ロイヤルホスト 江古田店(新江古田)

ファミレスの季節のスイーツは、シャインマスカット派と栗派に分かれていますね。

デニーズ、COCO’S、ジョナサンは、シャインマスカットのパフェ。まあ、ぶどうの旬を考えると、途中で栗とかモンブラン系にスイッチするのでしょうが、ロイヤルホストは夏のメロンから、ぶどうを飛ばして一気に秋の栗のパフェにスイッチしました。

名作と名高い栗のパフェが、9月に入り登場しています。

渋皮栗とほうじ茶のブリュレパフェは、1,078円(税込み)

毎年恒例の秋のパフェなんですが、去年との違いは、グラスのトップに栗の甘露煮そのままではなく、チョコレートでコーティングされて毬栗に見立てた物が乗っているところ。

クレームブリュレをパリっと割って登場するのが、モンブランクリーム、マロンアイスと、栗の味をリレーする濃厚ゾーンが続き、飽きないようにどうやって変化つけるんだ?と思ったあたりで、まずは食感を変えるピーカンナッツ。今年は大ぶりなのを3つ配置。ねっとりとしたマロンから、ザクザクとした食感に変わるのですが、ナッツなので、濃厚さはリレー。

その下の果肉入り赤すぐりソースの酸味で、濃厚さが続いたのを一旦断ち切り、リフレッシュ。さらにホイップクリームで、完全にリセット。

濃厚が続いた所で、酸味というパターン、去年の目白のデリーモのモンブランパフェだと、モンブランの濃厚な栗が続いた後で、その下にナガノパープルのジェラートを隠してあり、リフレッシュさせていました。

「濃厚が続いたら、酸味が来る」これ、パティスリー系のパフェの鉄則なので、覚えておきましょう。ロイヤルホストはファミレスなのに、パティスリー系のクオリティで来るので、さすがです。

後半は、ほろ苦さの出たほうじ茶ゼリーと、カットされたマロンで、和の味わいでフィニッシュ。

このクオリティをほぼ1000円で食べられるなんて、やはりロイヤルホストは凄い!

レジの前には、ロイヤルホストの味を家庭でも楽しめる、冷凍食品の「ロイヤルデリ」が売られているのですが、僕の前にお会計している奥様は、大量に買い込んでいました。若干、商品がスカスカ気味なのは、そのせいです。

僕もジャワカレーや、カシミールカレーを時々買っています。もちろん、お値段はスーパーのレトルトよりもお高いんですが、味もレトルトの数段上です。スーパーの冷凍食品に飽きた方、ぜひ、一度お試しあれ!

■ロイヤルホスト 江古田店
■東京都中野区江原町3-33-10
■営業:9:00-24:00(緊急事態宣言下で、8:00〜20:00)
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*