南極料理人

この映画をカフェ映画ではなく、自転車映画として紹介しましょう。
何と南極でも基地の隊員は自転車に乗っていたのです。
映画では、GIANTのマウンテンバイクに乗っている姿が映し出されています。

これは映画上の演出ではなく、実際のエピソードに基づく物らしいです。
というのも、アウトドア用品のメーカー、モンベルのサイトで、
南極観測隊員に派遣された人の日記があるのですが、
そこでも自転車で南極を走り、
観測隊員にお弁当を配達する様子が紹介されていました

南極じゃないけど、お弁当を持って、自転車でおでかけというのもいいかもね。
もう少し暖かくなったら。

ところで、この映画、料理がメインなのに、
セリフの中に一度も「美味しい」という言葉が登場しません。
言わずに美味しさを見せていく手法をとっているのです。

カニを食べる時って黙々と食べるだけで旨さが伝わりますが、
この映画は全てがそう。
言葉を発せず一心不乱に料理をむさぼり食うのです。
でも、それが本当に美味しそう。
表情だけで美味しさを表現するのですが、
堺雅人さんが妻の手料理を思い出して涙するシーンも、じんわりきます。

だから、どこかで一度だけ言う「旨っ!」がオチとして生きているのです。

そして、度々このブログにも登場する
フードコーディネイター飯島奈美さんの料理。

CMの料理撮影なんかだと、美味しそうに見せる為に、偽物を使う事があります。
鉄板の上でジュージュー言う肉汁がゼラチンだったり、
ビールの泡をガスで作ったり、
美味しそうに見えるけど、実際には飲んだり食べたり出来ない物がほとんど。

でも、そんな中で飯島さんのポリシーは全部実際に食べられる物。
だからあの美味しそうな表情を引き出す事が出来るのです。

TVのグルメ番組には、
わざとらしくレポーターが迷ったフリをしてお店を探したり、
箸やスプーンなどでの「持ち上げ」というシーンを挿入したり
「肉汁が口の中で広がる」とお決まりのフレーズを言ったりする、
「お約束」というのがあります。

バラエティーで、司会者が何か言うたび、ひな壇芸人が全員立ち上がったり、
画面の隅に四角く切り取られたワイプの中で、
ベッキーや優木まおみさん、矢口真里さんが、笑ったり泣いたり…。
TVは、いつしかこのお約束から抜け出せなくなっているのだけど、
この映画を見ると、そんな方法を取らなくても、いくらでも伝える方法はあるのに
…などと思ってしまいます。

P.S
この映画の最後に登場する言葉をご紹介して、しめくくるとしましょう。

あたりまえのように水が使えて
あたりまえのように外に出かけたりすれば
ますますわからなくなっていく…。
はたして自分は本当に南極になんて行ったのか。

水のパニック買い占めに走っている人達に捧ぐ。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

茶日(笹塚)

ガソリンスタンド

震災後初のチャリカフェに出かけて来ました。
街は徐々に平静を取り戻しつつあり、ガソリンスタンドの行列も消え、
人々のパニックも収まりつつあります。

被災地である、うちの実家のある岩手県の宮古市も、
「街に元気を子どもたちに夢を」を合言葉に、
この日から津波の被害の無かった映画館が、営業を再開。
ドラえもんの上映が始まりました。

未だに、「この時期不謹慎だ!レジャーは慎むべき」という人もいますが、
節電はすべきだけど、復興の為には経済を回すべきで、
今、一番重要なのは、節電しながら普通に暮らすことだと思います。

そこで、自転車でのカフェめぐりを再開する事にしました。

10号通り商店街

訪れたのは笹塚にある10号通り商店街。
「10号」という名前は、
かつて玉川上水新水路(現・水道道路)に架かっていた橋の名前にに由来していて、
新宿方から順に何号という名前が付いていて、
手前の幡ヶ谷には六号通りがあります。

ピナレロ

商店街を散策して気づいたのですが、
ママチャリとクロスやロードの割合が、五分五分ぐらいなのに驚きました。
新宿まで駅で3つ、渋谷も下北沢へも自転車で15分程度という土地柄だけに
ママチャリではない自転車の、若者が多いのです。

持ち帰り専門の焼き鳥屋さんに置かれているのがピナレロだったりします。
…と言いつつ、我が江古田にもデローザで通っている
お総菜屋さんがあったりしますけど。

看板

この10号商店街でのお目当ては、こちらのお店「茶日」。
お隣の代田橋で人気のカフェ「チャビィ」の姉妹店です。

茶日

最近、あえて木の窓枠にして、古民家風な雰囲気を作り出すカフェ増えていますね。

店内

一見、古民家風ですが、実は家具や内装は、気鋭の職人達の手による物で、
代田橋のチャビィでアート展やワークショップなどを通じてつながった人達によるもの。
シンプルなロングライフデザインが、ぬくもりを与えつつも、
どこか一本筋の通ったような、芯も感じさせてくれます。

ランチ

ランチはサラダ&ドリンク込みで1000円のセットがいくつがあるのですが、
この日は「豚肉のポトフ」がオススメという事で、それをチョイス。
パンとライスから選べるのですが、パンに。

チャビィでも書いたのですが、こちらの系列のお店は、やはり接客がすばらしい。
素晴らしいというか、気持ちいいというか。
よくありがちな、マニュアルのフレンドリーさではなく、
接客が本当に好きなんだろうなという感じ。
それがいい空気感を作り上げているのです。

豚肉のポトフ

こちらは、フレンチで学んだシェフが料理を手がけるのですが、
この豚肉のポトフも、写真だとスパイシーそうですが、
実はシンプルで上品な味わい。
肉や野菜など素材の甘みを感じられる味付け。
豚肉も大ぶりで、角煮ぐらいの厚切りの物がゴロゴロ入っています。

コーヒー

商店街のど真ん中にあるお店という事で、
年配のお客さんも多く訪れます。

「先生」とか「事務局」とか言っていたので、教育関係かと思いますが、
年配グループで唯一のアラサーと思われる女子が、
やはり自転車用ヘルメットを持っていて、
「近場は全部自転車で」という話をしていました。

ガソリンパニックで自転車も売り切れというニュースが流れましたが、
これを期に、近場は自転車でを実践してほしいですね。
乗ればわかりますけど、時には、電車や車より早く移動できる乗り物なんです。

■茶日
■東京都渋谷区笹塚2-10-7
■営業:12:00~翌2:00
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のサイト

哲学堂公園

帰りに中野通を通って帰って来たのですが、
公園で子供達が遊んでいたり、新井薬師の池で釣りをしている人が沢山いたり、
日常の風景になりつつあるのを見て、少しホッとしたし、嬉しくもなりました。

そういえば、この震災で桜の事などすっかり忘れていましたが、
桜はどうなってるんだろうと、哲学堂公園に寄って様子を見てきました。
やはりこの寒さで例年より遅れ気味ですが、つぼみはちゃんと膨らんでいました。

必要以上に浮かれる必要なないと思いますが、
気持ちに余裕がある人は、お花見してもいいと思いますよ。
笑顔になれる人から、笑顔になりましょうよ!

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ