マンヂウカフェ・麦マル2(神楽坂)

看板

神楽坂上交差点から、少し飯田橋方面に向かった所に、猫の絵の看板が出ています。

路地裏

そこから路地を覗いてみると、なにやら人だかりが。

mugimaru2

そこは麦マル2という、マンヂウカフェ。

メニュー

饅頭のテイクアウトも出来るので、お店お前に人だかりが出来ていたのですね。

元々は谷中に古アパートを利用した饅頭屋さんの「麦マル」があり、
その建物が壊されることになったので、閉店。
今度は神楽坂の古民家を利用してお店を作ったので
「麦マル2」という名前になった模様です。

1階席

1階には古いミシンを使った席があります。
「猫を飼っております」という看板があったけど、
お店自体が劇団四季のキャッツのセットみたいな感じ。
雑然としていて、それが何だか不思議な味となっている。

2階

2階席もあるというので、せっかくなのであがってみました。
6畳ほどの板張りのお座敷席。

まんじゅう

一番プレーンな「白地につぶあん」120円と、コーヒー520円。
コーヒーはポットでも注文出来、それだと600円。

何でもできたては美味しいのだけど、マンヂウも蒸かしたては旨い。
1階から2階にあがるときに、蒸籠からいい香りがしていたけど、
今度はそれが口の中で広がります。

こちらのお店でもアラフォーとおぼしき方達がガールズトーク。
部屋が6畳ぐらいと狭いのと、関西人のお二人という事で声が大きい。
盗み聞きしなくても、ガンガンに話しが耳に飛び込んで来ます。

「なかなか条件に合う人おらんなあ」

その条件は、
「持ち家の人がいいけど、二世帯はイヤで、家の中で繋がってない方がいい」
から始まって、様々な項目が細部に至るまで煮詰められていました。

速記の書記でも全てはメモするのが困難なぐらいの早口で、
1ギガのメモリーカードには収まらないぐらい膨大で、
司法試験に合格するのと同じぐらいハードルが高い理想を、
二人で、まくし立てていました。

今後、その狭き門を突破出来る人は現れるのでしょうか?
…と余計な心配をしながら、その条件はまだまだ続きそうだったので
お先に失礼させていただきました。

■mugimaru2
■東京都新宿区神楽坂5-20
■営業:12:00~21:00
■定休日:水曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


神楽坂茶寮(神楽坂)

神楽坂上交差点

神楽坂は、その名の通り坂の街。
変速レバーに指をかけ、サドルから少し腰を浮かせてペダルを漕ぐ。
車より、歩くより、自転車で駆け抜けると、その高低差を実感する事になります。

神楽坂茶寮

四方から坂が集まった高台の頂点にある、神楽坂上交差点。
その裏手にあるのが、神楽坂でも人気の古民家カフェ「神楽坂茶寮」です。
週末は、お店の前に常に行列が。

テラス

店内は常に満席だったので、テラス席へ。
この日は暖かったので、オープンエアーが気持ちいい。
ただ、行列が出来ると目の前にお客さんが並ぶので、少し落ち着かない。
可能なら奥の席の方がいいかもしれません。

ほうじ茶豚のスパイシーカレー

頂いたのは「ほうじ茶豚のスパイシーカレーセット」1200円。
サラダとドリンクがつきます。
ほうじ茶豚というのは、ほうじ茶で煮込んだ豚の事で、
カレーとは別盛りで御飯の上にごろんごろんと厚切りの肉がころがっています。

カレーをかける前に肉だけ食べてみたのですが、
肉の脂の臭みというか、クセが抜けていて、上品な味に。

カレー

肉は厚切りですが、スプーンですぐに割れるぐらい、
やわらかく煮込まれています。
そしてカレーも程よいスパイシーさで、行きすぎない感じがいい!
大人のカフェ飯という感じ。

カフェラテ

日差しが出ているときは暑いぐらいなのですが、
おひさまが雲に隠れると急に寒さを感じる、変わりやすい気候。
そこで飲み物は温かいカフェラテにしました。

大きなボウルで提供されるのですが、
添えられているのは吉備砂糖。
きな粉と砂糖がブレンドされたもので、
これをラテの泡にふりかけると、コーヒーと共に和風の香りが駆け抜けます。

人気のカフェなので週末は少し待つ事になりますが、
それでも神楽坂を代表するお店なので、一度は体験しておいてもいいでしょう。
今度は出来れば平日に古民家の内装を堪能したいと思います。

お会計の時にチラ見したけど、割とモダンにリノベーションされて現代風ですが、
所々に古民家の跡があり、ちょっと今度、じっくり観察したいです。

(注)
ガールズトークに花を咲かせている女子グループが多い店なので、
ドリンクやデザートが終わってからも、水だけでかなり粘ります。
なので、あそこが帰りそうだなとか勝手に予想すると
かなり肩すかしをくいますので
最初から「待つ店なんだ」という心構えで行った方が、平常心で楽しめます。

■神楽坂茶寮
■東京都新宿区神楽坂5-9
■営業:11:30~23:00
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ