耕心館・喫茶ストーリア(箱根ヶ崎)

五日市街道

10月に行われるツールド千葉に出場する事になりました。
僕が出るのは成田から鴨川という第2ステージで、全長136㎞のコース。
最近、遠出していないので、練習がてら青梅方面に向かってみる事に。

練馬方面からは青梅街道や新青梅街道を使えば近いのですが、
どうもあの道は好きになれません。
特に新青梅は、片側2車線なのだけど車道と歩道の間に余裕がなく、
トラックや大型1BOXが歩道ギリギリで走ってくるので、ヒヤヒヤもの。

そこで遠回りになるのですが、精神的に楽なコースを取る事にしました。
まずは千川通りから五日市街道へ。
五日市街道も奥の方へ行くと道幅が狭くなってくるのですが、
手前の方は3車線もあり、おまけに通行量が少ないので楽々!

上水桜通り

境橋の交差点で、五日市街道から玉川上水を挟んだ反対側、上水桜通りに入ります。
ここは自転車乗りには人気の道で、多くのサイクリストが走っています。

五日市街道

再び、五日市街道に合流。
小平付近に来ると、こんな感じで道幅も狭く渋滞が起きてきます。
走っていて気がついたんですが、五日市街道にぶつかる道が、
十字路じゃなく丁字路になっている所が多いんですよ。

丁字路が左右から互い違いにぶつかってくるので、信号も交差点も多くなり渋滞に。
よく城下町では、真っ直ぐ勢いよく敵兵の大群が進まないように、
道をクランクに作ってある所が多いのですが、この一帯もそうなんでしょうか?
…で、ちょっと調べてみたら、やはり戦略上の物もあるし、
さらに、牛や馬が暴走した時に、丁字路で止める役目があったらしいです。

今はその馬の暴走を止める仕掛けで車が止まり、渋滞になってるんですけどね。

残堀川

五日市街道の途中から武蔵村山方面に向かい、残堀川沿いの道へ。
この川は瑞穂町の狭山池公園を起点としているので、
瑞穂町までは、青梅、新青梅街道を使わずに行く事が出来るのです。
かなり遠回りですけどね。
でも車が少ないというのは、精神的疲労がホントに少ないし、走っていて楽しい。
自分的なサイクリングロードの第一条件です。

耕新館

青梅の前に瑞穂町で一軒寄って行く事にしました。
江戸時代の豪農の家を改築して造った町の施設、耕心館。

敷地

武家屋敷のような面持ちで、広い敷地をほこります。
この奥が駐車場と駐輪場。

煙突

駐車場には醤油を醸造していた頃の名残の煙突が。

建物

門を入ると、立派な母屋がドーンと待ち構えています。
右手の蔵は、その昔、醤油を売っていた場所だそうです。
現在は事務所になっています。

庭から

庭から見た母屋。
ガラス越しの場所がカフェになっているのですが、豪華な雰囲気ですねえ。
華麗なる一族とか、そういう旧家物のロケに使われてもおかしくなさそう。

店内

この耕心館の中にあるのが、喫茶ストーリア。
元々この場所は、町が運営する前は豪華なフレンチレストランだったそうですが、
経営が上手くいかなかったのか、閉店。
その後、町が買い上げて町の施設として運営しているのだそうです。

なのでトイレとか、バブル時代を思わせるゴージャスな造り。
随所に、フレンチレストランだった頃の名残があります。

ケーキセット

遠出する為に朝ご飯はきっちり食べたので、朝から10時のおやつでケーキ。
今は町の施設ですから、お値段はリーズナブルに。
ケーキセットはマロンケーキ470円、ドリンクはプラス200円

景色もいいし、思わずまったり。
この後、青梅に向かうのだけど、しばらく動きたくない感じですなあ。
実はこの背中側にエアコンがあって、汗を引かせている最中。

よし、HPが回復したら出かけよう。
目指せ!青梅!

■耕心館・喫茶ストーリア
■東京都西多摩郡瑞穂町大字駒形富士山317-1
■営業:10:00~17:00
■定休日:月曜
場所はこのへん
オフィシャルサイト

地図

自転車で都内のカフェ制覇の旅。
瑞穂町、制覇の巻!

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


ぱんだ珈琲店(阿佐ヶ谷)

ぱんだ珈琲店

阿佐ヶ谷でもう1軒。
高円寺のハティフナット同様に、男一人で突入するのは困難なメルヘンカフェで
羞恥プレイする為です。

中杉通りに面したビルの2階にあるのが「ぱんだ珈琲店」。

看板

階段を上ると、パンダの看板がお出迎え。

店内

そして店内は女性客でほぼ満席。
もう一名男性がいたけど、当然カップル。
当然男性の単独客は僕一人。
ここまで来たらもう引き返す訳にはいきません。
偶然空いていた1席に勇気を持って突入です。

店内は、パンダ一色で(パンダは2色ですが)様々なグッズで埋め尽くされています。

グッズ

こちらはパンダ雑貨のお店も兼ねていて、飲食をせず雑貨だけでもOKのようです。
オリジナルのグッズもいろいろあります。
店内の至る所にパンダグッズがあるのですが、
女子で満席の為、カメラを向けることは出来ませんでした。

女性客達が携帯で♪ピロロロ〜ンとか鳴らしながら写真をガシガシ撮っているので、
写真を撮るのは公然と化しているのですが、
一応、写真を撮っていいか確認をとって写しています。

パンダオレ

頂いたのはパンダオレ600円。
パンダのラテアートが描かれています。

この写真、ツイッターとかで流したけど、やっぱ女子ウケはいいですね。

この日は日曜日だったので、特に女子率が高く、
いくらメルヘンカフェ羞恥プレイといえど、かなりハードルが高かったです。
平日に来て、もうちょっと空いているところでグッズとか撮りたかったな…。

■ぱんだ珈琲店
■東京都杉並区阿佐ケ谷南3-31-14 戸門中杉ビル2F
■営業:
11:00~21:00(平日)
11:00~19:00(土日祝)
■定休日:水曜
場所はこのへん
お店のサイト

餃子

この日、夜は地元女子と食事の約束をしていたのですが、
彼女の希望もあって、地元餃子屋めぐりをする事に。
餃子にビールだけで何軒廻れるかというもの。
この日は3軒はしごして食べ比べ。

男一人でカフェめぐり。
女子と餃子屋めぐり。
逆!逆!
オレもそう思う。

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ