ベイビー・キング・キッチン(高円寺)

ベイビー・キング・キッチン

女性がミニスカートを履かなくなるのは何歳?
生足を出さなくなるのは何歳?
男性が、デニムを履かなくなるのは何歳?
腰パンをしなくなるのは何歳?

もう、いい年なんだからって、しなくなる事があります。
しなくなるのか、あきらめるのか?

もちろん、ミニスカートも生足もデニムも腰パンも、
年齢制限は無いので、本人次第なんですが、
それでも、年齢と共に、確実にその率は減ってきます。

これはどこにボーダーラインがあるんでしょうか?
年をとるというのは、そんな小さなあきらめの積み重ねなんでしょうか?

なんとなく、あきらめムードになりつつある心を、くすぐるような看板を見つけました。

看板

高円寺の北口の中通り商店街にある「Baby King kitchen(ベイビー・キング・キッチン)」。

黒板

大人も食べられるお子様ランチのCAFEという文字。

ファミリー向けレストランのショーウインドウの中に、
お子様ランチのサンプルを見かける事があります。
新幹線の形のプレートに盛りつけられた、お子様ランチ。
なんだか、楽しそう。
見ているだけでも、ワクワク。
正直、食べたいなあと思う事もあります。
マックのハッピーセットだってそう。

でも、あれは子供用だからと自分にいい聞かせて、
何事もなかったかのように、他のメニューを選びます。

中には勇気を持って突撃する人もいますが、
年齢制限をお店に伝えられ、すごすごと退却する人も。

でも、このお店は、最初から大人がお子様ランチを食べてもいいお店なのです。
その文字をみたら、どうしても入ってみたくなりました。

本当は、他のお店に行く予定だったのですが、急遽、飛び込みです。

階段

階段を上ろうとすると、紐がぶら下がっていました。
ナンダコレハ?
これを鳴らして入るのか?

黒板

…と思ったら、メッセージがありました。
ベビーカーでお越しの方は、これを鳴らしたらお手伝いするとの事。

ベビーカーではなくクロスバイクなので、鳴らさずに2階へ。
ソウイウイミデハナイ!

すべり台

大人がお子様ランチを食べるお店と書きましたが、
もちろん、お子様も歓迎のお店。
廊下のスペースには、小さな滑り台と、ブランコがありました。

店内

店内は、全てソファー席。
まったり出来る空間です。
ちょうどお客さんが切れたのを見計らって、激写!

お子様ランチ

そして待望のお子様ランチ。1100円。
チキンライスに、目玉焼きの下にはハンバーグ。
星の形をしているのはポテト。
エビフライに、タコさんウインナー、その下にあるのはタルタルソース。
奥にあるチェリーが乗っているのはプリン。
そして、下にある白い缶バッチはオマケ。
何種類かのなかから、好きなものを選べます。
オマケ選び…缶バッチ一つでもどれにしようか迷ってしまいますね。
知らず知らずのうちに本気です。

名前はお子様ランチですが、大人用なので、ボリュームは十分です。

ところで「お子様ランチは、なぜ子供限定なのか?」
この疑問、かつて調べた事があります。

お子様ランチは、少量で数多い品種のおかずを作らなければならず、
手間がかかるし、コストも高く、赤字メニューなんだとか。
親が他のメニューを頼むだろうから…というサービスメニューで、
これだけ頼まれると赤字がかさむので、お子様限定になっているそうです。

さて、今回驚いたのは、写真を撮ろうとしたら、
チキンライスの旗が、顔認識に反応した事。
ソッチカイ!
レンズを向けると、旗の所のイラストの顔に緑の四角いフレームが現れるのです。
こんなんでも、顔認識するんですね。

秘めたる願望を満たしてくれた、大人の為の「お子様ランチ」。
その他、メニューには、大人になると頼む回数の減る、クリームソーダとか、
ワクワクを満たしてくれるメニューがいっぱいです!

「老化防止に役立つ!」と繰り返し叫ばれているコエンザイムQ10。
体内での産生能力は、20歳代をピークに加齢とともに急速に減ってしまうので、
体外から取り入れよう!
…と、通販番組で、力説されています。

ならば、ワクワクはハートのコエンザイムQ10か?
妙に物わかりが良くなったり、落ち着いちゃったり、あきらめたり、
年と共に、ワクワクは体内で生成されにくくなってきます。
ならば、外部からワクワクを注入しようではないですか?

あなたのハートに「お子様ランチ」。
(体験談は個人の感想で、人によって感じ方は個人差があります)
ピンポーン!

■Baby King kitchen(ベイビー・キング・キッチン)
■東京都杉並区高円寺北3-2-15 珍来ビル 2F
■営業:11:30〜24:00
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


サナ(三鷹)

バス停

三鷹の駅前にはトトロの形のバス停があり、
車体に「まっくろくろすけ」が描かれた「みたかシティバス」が、ここから出ています。
もちろん行き先は「三鷹の森ジブリ美術館」。

みたかばし

駅のすぐ脇には玉川上水が流れていて、
そこに架かる「みたかばし」の左側の道をまっすぐ行けば、突き当たりが井の頭公園。
すぐにジブリ美術館に到着します。
自転車だと、駅から5分もかからない感覚です。

ジブリ美術館

こちらは予約制というかチケット完全前売り制なので、
自転車みたいにその日の天候に左右される散策には向いてません。
…という訳で、今回はスルー。

それにしても、最近、アニメの聖地めぐりみたいなのが多いなあ。

トトロのモデルとなった東村山・七国山周辺めぐり
千と千尋の神隠しのモデルとなった小金井、江戸東京たてもの園めぐり
河童のクゥと夏休みのモデルとなった東久留米めぐり

…と思っていたら、最近、こんな本も出版されていました。

サイクルクリップ
萌えキャラが教えてくれる自転車入門の本で、
自転車で行く、アニメの聖地めぐりなども紹介されています。

まあピナレロだコルナゴだ、カンパニョーロだなんて言っている人からすると
邪道なんでしょうが、こういう色々な指向の人が出てきて、初めて底辺が広がります。

実際、サイクルモードのイベントの一部を会社でも請け負っていますが、
オーダーは底辺の拡大でした。
夢中になっている人は、自分でどんどん突き詰めていくので、
これまでママチャリにしか乗っていないような人に、ロードやクロスに興味を持たせ
底辺を拡大する企画というのが、求められています。

わかりやすく言うと、業界としては、山ガールの自転車版が欲しいのです。

そういう意味では、ヲタク市場も細分化されていて、
痛車の自転車版、痛チャリという分野も出てきているので、
こういう本が出てくるのも必然的だったのでしょう。

サナ

さて、ジブリ美術館をスルーしてやってきたのは、
吉祥寺通りと連雀通りが交差する付近にある、
ベーカリーカフェの「sana(サナ)」。

なぜ、こちらを選んだかというと…
ジブリ美術館の中にあるカフェ「麦わら帽子」にパンを提供しているのが、
実は、こちらのお店なのです。

その他、美味しいパン特集の本にも、ちょくちょく取り上げられていたりして
それで、来てみたかった訳です。

店内

入り口付近がパン屋さんになっていて、そこで好きなパンを選び、まずはお会計。
席が空いていれば、奥のカリモク60っぽいソファーが並んでいる席で、
イートインする事も出来ます。

この時に、ドリンクやスープなども注文する事も出来るのですが、
サンドイッチだと、お得なセットもあるようです。

イートインである事を告げると、選んだパンを一旦トレイごとお店の人が受け取り、
中で暖めたり、食べやすいように切ってくれ、手前のカウンターから出してくれます。
お水やお手ふき、シロップやミルクなどはセルフで。

パン

選んだのはマルゲリータのパンと、いちじくのベーグル。
スープと、アイスオーレもつけました。

店名にもなっているsanaというのは、スペイン語で健康という意味で、
無添加で油脂を使わないパン作りを心がけているそうです。
そのせいか、近所のママさんたちの信頼が厚いようで、
小さなお子さん連れで、パンを買いに来るお客さんが多い。

確かに、素朴でありながら噛んだ後に、じんわり来るパンの味。
こういうパンを食べさせると、味覚音痴の子供にならずに済むと思います。

スープ

玉ねぎ、ニンジン、ピーマン、トマトという4種類の野菜と、
大豆、インゲン、ひよこ豆という3種類の豆の入ったスープ。

子供が嫌いと言いそうな野菜が並んでいますが、
これを食べたらきっと美味しいと言うと思います。
優しい味で、ホッとする。

自転車に乗って、こんな健康的なものを食べて、
これで健康にならなかったら、おかしい。
たぶんなると思う。
なるんじゃないかな。
まあ、ちょっと覚悟はしておくけど…。

タバコはやめたけど、お酒は飲むしねえ。

■サナ (Sana)
■東京都三鷹市下連雀1-9-11
■営業:10:00~18:00
■定休日:月、火
場所はこのへん

禅林寺

サナの前の連雀通りを武蔵境方面に向かうとあるのが、禅林寺。

看板

こちらには、森鴎外と太宰治のお墓があるというので、来てみたのですが、
ありました!看板も出ています。

太宰治のお墓

太宰治のお墓。
今でも多くのファンが訪れるのか、一族の方なのか、
花が飾られ綺麗にされていました。

森鴎外の墓

そして森鴎外のお墓。
墓石には、鴎外ではなく森林太郎と掘られています。
これは、遺言によるもの。
最後は自分自身として死にたいとして、
本名である「森林太郎」以外の文字を墓に彫らないように遺言を残しました。

遺言

その遺言状の複製が、400円で売られているのは、なんだかなあ…。
歴史的価値のあるものだとは思いますが…。

地図

自転車で都内のカフェ制覇の旅。
三鷹市制覇!

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ