茄子 アンダルシアの夏

自転車に乗るようになってから、自転車にさらに興味を持つようになりました。
でも、乗っているのはロードではなく、クロスバイク。
速く走るとか、ヒルクライムに挑戦するとか、そういうのには興味がなく、
どこに行くか、行って何を食べるか、というのがメインなので、
正直、今でもレースの事はチンプンカンプンです。

なのに、このアニメに興味を持ったのは、
『もののけ姫』や『千と千尋の神隠し』などのジブリ作品で作画監督を務め
宮崎駿の右腕とも呼ばれていた高坂希太郎さんが監督を務めている事が、1点。

マッドハウスの製作であるという事が、2点目。

大泉洋が主役の声優を務めているという事が、3点目。

wikiによると

スペインの自転車ロードレース、ブエルタ・ア・エスパーニャを舞台に、
主人公が解雇の危機や、かつての恋人と兄の結婚という複雑な思いを抱きながらも、
プロロードレーサーとして「仕事」に取り組むさまを描く。

という、この作品。
自転車レースの事を詳しく知らないけれど、その醍醐味は伝わってきます。

上映時間47分という短い作品なので、
恋愛事情は深く描かれていなく、引きずった残り香ぐらいのエッセンスで入れ込みながら、
自転車レースのチームプレイの事が、ダイナミックに描かれています。
マニアの人って、どんなに詳しく映画いても、描き切れてないと感じるのが常ですが、
そこまでのどっぷりマニアではない人にとっては、
短いからこそのスピード感もあり、余計なシーンがないので、それがいいのかも。

ツールドフランスとか、そういうのを見る前に、
その雰囲気を学ぶのには、いいアニメかもしれません。

それよりも驚いたのは、大泉洋さんの声優としての巧さ。
アニメに声を当てている他のタレントさんより、抜群に上手いと思いました。

最近のアニメは、話題作りの為にタレントさんブッキングする傾向にありますが、
やはり声優さんは声の役者さんで、演技力がないタレントさんの声は正直ツライ。
かと言って、若手声優さんのアニメ声演技もツライ。

元々、大泉洋さんは、舞台俳優という根っこがあるからでしょうか、
軽い演技がとても上手い。
クレジットが出なかったら、本職の声優さんと思うでしょうね、きっと。

腰を据えて、さあ見るかと構える作品じゃない。
ハンカチ用意して、涙を拭く準備をして、感動しようという作品でもない。
でも、画面の中を疾走する自転車同様、
心の中を一陣の風が吹き抜けるような作品だと思います。

天気のいい休日の午後に、ワインとか飲みながら観たら気持ちのいい作品。
作品に登場するのは「茄子 のアサディジョ漬け」だけど、
なかったらピクルスぐらいは用意して、飲み始めたい。
エンディングテーマは『自動車ショー歌』の替え歌である『自転車ショー歌』を
あの、忌野清志郎さんが歌っているのだけど、
キヨシローの声が聞こえてくる頃、ワインと疾走感のある作品で、
少しハイになっている自分がいるハズです。

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


ひみつのカフェ

お店

こうしてカフェめぐりをしていると、
ここは秘密にしておきたいなというお店にも出会います。
このお店も、そんな一つ。

なので知っている人がいても、コメント欄とかに書かないで、
ここでは秘密というお遊びにお付き合いください。

まあヒントだけ言っておくと、江古田から女子でも気軽にママチャリで行ける距離。
練馬区にあるカフェです。

店内

ヨーロッパの家のような店内。

店内

可愛らしい小物がいっぱい並んでいます。

雑貨屋さん

カフェのお隣には、そんな小物が並ぶ雑貨屋さんも併設。

メニュー

メニューも絵本みたい。

シロップ入れ

チャリカフェ仲間を増やそうと、女子達を誘い、
とっておきのお店に連れてきたのだけど、すぐに夢中になりました。
エッフェル塔の形をしているのは、シロップ入れ。
こういう乙女心をくすぐる仕掛けが満載のカフェなのです。

ガパオライス

タイ風のガパオライスは可愛いハートの器に盛られて出てきます。

けんちん汁

こちらは、けんちん汁のセット。

おかず

おかずは、ミニチュアのような可愛らしい作り。
プチトマトの大きさを基準にして見て貰えばわかると思いますが、
ミニミニなクロワッサンとか、結構、手が込んでます。

デザート

デザートは、これまたハート型の器に入ったクリームチーズ。

お昼時、この日も満席で、入れずに引き返す人も何人か…。
という訳で、場所や店名など、ひみつにして置きたいと思った訳です。

2階

そして、これだけではありません。
こちらの2階には、いろんなドールハウスが展示されているのです。
見学には、予約が必要。
ドールハウスに電気をつけたり、いろんな準備が必要なので。

ドールハウス

精巧に作られたミニチュアの家。
これらには、買い集めた物と、自分で作った物があるそうです。

ドールハウス

本棚に飾られていた屋根裏部屋のミニチュア。

額縁

壁に額縁が並んでいますが、こちらもドールハウス。

ドールハウス

その額の中には、ディズニーランドとかにありそうなヨーロッパのお部屋が。

ドールハウス

とにかく、細かい所までこだわり、いろんな演出のある、こちらのお店。

ツリー

ちゃーんと、ドールハウスの中にもクリスマスの飾り付けが。

こういうお店を発見出来るのも、チャリカフェの楽しみの一つなのです。

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ