ムトウ コーヒー ロースタリー(中野)

世間では、梅雨があけてやっと夏が始まったという感じですが、自転車乗りにとっては、ツールドフランスが終わり、半分夏が終わりました。

とはいいつつ、30度を超える気温が続くので、バッサリ髪を切りに来ました。その後、丸井の地下駐輪場にミニベロを止め、丸井の中のコメダ珈琲の行列を横目に、そのまま裏手に出て、ムトウ コーヒー ロースタリーへ。

髪を切りに来た時のルーティーンです。

頂いたのは、アイスのミルクコーヒー。アイスコーヒーを頼んでもミルクがついてくるのですが、たっぷりミルクのコーヒーが飲みたかったので、こちらに。まあ、通常ならアイスオレと呼んだりするのだろうけど。

アイスコービーって下に苦みが残るタイプの物が多いのですが、ミルクのまろやかさがありながら、コーヒーの味もしっかり。

ここ、ムトウは、ホットでもアイスでも、味覚の相性がいいなあ。

アイス系のコーヒーでは、ここと、鷺ノ宮のコトナコーヒーが好きかも。

■MUTO coffee roastery(ムトウ コーヒー ロースタリー)
■東京都中野区中野3-34-18
■営業:11:00~20:00
■定休日:木曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

ツール・ド・フランス 2019

自分の興奮を分かち合えない1ヶ月が終わりました。21ステージで総合優勝を争う世界最大の自転車レース、ツール・ド・フランスが閉幕しました。

今年は盛り上がるのかな?と当初懐疑的でした。

クリス・フルーム、トム・デュムランという総合優勝争いにかかわる2選手が怪我の為、欠場。平地決戦で強さを見せたマルセル・キッテルは引退、マーク・カヴェンディッシュは選出漏れ、アンドレ・グライペルはエース座を奪われ、格下のプロコンチネンタルに移籍。始まる前から、なんだか寂しいムードが漂います。

ただ、逆に戦力が均衡した事で、例年は安パイな鉄板レースになりがちだったのですが、今年は、いろんなドラマも生まれました。

久々にフランス人ライダーが上位に顔を揃え、盛り上がる現地。ところが、そんなフランス人ライダーを不運が襲いました。

総合5位につけていたティボ・ピノーは、第17ステージで落車を回避した際に、左膝をハンドルに強打しレース続行が不可能になり、リタイア。

それまで総合1位のアラフィリップは、第19ステージで、ベルナルに逆転された途端に、その先のコースが積雪で不通となり、レースが途中で打ち切られ、逆転が不可能となる不運。

ただ、個人的には自分と同じロードバイク「リドレー」に乗るベルギーのチーム「ロット・スーダル」が活躍し、最高の夏となりました。

逃げ職人トーマス・デヘントが、第8ステージで200kmを逃げ切ってステージ優勝。このときは、他チームのファンの方々からも「凄いレース」と祝福が。

そして象徴的だったのは、昨年までのエース、アンドレ・グライペルと入れ代わりで入った、カレブ・ユアン。21戦の最終戦は、花のシャンゼリゼ決戦と言われ、かつてはグライペルが、シャンゼリゼ職人として勝ちを積み上げていたのですが、今年は、新エースのユアンが見事勝利。グライペルが後ろにつけていたので勝って欲しい気もあったのですが、新旧世代交代が達成されてしまいました。

いろんな意味で世代交代を感じた今大会。日本は令和になりましたが、ツールも新しい時代に突入しましたね。

…とここまで読んでくれた人の大多数が、ちんぷんかんぷんだと思います。だから、他の人とは話をせず、一人で楽しんで来ました。大変申し訳ないのですが、高校野球とか全く興味がないので、リアクション薄くても責めないでください。僕も、興味の無い方に強要するような事はするつもりはないので。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ