけてしまいました。

■タイドプールコーヒー(Tidepool Coffee)
■東京都豊島区池袋3-1-12 三恵池袋ハイツ 1F
■営業
9:00~23:00(月〜木)
11:00~25:00(金土)
11:00〜19:00(日)
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のtwitter

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


古桑庵(自由が丘)

ラ・ヴィータ

自由が丘はキツイ。
坂がキツイ訳ではなく、このメルヘンな感じが男にはキツイのです。
さあ、やってまいりました「ザ・自由が丘」!
ここはヴェネチアを模したショッピングゾーン「ラ・ヴィータ」。
ドラマやファッション誌の撮影などにもよく使われる場所です。

カメラを構えながら
「ちょっとフォトジェニックな場所を探してまして…」
みたいなアピールをしながらでないと、なんだかいるだけで恥ずかしい。
こういう時、マジで女子チャリ仲間が欲しいと思います。

古桑庵

その向かいにあるのが、女子に人気の古民家カフェ「古桑庵(こそうあん)」
人形作家の渡辺芙久子さんの自宅兼ギャラリー&カフェです。

ステンドグラス

離れのギャラリーは、いつもは渡辺芙久子さんの人形が並んでいるのですが、
この日は、ステンドグラスの展示が行われていました。

中庭

さて、いよいよお店の中へ。
運良く中庭を眺められる窓際の席につく事が出来ました。
大広間のようなお座敷は、10席ぐらいテーブルがあるのですが、
自分たち以外は、全て女子グループ。
その中に男子2人という、肩身の狭い感じ。

それなのに、写真の事を考えて、こんな物を注文してしまいました。

クリームあんみつ

クリームあんみつ900円。
このメニューから、レンズを替えて
Carl Zeiss Jena M42 MC Flektogon 35mmへ。

そうそう!こういう写真撮りたくて、このレンズ買ったんだよねー。
マニュアルだけど、NEX-5はMFアシストがついているので、大丈夫。

いたたまれなくなったアキラから
「早く帰りましょう」オーラが出始めたので、
慌てて食べて、お店を後にしたのでした。

■古桑庵
■東京都目黒区自由が丘1-24-23
■営業 : 11:00〜18:30
■定休日:水曜
場所はこのへん
■お店のサイト

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ