金魚坂(本郷三丁目)

看板

本郷通りから脇道に入った所に、こんな看板が。
「おいしい珈琲をどうぞ!金魚坂」。

看板

珈琲、中国茶、お食事、葉巻のお店らしい。

金魚屋

が、路地から入っていくと、金魚坂の名前の通り、金魚屋さんがありました。
水槽では、カラフルな金魚が優雅に泳いでいる他、金魚すくいも出来るようです。
カップルが楽しそうに盛り上がってました。

水曜

背びれがないから、ランチュウ型でしょうか?
綺麗ですねえ。
ちょっと欲しくなりました。

ところで、ふと思ったのですが、野生の金魚っているんでしょうか?
金魚自体がフナの改良品種だから、正確には野生化した金魚ですね。
自転車で川を通りかかった時、野生化した錦鯉は見たことがあるのですが、
金魚はどうなんでしょう?
ブラックバスとかは肉食なのでどんどん増えちゃう訳だけど、
金魚って生態系の中では弱そうだもんなあ。
飼い主が金魚を捨てるので、金魚が増えて仕方ないというニュースは聞いたことがありません。

カフェ

その金魚屋さんに併設されているのがお食事処の「金魚坂」。
創業350年の金魚屋さんで、現在の女将さんで七代目だそうです。
金魚を見ながらくつろいでもらう空間をと、レストランを併設。
喫茶だけのメニューもあるので、気軽に入って大丈夫です。

看板

この看板が目印。

店内

半地下のような店内は、Rのついた壁があって、ちょっと不思議な雰囲気なのですが、
聞いてみたら、ここは錦鯉の水槽があった所だそうです。
そう聞くと、妙に納得。
天井が高く、ここでクラシックのコンサートなども行われるそうですが、
防水加工の壁もあるし、お風呂みたいなリバーブも効いて反響もよさそう。

2階

2階の方は、カウンターになっていました。

アフタヌーンサービス

セットのアフタヌーンサービスは、コーヒーとケーキで1000円。
ケーキとコーヒーは好きな物を選んで組み合わせられますが、
こちらは、アップルパイ。
割とボリュームもあって、サクっとした部分としっとりした部分のバランスがいいです。

■金魚坂
■東京都文京区本郷5-3-15
■営業:11:30~22:30
■定休日:月曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


おくりびと

言わずと知れた、第81回アカデミー賞外国語映画賞 、
第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品。

遺体を清め棺に納める納棺師として働くことになった主人公の成長と
周囲の人々の人間模様を綴る作品。

数多くの賞を取っただけあって、素晴らしい映画でした。
納棺師という耳慣れない設定意外は、芝居もリアルで淡々と。
シンプルなストーリーながら、抑えた山崎努さんと本木雅弘さんの演技が
ジワジワと感動を引き出してくれます。
納棺師の所作も美しい。

こんな素晴らしい作品を今頃になって観て、
しかも喫茶店が舞台だと聞いて観た…というおかしな理由。

そんな変な人の戯言だと思って、ここからは聞き流してください。
石川遼君の、聞き流すだけで英語が学べるスピードラーニングではないので、
記憶する必要もありません。

ストーリーとか演技にひたっていると、
ちょいちょい集中力を欠かせるポイントがこの映画にはありました。
マニアックな人の視点という事で、許してください。
そして、公開後しばらくたちますが、ネタバレも含まれているのでご注意ください。

主人公はオーケストラの解散でチェロの道をあきらめて田舎に帰ってきた男。
実家は、母親が遺してくれたスナック兼住居ですが、
父親が愛人と逃げる前は、クラシックを中心とした名曲喫茶だったという設定。
クラシック好きの親がいて、そこからチェロの道へ進んだ主人公。

ここで最初のひっかかりポイント。
なんでクラシックなのに、スピーカーがJBLなの?

一般的なベタなイメージでいえば、JBLはJAZZ向きのスピーカーで、
クラシックならタンノイとか、他のイメージ。
もちろんJBLでクラシックを聴いてもいいし、
タンノイに異論のある人もいると思うけど、
観たときに、「わかりやすい」ぐらいにはなると思うのです。

まあ、JAZZもクラシックも好きだったお父さんに違いない。
だからJBLにしたんだと頭を切り換えて観ていると、またもや、ひっかかりポイントが。

父親は愛人を作って家を出て、母親はスナックをやりなが女で一つで息子を育てた。
でも、母親は最後まで父親の事が好きだったらしく、
父親揃えたレコードは全て残してある。

となると、オーディオシステムも父親が残した物となるのだろうけど、
例のJBLが、映画公開当時最新式の型番な訳ですよ。
まあ説明もないので、本木さんが新たに買い足したという逃げ道もある。
ただ!チェロを弾いてるシーンから、子供の頃の回想シーンに展開するのだけど、
他のインテリアや小物が、さらにタイムスリップして古めかしくなるのに、
スピーカーだけは同じ最新式の4318だよね。
時代考証的に、どうしても合わない。

納棺師物じゃなく推理物だったら、最後に船越英一郎さんが崖の上で、
「騙したつもりだろうけど、オヤジさんから貰ったというスピーカー。
 あの時代には製造されてなかったんだよ」
と言わざるを得ない感じなのです。

ここまで来たのでついでに言うと「お父さんの好きだったレコード」をかける
プレーヤーは、クラブなどで使われるテクニクスの物だと思う。
ヒップホップのDJ用ですよ。
間違ってたらごめんなさい。

まあまあ、映画なんだし、そこまで気にしなくてもいいじゃない。
…と自分も思い込もうとしたのですが、
最後まで観れば、父から子へのメッセージ、子供に残した物というのが、
最大のテーマではないですか!
しかも、それをつなぐ物が音楽。

だったら、やっぱり父の時代に一世を風靡した古いスピーカーやオーディオシステムで、
父の好きだったレコードを聞いて欲しかった。
と、マニアックな視点でいうとそう思った訳です。

映画賞総なめのこの映画、
日本アカデミー賞では、美術賞も受賞しています。
審査するときに時代考証が間違っていると
異論を唱える人はいなかったんでしょうか?
まあ映画界的には、そういう所は、気にするポイントじゃないんでしょうね。

でも気になる。
てな訳で「おくりびと」+「JBL」とかで検索してみると、
オーディオマニア達が同じような違和感を訴えていました。

だよね!

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ