worth cafe(新江古田)

ワースカフェ

江古田と新江古田の間に、超キラキラ系カフェの「worth cafe(ワースカフェ)」が出来ました。フレンチレストランのラリオンがあった場所です。ピンクが基調で、オッサンが二の足を踏んでしまうカフェ羞恥プレイにぴったりのお店で、友人知人から「早く行って来て!」と矢のような催促を受けていたお店です。

窓ガラスは暗くなるのと室内からの明かりに反応して、見る角度によって色が変わります。なぜ、江古田にこんなガラスやミラーを使った派手なお店が?と皆も不思議そうなのですが、どうやらガラスの会社が運営しているようで、そう聞くとショールーム的な役割なのかと、合点がいきます。

それでは、キラキラ女子達のテンションが上がりそうなハート型のドアノブを押して、店内にストトーンと潜入。

入り口正面のカウンターで店員のお姉さんと、ご対メーン!店内もメルヘンカラーでタマランチ会長!まずはこちらで注文し支払いをすると席まで持って来てもらえるシステム。小生はワースミートバーガーと、ワースラテで、小1枚と190円。と、おかしなテンションになり、オッサンだけが知る「夕刊ゲンダイ○○探訪」のような文体になってしまいました。若い人はハテナ?でしょう。

ガラス屋さんが母体という情報があったので、シャンデリアや、反射系の素材を使った壁面というのも、そういうノウハウを使った物なのかな?と思いました。

店内のインテリアは見事なまでのインスタ映えで、原宿などにあってもおかしくないお店なのですが、フードメニューはもうちょっと頑張った方がいいかなというのが正直な感想。ワースミートバーガーは780円と、グルメバーガーと遜色ないお値段。ミートと野菜をパンケーキで挟んであるのですが、デザート系のパンケーキなので、ホイップクリームやイチゴなどには合うかもしれませんが、バンズとして少しハテナ?

この内装であれば、スイーツのお店に完全に振り切って、可愛いケーキ類や今流行りのプリンなど提供して、「カワイイ」全面に押し出した方が良さそう。今、インスタ映えするプリンだけでめちゃめちゃ集客しているお店もあるし、ミスドだってピカチュードーナツで話題を作っているし。さて、どうなって行くのでしょうか?

あ、大きなお世話でしたね。

■worth cafe(ワースカフェ)
■東京都練馬区豊玉北1-3-24
■営業
8:00~20:00(月〜土)
10:00~17:00(日)
■定休日:無休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*