疑惑のチャンピオン

ツール・ド・フランス開幕の日。

ツールで前人未踏の7連覇しながら、
ドーピングが判明し、全て記録が抹消されてしまった、
汚れた英雄ランス・アームストロング。
そのドーピングの裏側を描いた映画
「疑惑のチャンピオン」を観てきました。

当初からランスの成績や記録に疑問を持ち、
ドーピングを疑って来たジャーナリストのデイヴィッド・ウォルシュ。
孤立しながらも、告発を続けるうちに賛同者が現れ、
ランスの身内だった人間からも、次々に証言がされて行き、
ついに、偉業がドーピングによってもたらされた事を告白。

そんな自転車ロードレースのドーピング事情が描かれています。

同じくロードレースでのドーピングが描かれた映画
「パンターニ、海賊と呼ばれたサイクリスト」

こちらでは、金儲けを企むエージェント達が、
有望な少年に目を漬け、ドーピングでスター選手に祭り上げ、
スポンサーから巨額の金を手にしていく。
そういうシステムに巻き込まれた風に描かれており、
割と選手に同情的な立場でした。

逆に、ランス・アームストロングの方は、
ベテランの選手に、
「お前は勝てない!なぜならここにいる選手は、お前より赤血球が多いからだ」
と、すでにツールにドーピングが蔓延している事を暗に告げられ、
それに対し、ドーピングに勝つには、ドーピングだ!と、
自ら、中枢となったフェラーリ医師に近寄って行った事が描かれています。

ランスや、パンターニばかりが取りあげられますが、
バレ無ければいいんだと、蔓延していたドーピング。
栄光の選手と言われる人達も、本当にクリーンだったのか疑いたくなります。

1人の選手が勝ちたいから不正をしただけでなく、
金儲けの為にチームやエージェント、
さらには自転車界もが、盛り上がりに水をさすまいと黙認、
そんな大きな傘の下で、ドーピングが続いて行った事がわかります。

クリーンになったハズの今でも、年に何人かが検査に引っかかります。
いつになったら、この疑念は払拭されるのでしょうか?

ちなみに、僕が最初に好きになった選手、ジョージ・ヒンカピー。
この映画には出て来ないのですが、
彼もUSポスタル時代ランスの同僚で、その時代のドーピングを告白しています。

しかしUSポスタルを出てからはクリーンな走りをしていたと侘び、
僕の好きな2009年のHTCコロンビア時代の鉄人ぶりは、
本物だったと信じたいです。

さて、映画としての感想。

主役のベン・フォスターのアームストロングっぷりが凄いです。
走り方もそう、雰囲気もそう、
途中からアームストロングにしか見えなくなって来ます。
レースのシーンでは、本物の映像と、
ベン・フォスターを交互にフラッシュしていくのだけど、
ほとんど違和感無し!

自転車好きは、映し出されるマシンやメカにも注目したくなります。
特に、USポスタルに移籍して、マシンがトレックになった時、
おお!と思いました。

大画面で、ツールの映像を観るのは、とても美しく、
どこかの映画館で、ツールのパブリックビューイングやってくれないかなと。
終電無くなっても、観たい人は自走できて、自走で帰るから問題なし。
これって、需要あると思うなあ。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*