ツールドフランス2016 第12ステージ

見ている物を驚かせたツールドフランス2016、第12ステージ。
衝撃のラストが待っていました。

自転車レースの世界最高峰にもかかわらず、
王者が自転車に乗らず、自分の足で走っている姿が映し出されたのです。

本来であればこの日は、プロヴァンスの超級山岳、
モン・ヴァントゥの山頂ゴールだったのです。
ところが、天候が崩れ、風速100km以上の突風が吹くだろとの予報で、
選手だけでなく、観客の安全も考慮して、
山頂から6km手前にフィニッシュラインは下げられたのです。

本来であればゴール付近は、安全の為フェンスが設けられるのですが、
突如のゴール変更の為、フェンス無し。
つめかけた観客が沿道に溢れ、間近の選手を観て興奮し、
飛び出したりした事で、道をふさいでしまったのです。

そして、それにぶつからないように前を行くカメラバイクが急停止。
そのバイクに選手達が、おかまを掘るようにぶつかってしまったのです。

さらに後続のカメラバイクが、フルームの自転車に乗り上げ、破損。
山の中ではスペアのロードバイクを積んだサポートカーも来ず、
たまらず、フルームは自分の足で走り出してしまったのでした。

この日、優勝したのは、ロット・ソウダルのトーマス・デヘント。
しかも、ステージ優勝、山岳賞、敢闘賞という三冠を同時に獲る偉業を達したのに、
世間の話題も、テレビ中継もフルームの事ばかり。
すっかり影が薄くなってしまったのです。

しかも、フルームの一件がなければ
(フルームが悪い訳ではありません)
デヘントの優勝には、ほっこりとしたいい話しがついて終わるハズでした。

この日、デヘントと一緒に逃げ集団にいたのは、
チームメイトで、平坦コースのエーススプリンター、アンドレ・グライペル。

本来、この日のような超級山岳コースの場合、
スプリンターは山に弱いので、最後方グループのグルペットを走るのが常。
それがなぜか、先頭の逃げ集団を自ら引いていたのです。

グライペルのあだ名は、筋肉質でムキムキな事から「ゴリラ」と呼ばれています。

でも、その名前は本人もお気に入りで、自分のバイクにゴリラのペイントが。

海外のファンも、グライペルの名前で、こんな動画をUP!

そのゴリラ…もとい、グライペルが、
山岳コースで最後の登りが始まった途端にアタック!
逃げ集団からも飛び出して行ったのです。

平地専門のゴリラが、山でアタックをかけたものだから、
実況も「ゴリラががマウンテンゴリラに!」と興奮!

このアタックで、ツイッターは、グライペル祭り!
ついに、トレンドにも入ってしまいました。

一見奇妙に見える、この一連の動き。
でも、それは全て、チームメイトの為だったのです。

グライペルのアシストを受けて見事優勝したデヘントは、
優勝コメントで、グライペルの働きへの感謝を述べています。

登れないハズのスプリンターが、自らアシストとなって、山を登る。

アニメ「弱虫ペダル」の15話で、
スプリンターの鳴子章吉が、クライマーを引くために見せた必殺技
「デーハーどやどやクライム」

そんなマンガみたいな事が、本当に起きたのです。

本日の影の主役、アンドレ・グライペルは、
2018年までチームとの契約を延長しました。
その条件の中には、こんなものが含まれていました。

そして、いつも自分に尽くしてくれるアシストの為に、
今度は自分が献身的にアシストにまわる。
グライペル、マジでいいヤツ!

Pocket
LINEで送る

ジロ・デ・イタリア

ジロデイタリアが開幕しました!
第1ステージは、オランダで個人タイムトライアルが行われ、
オランダ出身、ジャイアント・アルペシンのトム・デュムランが制しました。

タイムトライアルは、ジャイアント勢が絶好調でしたね。

さて、ジロ・デ・イタリア2016、
今年の個人的に注目している選手をあげていきます。

スクリーンショット 2016-05-07 20.29.08

個人的に一番注目しているのが、
今年からチーム・スカイに移籍した、ミケル・ランダ。

昨年は、アスタナでアルのアシスト役として出場していましたが、
第15ステージと、第16ステージで、優勝し、
総合でも3位を獲得した選手です。

アルのアシストなのに、一番強かったのがランダでした。
一時期の、ウィギンスのアシストのフルームが、
エースより強かったというような状態。

それが、自分がエースになる為に移籍。
しかも、強豪軍団のチーム・スカイですよ。
これは、楽しみでしょ。

今年は、ブエルタ・アル・パイスバスコ第2ステージで優勝しています。

スクリーンショット 2016-05-07 20.30.42

その他、総合勢で言うなら、アスタナのニーバリ。
2013年のジロ・デ・イタリア総合優勝。
2015年のツール・ド・フランス総合優勝。
戦い方を知り尽くしている男です。

スクリーンショット 2016-05-07 20.34.37

そして、ジャイアント・アルペシンのトム・ドュムラン。
第1ステージの個人タイムトライアルで優勝!
タイムトライアリストから、グランツールライダーへ転向した事から
ウィギンスの後継者とも呼ばれたりしています。

昨年のブエルタ・ア・エスパーニャ区間2勝&総合6位&敢闘賞しており、
25歳という若さでありながら、一気に開花。

ただ、本人の最大の目標は、今年のリオ五輪のタイムトライアルで、
ジロは様子見という観測も流れています。

スクリーンショット 2016-05-07 20.33.00

大ベテランで実力者なんですが、どうしたの?と思ったのが、
モビスターのバルベルデ。
ツールとブエルタには出場しているものの、ジロは初出場!
もちろん、山にも強いし、総合力もあるのだけど、何でジロ?って感じで、
見守りたいと思います。

スクリーンショット 2016-05-07 20.30.20

スプリンター勢では、エティックス・クイックステップに移籍した
マルセル・キッテル。

第1ステージのタイムトライアルでも好調そうでしたが、
移籍した事で、アシスト勢は、どうなんでしょうか?

デビュー当時は、スプリントはめっぽう早いのに、
山が極端に登れなくて、グルペットからも落ちそうになったり、
胃腸が弱くて、リタイアしたりと、
弱虫ペダルの田所状態でしたが、
最近では、安定した強さなので、スプリントは取りそうですね。

スクリーンショット 2016-05-07 20.29.31

そして僕が一番応援しているチームが、ロット・ソウダル。

キッテルに対抗出来るスプリンターのアンドレ・グライペルがいて、
毎年、3大ツール全てに出場し完走している、鉄人アダム・ハンセンがいる。

そして、若きエース、ティム・ウェレンス。
若さにませて無茶もしがちですが、
激坂ありのエネコ・ツアーで、2年連続総合優勝という実力も。

かつては、ビューティフルトレインと言われたロット・ソウダルですが、
最近、トレインが早々に崩壊しがち。
今年は、綺麗にグライペルを牽引して、発車して欲しいものです。

さあ、色々楽しみです。
グランツール引きこもり、春の陣がやってきました!

Pocket
LINEで送る