スパイシービストロ タップロボーン(青山一丁目)

タップロボーン

スパイスカレーのブームから、
今、注目されているのがスリランカカレーです。
辛いだけのカレーではなく、スパイスの調合による、複雑な味わい。
また、食べて健康になるというアーユルヴェーダという考えの元、
調合されたカレーでもあります。

アーユルヴェーダというと
オイルマッサージの一種と思っている人もいるかもしれませんが、
世界3大医学の一つで、
西洋医学のように、悪いところを無くすという考えではなく、
悪くならないようにバランス良く食べたり、
リラックスしようという、予防医学です。

食べて健康になるといえば薬膳料理が思い浮かびますが、
正直、薬膳料理を食べても
「健康になったー!」という実感を感じたことはありません。

カレーの場合は、前から書いているように、
季節の変わり目、夏バテとか、体調を崩しやすい時、
江古田のプアハウスのカレーを食べると元気になるという、
自分なりのルーティンがあります。
プアハウスのカレーは、黒胡椒の効いたカレーで、
黒胡椒には、体温上昇を促進させ、
血流を改善する働きがある事がわかっています。
発汗作用もあり、それをわかりやすく実感出来るカレーなのです。

今日は、スリランカカレーで、その辺も体感出来るのか、
試してみたいと思います。

スリランカカレーで、リサーチするとよく出てくるのが、
青山一丁目のスパイシービストロ・タップロボーン。
商売敵ですが、J-WAVEの番組でちょいちょい紹介されているお店です。

ワンプレート

こちらが、ランチの人気メニューチ
「アーユルヴェーダ・ワンプレート」1080円。

チキンカレーと、レンズ豆のカレーに、
青菜の炒め物など、おかずも盛り付けられています。
カレーの間の鮭フレークっぽくみえる物は、
コナッツとモルディブフィッシュという鰹節を和えた
ポルサンボルというふりかけ。

これらを少しずつご飯と混ぜて食べるのですが、
スリランカでは全部混ぜて食べるのは縁起の悪い食べ方と
メニューの注意書きがあります。
ぐちゃぐちゃ混ぜる派は、要注意です。

スリランカは鰹節を花がつおのように削るのではなく、
フレーク状に砕いて使います。
なので、噛んだときに、スパイスとモルディブフィッシュが、
パチンとはじけて、香りが口の中に広がります。

スパイスはふんだんに使われていますが、
激辛という感じではないので、
それぞれをよく味わいながら、味の変化を楽しめます。

スリランカや南インドの、スパイスフルなカレーを味わうと、
ご近所に山ほどある、インドネパールの単調さが、反比例。
たぶん、探せばインドネパールの美味しいお店もあるんだろうけど。
んー、探してみないといけないかもしれませんね。
南インドは旨い店あるんだけどなあ。
北インドもカシミールは旨い店があります。
インドの姿をしたネパールカレーで、旨い店ってあるの?

■スパイシービストロ タップロボーン 南青山本店 (spicy bistro Taprobane)
■東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山 1F
■営業:
11:30~15:30
17:00~23:30
■定休日:日曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


コメント投稿は締め切りました。