マフマフ(千川)

マフマフ

小竹向原に続いては、お隣り有楽町線、副都心線の千川駅周辺。
この付近も、お店が少ないエリアです。
住宅街の中程には、江古田周辺から飲食店の方々がママチャリで買い出しにやってくる
築地直送のスーパー「ビッグ築地」があったりするのだけど、
一般ピーブルがよく利用する系のお店は、1業種1店舗あるかないか。
当然、カフェ系も少ないです。

その中で唯一的な存在なのがマフィンの専門店「マフマフ(mufmuf)」。
お店が立ち並ぶ要町通りの少し池袋寄り。
ちかくに行列の出来るつけ麺屋さんがあるので、それが目印です。
その隣りの隣りぐらいにあります。

入り口入ってすぐ右手にキッチンと商品ケースがあり、
そこで選んでテイクアウトするか、
いわゆるうなぎの寝床風に細長く並ぶ席で頂くかのどちらか。

そういえば最近、テイクアウトって言葉使わなくなってきましたね。
元々は和製英語で、外国では「to go」
外国では通じないので、無くなってもいいのですが、
そのせいか、チェーン店では「お持ち帰りですか?」と日本語に変わっています。
でも、調理場にかける声は「○○テイクです」なんだけど。

ちなみに、よく注文カウンターで「こちらでお召し上がりですか?」を略して
「召し上がりますか?」と聞かれるのですが、
「どっちにしろ食べるに決まってるだろ」と、
わかっていながらツッコミたくなる時があります。
一度ぐらい「いえ観賞用です」と言ってみたいものです。

本題に戻って…。
入った時は自分以外にお客さんはいなかったのだけど、
すぐに満席になりました。
こういう時、なんだか福の神になった気分になります。
とはいえ、両サイドにお客さんが並ぶと店内写真は撮れなくなるのが残念。
早めに撮っておけば良かった…。
お店の人に聞いたら、お客さんが入らなければ撮ってもいいですとの事だったので
食べ物の写真だけはKEEP出来ました。

スコーン

スコーン350円で、ニルギリは500円ですが、
食べ物を注文するとドリンクは100円引きになるので、合計750円。

スコーンにはジャムとクロテッドクリームがついてくるので、それをお好みで。
焼きたてなので香ばしく、麦の香りと甘みが口の中で広がります。
素朴だけど素材の味を感じられるシンプルさが嬉しい。
やはりこういう時は砂糖無しの紅茶だね。
ポットでサービスされるので、味わいながらゆったりとくつろげます。

ドーナツのチェーン店はけっこうあるけど、
こういう素朴な味わいのお店は少ないので、江古田や池袋周辺から
チャリカフェする価値があると思いますよ。

■マフマフ (mufmuf)
■東京都豊島区要町3-10-4 岩田ビル1F
■営業:10:30~19:00
■定休日:月火
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


シュルプリース(小竹向原)

シュルプリース

副都心線の開通で便利になった小竹向原周辺だけど、
単純な話、お茶をしようとしても、出来る場所がなかなか見つかりません。
カフェというとサイマーケットとか、駅の出口付近のアカシアぐらい。
意外と「お店で待ってて」というような待ち合わせなどに困る駅なのです。

そんな中で割と最近出来たのがケーキ屋さんに併設されたカフェ「シュルプリース」。

元々はドラッグストアだった場所だという事は、説明しなくてもおわかりでしょう。

あと関係ないけどドラッグストアで売ってないドラッグで逮捕されたイケメン俳優が、
保釈された後、マスコミとカーチェイスしたあげく
逃げ込んで姿をくらましたのがこの駅です。

こちらのお店は、住宅街の割りにオープンテラスなども併設されていて、
ドラマの撮影などにも使われた事があるそうです。

店内

入ってすぐの正面がケーキショップ。
その左手がカフェスペースになっていて、
ここで選んだケーキを奥でも頂けるようになっています。

店内

お店の中央には何故かグランドピアノ。
たまにはコンサートでも開かれる事があるんでしょうか?
一応分煙になっていて、一番奥の方が喫煙席でした。

レアチーズケーキ

頂いたのは、レアチーズケーキ420円と、ダージリン500円。

ケーキを頂くときは、最近は砂糖を使わなくなりました。
口の中の甘さを紅茶で流してちょうどいい感じ。
最近は、すっかりこのパターンです。

お客さんはご近所の主婦と思える方々が多かったです。
主婦の方々の場合もガールズトークっていうのでしょうか?
ともかく「ちょっと聞いてよ!」というフレーズが
ヘビーローテーションで飛び交っていました。

お隣では、一方の方が「そろそろ…」的な雰囲気を醸しだし、
「今日、夕食の準備でアレ買わなきゃ」とか、
「今日、息子の塾が無くて」とか、
この後、予定がある事を暗にほのめかし、コートも隣の席から膝の上に乗せて
タイミングあれば着ようかという感じでいるのですが
も1人の方が「あそうなの。でさあ」とまた自分の事を話し出し、
いっこうに終わる気配がありませんでした。

すると帰りたそうな主婦の方は、一旦トイレに行く事にして話を切ったのですが、
残されたもう一方は、鞄から手帳を取り出して、
「後、あれとあれがあったわね」と、なにやら話題を確認しています。

友人がトイレから帰ってきて、また話を続けようとした主婦に対して、
トイレから帰ってきた方は「あ!メール来てる」と確認し、
「息子が帰ってきたみたいなの。ゴメンね」と帰りを切り出しました。

「あそうなの。それにしても話はつきないわねー。泊まりじゃないと終わらないわ」
と、話し好きの主婦。

「話がつきないって、あんたが一方的にしゃべってただけやん」と、
お友達の代わりに、心の中でツッコミを入れて置きました。

こうして、幕を閉じた「お茶の時間終了の攻防戦」。
この後、伝票をつかんでの「私が払うわ」「いえいえ私が」攻防戦で、
第二ラウンドが始まるのかとおもいきや、そこはきっちり割り勘なんですね。
密かに楽しんでいただけに、ちょっと残念が気がしました。
まあ、そんなもんですよね。

■シュルプリース
■東京都板橋区向原3-10-6
■営業:10:00〜21:00
■定休日:不定休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ