有間峠ヒルクライム(登り編)

名栗湖

7月にまた有間峠が閉鎖されてしまうと聞いて、じゃあ、今のうちに登っておこうかとリベンジしに来ました。
4年前の秋に上まで行ったんですが、日没が16時半で、15時半で、稜線の大岩のあたり。残りの稜線部分4㎞を往復すると、真っ暗な中を走る羽目になりそうだったので、泣く泣く暗くなる前に引き返したのです。

今回は日没の心配は無いのですが、気温30度を超える天候なのか、BAD DAYなのか、名栗湖までの坂も、いつもよりキツい。今シーズンは、仁田山1本と、完全に練習不足。さあ、どうする?

DNS、やめとくか…そんな風に止める方に傾いた時、一人のバイカーに話しかけられました。
「7月に名栗峠の林道が閉鎖されるっていうので、走っておきたいんですが、この先でいいんですかね?」
「この奥に走って行って、有間渓谷観光釣り場を越えたら、二股に分かれるので、右に行ってください。」
「ありがとうございます。今日はヒルクライムするんですか?」
「え?考え中です」
「自転車の人達って、自力で登るなんて凄いですね。頑張ってください!」

いやいや、まだ登るとか言ってないから。なんか、登らざるを得ない雰囲気じゃないですか。じゃあ、行けるところまで行って、駄目だったら無理せず引き返すか。…と行ってみる事にしました。

カヌー

湖の奥の方に行くと、徐々に木々に囲まれて、日差しが遮られ、少し涼しくなって来ました。お!これは行けるか?

ゲート

観光釣り場を越えたら右、有間峠へ向います。広河原逆川林道のゲートが見えてきました。7月になるとここが施錠され、通れなくなるので今のうちです。さて、ここからは写真を撮る余力がありませんでした。

まずは、ゆっくりながら順調に登っていきます。ただ、ガーミンで14%のあたりになると、時速は5㎞前後までダウン。これで距離が短ければ、無理矢理頑張るのですが、先が長い事はわかっているので、のんびりと。

すると、意外な伏兵というか、息も足も大丈夫なのに、突然持病の腰痛が襲ってきました!頭の中でドラクエのモンスター登場の音楽が鳴ります。
「♪ヒュルルル〜腰痛が現れた」
ガシガシに腰が固まっていきます。我慢して、我慢して、巻き貝っぽくなっている外側を通り、その後、ゆるい直線っぽくなった所で、状態を起こして伸び!

続いては、心拍数と息。これは暑さなのか、体力不足なのか、稜線付近に近づき、あと1ターンぐらいか?と回ると、まだまだ直接で登るコースが見えて、心折れそうになります。ナビは使わない派なんですが、今回ばかりは、今どこを走っているのか、地図で知りたかったです。

大岩

稜線に出てからは、完全に乳酸ですね。斜度がゆるくなり、時折下りも入るのに、足がまわらない。前に登った時は、こんなにツラくなかったぞー!やっぱり練習不足なんでしょうね。

大岩を過ぎてから、稜線が見通せた場所を探して、写真を撮ろうと思ったのですが、新緑の季節で、青々とした木々に囲まれて先が見通せません。秋には、見えたんだけどね。

有間峠

なんとかたどり着きました有間峠。
記念撮影したいのに、ちょっとー!どういう事?バイクの人が峠の票の前に停めてどっか行って、なかなか帰って来ません。しばらく待ったんだけど、全然、帰ってこない!この日の山頂は、なんだかヤブ蚊の大群が凄くて、払っても払っても、ヤブ蚊に囲まれてしまいます。

有間峠

仕方がないので、いびつなトリミング。せっかく登ったのに、コレかよ。バイクの人は、どこ行ったんだ?立ちションか?野ぐそか?峠の標の前にバイク置いて塞いでいなくなるのやめてっ!

名栗湖

おお、あそこから登ってきたのだね。名栗湖が見えます。標高, 1142m。んー本調子の時にリベンジしたいけど、しばらくはいいか。7月閉鎖を言い訳に、他の峠でトレーニングする事にしましょう。

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*