カフェハイチ(中野)

やっと自転車で快適に走れる天候となりましたね。さっぱりと髪を切る為に中野へ。髪も夏らしく短くします。

途中、新井薬師公園のひょうたん池へ寄り道。

NHKのドキュメント72時間で、阿佐ヶ谷の金魚の釣り堀をやっていたのですが、それが凄く良くて、釣りの光景をのぞきに来ました。

かつて、TVの釣り番組をやっていた事があるのですが、プロ志向で、スポーツフィッシング的要素があるので、みんなイラついてました。格闘技に近い釣りだったのです。だから、仕事ではやっていましたが、趣味としては釣りにはハマりませんでした。

でも「72時間」でやっていた阿佐ヶ谷の金魚釣り堀。何が良かったって、その「ゆるさ」。誰もムキになっていないし、プロっぽいムードになっていない所が凄い素敵。師匠と呼ばれる常連さんも、他人の子守をしたり、自分が金魚を釣り針にかけたら、釣り上げる所を子供にやらせたりしている。完全に娯楽。

それを観て思い出したのが、荒川サイクリングロードや、入間サイクリングロードで、鉄橋の下で釣りをしている人達の光景。やっぱ、のんびりと緩いのですよ。

その上を沢山の人を乗せた電車が走っていくのだけど、きっと仕事で上手く行っていない人とか、ブラック企業で苦しんでいる人とか、窓の外ののんびり釣りをしている人の姿は目に入らず、スマホだけを見つめているんだろうなあという光景が、勝手に思い浮かびました。

30代の前半とか、仕事も順調で、スケジュールもパンパンで、脳みそがオーバーヒートしそうなぐらい考え働いていましたが、その反面、売れっ子気分で天狗になり、忙しくない人は無能と決めつけ、勝手にイライラして、人に当たりまくっていました。このぐらい、さっさとやれよ!的な。

今、周りでも、真面目な仕事人間で、スケジュールパンパンにして働いている人がいるのですが、結果、ストレス等から体調をこわし、休んだり、入院したり。自分も、それが本末転倒だと気づくまでに、かなりの時間を要しました。

肉体も精神も、健康でいられるって、かなり重要。のんびり金魚を釣るぐらいの余裕が無いってダメで、どれだけ仕事をが出来ると主張しても、自分のヒステリーを人にぶつけるヤツは、「お前余裕ないじゃん」と、認められません。

まあ、かつての自分なんですけど。それだけ、あの頃の事を反省しています。

のんびり寄り道して中野の来たら、カフェハイチに。ここも、ゆるーいお店です。お店に入っても誰もいないので、隣の倉庫を覗いたら、ヒマだったらしく何か別作業していた模様。そこで声がけして、店内に。

ドライカレー700円に、温玉100円をプラス。

まったりスパイシーなドライカレーに温玉のマイルドさを加えて、さらに中和。平和な味です。

やっと夏らしい雰囲気になってきましたが、今年の夏の目標は「ゆるゆる」で。猛暑になろうが、ムシムシの湿度になろうが、怒らないというのが目標の一つです。

■カフェハイチ 中野 (Cafe HAITI)
■東京都中野区中野3-15-8 マンション増田103
■営業:
10:00〜19:00(月〜水)
10:00〜21:00(木〜日)
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*