エスケープ(江古田)

エスケープ

武蔵大生の歩くスピードは速い。
江古田にある三つの大学の中で、きっとそのスピードはナンバーワンでしょう。
校門を出て横断歩道を渡り、千川通りの広い歩道側を歩く人はそうでもないけど、
横断歩道を渡らずに、狭い歩道側を歩いて、駅へ向かうルートは、
F1でいうイタリア・モンツァなみの高速帰宅コースとなっているのです。

学校が終わったら江古田には用はない。いち早く脱出したい。
という意思が感じられるほど、思い詰めたように早足で帰路についているのです。

他の2つの大学に比べ、あんまり江古田で遊んでいるイメージのない武蔵大生ですが、
そんな中で割とたまり場的になっているのが、南口にあるカフェ・エスケープです。

きっと遊んでいる人もいると思うのですが、日芸のように個性的な格好をしたり、
音大生のように楽器を持っていたりする訳ではないので、あまり目立ちません。
というか、そっちの方が本来普通の大学生なんだけど。

エスケープ

江古田は、かつて学生街の喫茶店的なお店がたくさんありましたが、
昔ながらの喫茶店からは、徐々に学生達の姿がへり、
代わりに台頭してきたのが、カフェというジャンルのお店。

こちらのエスケープは、この学生街のカフェの中では、かなり早い段階で誕生したお店。
美容室とオーナーが同じで、オシャレなカフェと美容室が隣り合い、
江古田にカフェという文化を創り出しました。

かつては、かなり広いサンルームもつカフェだったのですが、
その一部を改装し、オシャレ雑貨屋さんも誕生させました。

アロマだとかキャンドルだとか、
江古田にはそういうオシャレ系のお店はあまり無かったのですが、
これからそういうお店を定着させられるのか、ちょっと注目が集まります。

カプチーノ

カプチーノは、525円。

少々狭くなったのは残念だったのですが、その代わり禁煙席が出来たのが、嬉しい。

隣りではノートを広げて勉強している、武蔵大生と思われる生徒。
反対側は、就職用の履歴書を書いている生徒。
本を読んでいる人、パソコンのキーを叩いている人、
ここのお店は、いろんな人達で、いつも満席状態。

歩くスピードの速い武蔵大生でさえも、ふと足を止める場所。
たまにはそんな時間も、大切なのです。

■cafe escape(カフェ・エスケープ)
■東京都練馬区栄町2-12
■営業:11:00~22:00
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


モカ(江古田)

音大通り

「臨死!江古田ちゃん」が鳥居みゆきでドラマ化されたりしていますが、
あの江古田ちゃんが、日芸タイプだとすれば、
もう一つの江古田ちゃんは、『のだめカンタービレ』の「のだめ」。
こちらは音大タイプです。

『のだめカンタービレ』のモデルになったのは
江古田の北口にある武蔵野音楽大学。

音大というと、白鳥麗子みたいな、名前からしてお嬢様のイメージがあるのですが、
きっと金持ちが出てくるマンガには、そういう名前が多いので
いつの間にかそういうイメージを植え付けられていたのでしょう。
綾小路とか西園寺とか二階堂とか伊集院とか、そんな特殊な名前が多く、
鈴木とか田中はいないに違いないと、勝手に決めつけているような所があります。

だって武蔵野音大じゃないけど、葉加瀬太郎って…。
鈴木太郎とか、田中太郎じゃ銀行の書き方の見本みたいな平凡な名前になるけど、
葉加瀬って。

実際、お嬢様やボンボンもいるのだけど、
音楽の世界は、教えてくれる人と教えられる人の師弟関係など、上下間関係が厳しく、
見た目可愛らしくても、本来の姿は体育会系な人が多いような気がします。

さらにオーケストラなどの打ち上げで、飲むせいか、酒がやたら強い女子が多い。
(当社比)
これは自分のまわりだけかも。

そして、音楽を極めようとして、そちらに力が集中するせいか、
髪がボサボサだったり、ノーメイクとか、ノーブラとか、風呂入り忘れたとか、
その他がズボラになる女子も多い気が。
(あくまでも、当社比)
そこが「のだめ」のように憎めないキャラで可愛いのだけど。

そんなもう一つの江古田ちゃん達が闊歩する音大通り。
楽器可物件が多い為に、武蔵野音大の生徒の他、
他の音大や、音楽関係者なども多く住んでいて、
通りを歩いていると時折、楽器を練習する音が聞こえてきます。

モカ

その中程にある「モカ」は創業30年となる老舗の喫茶店。
店内には30周年を祝う、音大生たちの寄せ書き色紙が飾られています。
女性店主のお店で、歴代のバイトは音大生。

メニュー

こちらの人気メニューは様々なトーストセット。

2階

1階はカウンターのみで、お客は大学の先生とかご近所の方々とか、
年齢層は比較的高めですが、2階はご覧のような穴場的な空間。

ピザトースト

こちらが音大生に人気の理由なのが、このボリュームあるサンドイッチセットです。
ピザトーストセットは、珈琲、サラダ、デザート付きで、660円。

音楽をやっている人達って、ものすごいエネルギーを使うためか、
女子でも大食いの人が多いです。
「ごちそうするよ」などと気軽に言って、その食欲に怖じ気づく事も。
その辺の男子大学生よりも、メチャメチャ食べる。

そのせいか、こちらもパンの厚みはもちろん、このポテトサラダの盛り具合の凄いこと。
居酒屋だって、こんなに盛られて出てこないですよ。
なので、小腹を満たすつもりだったのに、すっかり満腹に。

音大生達もここでエネルギーをチャージしながら、
音楽論議を戦わせているのでしょうか?

専攻は違う人達なのだけど、それぞれよく聞くのがモーツアルトは難しいという話し。
単純な構成なので、弾くのは簡単だけど、だから逆に表現するのが難しいと。
早弾きとか難解なテクニックを使う必要がない分、
それを使わないで感動させるまでに持っていくのが難しいそうです。

絵画で、花瓶の花の絵は誰にでも描けるけど、
それをゴッホのひまわりレベルまで持っていく事はなかなか出来ないというのと
同じような感じなんでしょうか。

それを文筆系にあてはめると、何になるのでしょう?
ちょっと勉強してみようかな。

■モカ
■東京都練馬区栄町39-5
■営業:9:00~19:00
■定休日:日曜
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ