トリスカフェ(江古田)

看板

※このお店は閉店しました

真昼に月が出ていました。
青い空にトレーシングペーパーを浮かべたように薄く透けて見える月。
真昼の月は、なんだか場違いなような気恥ずかしさで、
照れながら控えめに輝いているように見えます。

平日の昼って、みんなが働いている時間。
そんな時間のカフェ巡りは、
真昼の月のような若干の場違い感と気恥ずかしさがあるのです。

「今日は、夕方からの仕事なので、その前に寄ったんでです!」
…なんて、いちいち説明してまわる訳にいかない。
ホントは誰も気にしてないし、後ろめたくもないハズなのだけど、少し微妙な気分。

という訳で、仕事前に地元江古田のカフェめぐり。
江古田は、3つの大学があるのですが、それぞれ立ち寄るお店は違います。
そしてそれぞれのカラーも違う。

池袋アトリエ村シリーズに続いては、
江古田にある3つの大学の学生の集まるカフェと、
それぞれの違いを特集してみたいと思います。
最初は、江古田駅北口にあるトリスカフェ。
こちらは日大芸術学部の学生が多いお店です。

トリスカフェ

路地の奥にひっそりとある隠れ家的なお店で、最初は入るのに勇気がいるのですが、
その為、穴場的な場所となっていて、ゆったりと流れる時間が心地いいです。

元々は割烹料理屋さんだった所ですが、それをリノベーションしてカフェに。
店長は日芸の演劇で舞台美術をしていたので、
その仲間が集まり、手作りで色々と作られたものが、お店に暖かみを加えています。

場所もあるけど、そういう空気感が合うのか、やはり日芸の学生さんが多い。

お店で飛び交う会話も、写真の話だったり、デザインの話だったり、
もちろん恋バナなんかもあるんだけど、なんか日芸っぽい。
ファッションなんかも、自分の個性やスタイルを打ち出している人が多い気がします。

ソイラテ

この日、頂いたのはソイラテ480円。
寒いからこういうの頂くと、ちょっと元気になれる。
泡も美味しい。

江古田は住んでいる町だから、知り合いに会うケースが多いのだけど、この日もそう。
カウンターに座っているのは、知り合いの女子大生。
奥の席には、これまた知り合いのナース。
仕事前の自分、ランチの女子大生、夜勤明けのナース。
バラバラの時間の軌道を過ごしている3人が、惑星直列みたいに、時間が合って同じお店に。
いつもは、夜の飲み屋さんで会うのだけど、こうして昼間に会うと、少し気恥ずかしい。

地元カフェには、そんな真昼の月のような空気感が漂っているのでした。

※このお店は閉店しました

■トリスカフェ
■東京都練馬区小竹町1-58-2
■営業
11:30~23:00(月~金)
14:00~23:00(土日祝)
■定休日:水曜
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


バグダッドカフェ

カフェが舞台の映画とういうと、真っ先に思い浮かぶ作品。
テーマソングの「コーリング・ユー」と共に大ヒットした作品で、名作だと思うのですが、
今、観ようとしても、これがなかなかレンタルビデオに置いてません。

というか今の時代ビデオではなく、レンタルDVDなのだけど、
こちらに置き換わる時に、古い映画は、ある程度切り捨てられてしまったのでしょうか?
自分の住んでいる町の周辺5店舗をまわったけど、どこにも置いてありませんでした。
TSUTAYAの池袋店までも行ってみましたが、そこにもなし。

唯一、近所のマニアック作品を扱っているお店にVHSでありました。
久々に本当の意味のレンタルビデオをしました。
ビデオデッキ断捨離しなくて良かった~。

作品はというと…

そこは日々の生活に疲れきったモーテルの女主人や、日夜遊びに明け暮れる娘、
売れない画家、ピアノの弾けないピアニストなど、うだつのあがらない人々が集うカフェ。
そこへやってきたのがドイツ人のジャスミン。
彼女の出現は、徐々に周りを変えていく…。

ゆっくりと時が流れ、台詞もモーテルの女主人がまくし立てる以外は、ほとんどない。
だけど、いろんな比喩で、人々の心がほぐれている様子をじっくりと表現していきます。
とってもとっても好きな映画です。
今で言う断捨離することで、気持ちをリセットする様子ととか、
心を開いていく様子を、絵のモデルのポーズで表現したり、
人の和とブーメランの軌道とか。

でも、これって現代に通用するのかなあ?

カフェめぐりをしていても
「お店が狭いのでバギーカーの入店はご遠慮いたします」とか
「皆さんにくつろいで頂く為に、お子さんがぐずった場合は外であやしていただくように…」
など、最近は、但し書きの貼られたお店が増えています。
書いてないと、周りを気遣えないんだって。

ラーメン屋さんに至っては、
「お一人様、一品のご注文をお願いします」
という注意書きのお店が増えています。

なんとか増し増しという大盛りラーメンを二人で一つ食べて、
安くあげようと言う若いカップルが多いのだそうです。
「一人一品お願いします」というと、
「どこにもそんな事書いてないじゃないか」と逆ギレするんだとか。

団体で来て「弁当持ってきてるので注文はいいです」という学生もいるそうで、
いつから日本人は書いてないと、わからない人種になってしまったのでしょう。
以心伝心とか、完全に死語ですね。

話はそれましたが、直接的でなければ、なんだかわからないという人には、
全くもって、お勧め出来ない作品。
単純明快なアクションや、ハンカチを持ってご覧下さい的ラブストリーをお勧めします。

絵を見るのが好きだったり、アート好きだったり、
比喩表現を読み取るのが好きな人には、たまらなく面白い作品です。
遠赤外線のように、じんわりじんわり来て、優しくなれる映画だと思います。

そこに漂う空気感を読む映画。
KYならぬKT、空気楽しみましょう。

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ