パンターニ/海賊と呼ばれたサイクリスト

ランス・アームストロングを描いた「疑惑のチャンピオン」。
こちらと共に見ておきたいのが、
マルコ・パンターニを描いた「パンターニ/海賊と呼ばれたサイクリスト」

「疑惑のチャンピオン」は、ベン・フォスターがランスを演じたのに対し、
こちらの映画は、実際の映像と身近な人達のインタビューで構成された
ドキュメンタリー作品です。

2人には共通点があり、
ランスは、ガンからの生還と、復活。
パンターニは、交通事故で重体になりながらも、復活。
そして、その後、ドーピング疑惑で世間を賑わせ、堕ちていきました。

ただし、知っておいて欲しいのは、2人だけの問題ではなく、
長い歴史の中で、始まった時からすでにツールはドーピングまみれだった事。

初期は、悪路に体が耐えられず、
痛み止めとしてありとあらゆる薬が使われていました。
それが次第に、勝つための手段として薬が使われるように。

戦後5回優勝したジャック・アンクティルの言葉
「ミネラルウォーターでは勝てない」

ジロ・デ・イタリアで最高峰となる峠は「チマ・コッピ」と呼ばれますが、
それは名選手「ファウスト・コッピ」の栄誉を称えたもの。
しかし、彼もテレビ番組で、薬を常用していた事を告白しています。

そして、ドーピングは次第に金儲けの材料として使われていきます。

パンターニは、プロと契約する前に1度「自転車をやめたい」と語っています。
理由はマフィア。

そして、色々な証言で、当時の裏側が形成されていくのですが、
若くて有望な選手に目をつけ、ドーピングによってスターに祭り上げ、
スポンサー料などの収入で莫大な金を稼ぐエージェントがいる事、
こちらは、疑惑のチャンピオンでも描かれています。
その中には、勝つためには薬をやれと強要する人もいたのでしょう。

どちらかというと、下ハンを持って、飛ぶように登って行く、
パンターニの凄い映像が観たくて買ったので、
映画の前半は、そんな迫力ある映像に驚いて観ていたのですが、
後半は、避けては通れないドーピング問題中心。
観ていて重苦しい感じになってきてしまいます。

そういう映像を純粋に観たい人は、
1998年のツールドフランスを観た方がいいように思います。

ただ、過去にはそんな間違った時代もあった事からは目をそらさず、
でも、今はクリーンである事を信じたいです。

SKYのクリス・フルームが強すぎてドーピングを疑われた時、
アンチドーピングを掲げるSKYは、
ランスの疑惑を徹底取材で明かしたジャーナリスト、
デイヴィッド・ウォルシュを帯同させて、チームを監視させ、
身の潔白を訴えています。

ともかく、今はクリーンと信じて、
今年のツールを楽しみたいと思います。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*