ネグラ 妄想インドカレー (高円寺)

高円寺

先週の週末、高円寺では「高円寺フェス」が開催されていました。高円寺の店主たちが「高円寺の秋の大文化祭」というキャッチフレーズを掲げ、小さくても気軽に楽しめるイベントを始めよう」と企画し、今年で11年目。年々規模が大きくなり、2日間で20万人を集めるイベントに成長しました。大人の学園祭というような感じですね。

こういうのを見ると、我が町江古田は、本当に商売っ気がないなあと思います。11月の頭は、日芸と武蔵大学が同時に学園祭を開き、だまっていても外部からの動員が見込まれる日なのに、この日に何もせず、何の関係もない日に豚汁の炊き出しをするという感じがね。街の活性化に関する諦めムードが年々強くなって来ています。毎年この時期になると、江古田を歩く学園祭来場者を見送りながら、ホント、もったいないなあとため息モードです。

チアガール

高円寺にある専門学校の応援団とチアリーディング部が、路上でパフォーマンス!学校もフェスに参加しています。

妄想カレー

さて、この日のお目当ては高円寺で人気のカレー屋さん「ネグラ 妄想インドカレー」。グルメ雑誌でカレーの特集をやると、必ずと言っていいほど取り上げられるお店です。北口の青藍、南口のネグラと言った感じでしょうか。

店内

ところで、違う街で知り合いに合う確率というのは、どのぐらいの物なんでしょう?江古田内では、飲み友などにバッタリ会うという事はよくあります。そんな中で良く会うのが女子大生のMちゃんで、仕事に行く時に向こうは登校ですれ違い、スーパーに行けばバッタリ会い、そして飲み屋さんでも。でもまあ、それは江古田内だからの事でしょう。

高円寺という離れた街の数あるお店の中で、まさかこのアフロヘアの男の前の席に、知り合う夫婦が座るとは驚きでした。高円寺フェスを見に来たらしいですが。こういう事が起きる日には、偶然が重なる物で、この後、髪を切りに行っている中野の美容室の担当の方が、同じ岩手県の宮古市出身である事が判明。同じ日に別の街で知り合いと会い、また別の街で同じ出身地の人に会う確率というのは、どのぐらいの物なんでしょうね。

カレー

インドに行ったことのないシェフが、妄想でインドカレーを作るというコンセプトのお店なんですが、2種あいがけで、右はシラスのヴィンダルーで、左が茄子と胡麻のカレー。そのほか、煮込んだラム肉などが副菜として置かれているのですが、このラム肉が意外と食べ応えあり。スパイス使ったカレーですが、辛いという訳ではなく、奥深さを演出しています。

どの辺がインドなんだろうと妄想しながら食べるうちに、意外にインドというより今流行りのスリランカカレーに近いんじゃないのかな?と浮かんで来たり。北、南、いろんなインドカレーを食べてから行くと、妄想がさらに広がりそうな予感です。

■ネグラ 妄想インドカレー
■東京都杉並区高円寺南3-48-3
■営業:12:00~22:00
■定休日:月火水
場所はこのへん
お店のInstagram

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


ネグラ 妄想インドカレー (高円寺)” へのコメントが 1 点あります

  1. わたしも以前の職場で、同じ宮古出身、しかも高校の後輩(年が離れているので、同時期には在籍していない)と出会うということがありました。遠く離れた東京で、同じ岩手出身というだけでも嬉しいのに、本当にびっくりでした。
    でもって、帰省したら地元でもバッタリ会うとか(^^;

    連日のカレー攻撃、たまりません☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*