喫茶・城山(上町)

上町

都内では都電荒川線と並ぶ人気の路面電車、東急世田谷線。
路面電車というよりヨーロッパのトラムに似たフォルム。
路面電車って、なんだか惹かれる物があります。
江ノ島、富山、広島、松山、鹿児島…
路面電車が走っている街に行くと必ず乗ってみました。

そして乗ると脳内で「はっぴいえんど」の「風をあつめて」が流れ出すのです。

♪街のはずれの
背のびした路地を 散歩してたら
汚点だらけの 靄ごしに
起きぬけの路面電車が
海を渡るのが 見えたんです
それで ぼくも
風をあつめて 風をあつめて
蒼空を翔けたいんです
蒼空を

名盤ですな。

そんな路面電車が走る、上町の駅の近くにあるお店。
実は、1ヶ月ぐらい前に行ったのに載せ忘れていました。

城山

一見、ちょっとした料亭のようにも見えるお店、それが「喫茶・城山」。

庭

中に足を踏み入れると目の前に広がる日本庭園。
とっても、とっても高級そうに見えるけれど、実は庶民的な喫茶店。

何か違和感があるな…ホームセンターの香りがするぞ…。
と思っていたら、藻が生えたように見えるこの池。
コンクリートを緑に塗ったものでした。
あ−、なんか惜しい。
これだけ素晴らしい日本庭園なのに。

庭

一階の奥の席はこの庭に面したガラス張りの一等席なのですが、
さすがにお客さんがいました。
二階席に向かう階段を登り切った所からも庭が見えるのですが、これまた見事。
右手はモミジだから、秋は紅葉で京都っぽくなるんでしょうね。

二階

二階席は、柱の具合とか、壁の具合とか自然の経年具合がいいのですが、
やはり、どこか庶民的なテイスト。

クリームあんみつ

クリームあんみつは、480円。
安っ!

自分で勝手に理想の古民家カフェを思い描いてしまっていたたので、
所々「惜しい」と思ってしまっていたけど、
ここはご近所の方々に愛される、庶民的な喫茶店。
自分がこの近所に住んでいたら、
サボりたい時にここに逃げ込んでボーっとするに違いありません。
そう考えると最高じゃありませんか!

ここは街の中の最高に穴場な喫茶店なのです!

■城山
■東京都世田谷区世田谷3-5-7
■営業:
11:30~20:00(月〜金)
12:00~17:30(土日祝)
■定休日:不定休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

マッシュマンズ・カフェ(池袋)

マッシュマンズ

台風2号が温帯低気圧に変わった翌日。
予報では雨だったけれど、台風一過か窓を開けると青空が広がっています。
しかし、元台風、略して元タイは、あがくように強い風を吹かせています。
もう、元タイがしつこくって…。

これは自転車で出ても向かい風だなあ…と思いつつ、
番組で使う音源を買いに池袋のタワーレコードに向かいました。

うー、ママチャリだと前に進まない!
これが人生の向かい風でない事を祈る!
風当たりが強いと言うけど、このぐらいバッシングされたら心が折れる!
とか、関係ない事を考えながら、必死でペダルを漕ぎました。

その帰りに、ランチをしに寄ったのが、同じ東口の区役所近くにある
マッシュマンズカフェです。

看板

ホントは、この看板、風で倒れていたのですが、
写真を撮るために僕が立てかけ直しました。
一日一善。

店内

真っ赤に塗られた店内。
今どきこんなに真っ赤なのは、フェラーリか消防車か、この店か。
赤って、心をざわつかせる何かがありますね。
それに拍車をかけるように、キッチュなアートや、ポップな椅子達。

壁画

今は、ヒップホップやR&Bが音楽界のメインストリームになりましたが、
やっぱりロックが好きだ。
しかも、パンクっぽいのとか、おバカっぽいのとか。
親に感謝するだの、そばにいてくれるとか、そういうの苦手。
家でこっそりやって欲しい。

まあ、でもそういうの書かないと売れないよね。
それも重々承知してるけど。

ランチ

ランチはパスタ2種類、御飯2種類の中から選ぶスタイルだったのですが、
真っ赤っかの店内で選んだのは、真っ赤な「鶏の唐揚げチリソース炒め」
サラダとドリンクがついて、850円。

味付けは少し濃いめだけど、こういう雰囲気だとそのぐらいの方がいい気がする。

強い風に逆らって走ったからか、
なんだか勝手にロックな気分になっている、自分なのであった。
だから、いつもより毒舌気味になってるんだ。
単純…。
バカかだなあ。

■マッシュマンズ・カフェ
■東京都豊島区東池袋1-39-20 2F
■営業
11:30〜15:00(ランチ)0ランチタイム
15:00〜18:00(ティータイム)
18:00〜23:00(ディナー)
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のツイッター

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ