Viva la Burger (池袋)

Hanakoの「おいしい店!」特集を見ていたら、ご近所で、江古田は「肉と野菜とナチュラルワイン さとう」、池袋は「NO.18」が紹介されていて、猛烈にグルメバーガーが食べたくなって来ました。

しかし「さとう」はお休み。そこでミニベロでサクっと池袋へ。NO.18は東口ですが、たぶん日曜日は行列なので、西口の隠れ家的お店「Viva la Burger」に行く事に。

そういえば、西口ロサ会館の裏手に、関東最大級と言われるサウナ「かるまる」が、12月3日にオープンします。これまで池袋でサウナといえば、東口のサンシャイン近くの「タイムズスパ・レスタ」でしたが、西口にも人気を二分するようなお店が出来るのです。ただし、「タイムズスパ・レスタ」は男女利用出来るのに対し、「かるまる」は男性専用です。

お風呂5種類に、サウナ4種類、水風呂4種類。水風呂が4種類って凄いですね。自分の周りのサウナ好きの間でもすでに話題になっています。

西口の繁華街から少し離れた所にあるのが、「Viva la Burger」。

自分的には東口のNO.1ハンバーガーが「NO.18」だとしたら、西口はこの「Viva la Burger」でしょう。どちらも、肉をミンチではなくチョップしたスタイルのお店で、ステーキのような歯ごたえと食べ応えのあるハンバーガーが特徴です。

この日頂いたのは期間限定メニューの自家製ハムとカマンベールバーガー1650円。これにポテト100円とコーラ200円をプラス。

ベーコンをトッピングしたりするのがオーソドックスですが、少し塩っけのあるハムを挟み、カマンベールとアップルビネガーを合わせて粒マスタードでマリネ。ケチャップやマスタードのいらない大人な味です。

そういえば2019年の流行語大賞に「肉肉しい」がエントリーされてましたね。若いタレントが食レポの時に、ガッツリお肉という表現を「憎々しい」と「肉肉しい」を勘違いして表現したのが始まりとされていますが、流行語大賞の選考員は実は流行に疎いのでは?これは、2017年頃に肉フェスが流行り始めた頃に女性タレントがよく使っていた表現です。なぜ今?

それは、置いておいて、こちらはステーキのような肉肉しいハンバーガー。ミンチとは食べ応えが違います。

余談ですが、店長に色々仕事のやり方を聞いていた女性の店員さん。たぶん、この日からのアルバイトなんじゃないかと思いますが、K-POPな雰囲気で、笑顔が乃木坂46の松村沙友理さん的な笑顔で、フレッシュでした。

こちらに限らず、グルメバーガーで働いている女子って、他の飲食より、本当に接客が好きで働いているという感じで、気が利くし、感じのいいコが多いですね(自分調べ)

■Viva la Burger(ビバラバーガー)
■東京都豊島区池袋2-59-5 1F
■営業:
11:30~15:00(L.O.14:30)(月水木金)
18:00~22:00(L.O.21:00)(月水木金)
18:00~22:00(L.O.21:00)(水)
■定休日:火曜日
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*