しゃけスタンド(代田橋)

新宿

蜃気楼のように浮かぶ、新宿の高層ビル群を見ると、SF映画の1シーンを思い出します。
近代的な中央の高層ビル群には権力者達が住み、その下には、闇市を抱える貧民の暮らしがあって、権力者からの逃亡者が、そこに逃げ込むという物。こうして見ると、自分は貧民の側の方にいる事になります。

沖縄タウン

実際には庶民の暮らしがある訳ですが、ここ和泉名店街は、沖縄タウン化した商店街です。ドラマ「一つ屋根の下」の柏木クリーニング店などのロケ地でもありますが、かつては、ご近所の買い物客で賑わった物の、どんどん衰退し、町おこしの一環として、沖縄タウン化されました。

市場

沖縄料理のお店があったり、三線のお店があったり、沖縄をテーマとした小さなお店が集まってきたのですが、最近では、その沖縄とは別のお店が注目を集めています。

小島

旨い鮭の料理を食べさせる専門店「しゃけ小島」
沖縄タウンなのに、思いっきり真逆の北海道料理。お店を経営する人が、「死ぬ前に食べるならしゃけの皮だよね」と言ったことがきっかけで、徹底的に、しゃけにこだわるこのお店をひらいたそうで、ここのしゃけを食べたら、他のは食べられないと口コミで広がったお店です。

しゃけスタンド

そのお店の2号店が、お隣にある「しゃけスタンド」いわゆる立ち飲みのお店で、リーズナブルでお手軽なしゃけ料理屋、おつまみがあるのですが、こちらも、意外なメニューで注目されるお店。

dunchu

沖縄タウンの中の異色な北海道料理のお店の一品、「カレー」が、スパイスカレーブームにのり、今発売中のdanchuでも取り上げられています。というか、スパイスカレー特集があったら、だいたいこのお店が載っています。

こちらのお店、あらかじめ作り置きしていた物をポンと出すのではなく、注文があってから一つ一つ丁寧に作るので、出てくるまで少々お時間がかかります。そこは沖縄タイムだと思って、のんびりと待ちましょう。

しゃけカレー

しゃけカレーは、1080円。
スープカレーに近いサラサラのカレーで、ご飯にかけて食べるか、スプーンでご飯をすくってカレーに浸すか迷いました。スプーンがよくベトナム料理店で使われているようなペナペナの薄い金属製のチープな物で、このスプーンを口に入れただけで、勝手に脳内がアジアにトリップ。

真ん中にゴロンゴロンと鮭の切り身が隠されていて、シーフードカレーというよりは、南インドのフィッシュカレーと言った感じ。酸味が少しきいています。

食べ終わる頃、カレーヲタク的な男の人が入っていたけど、暑さもあって、めちゃダラダラと汗を流しながら、一つ一つの行動が、セカセカしています。さっきまであっち側だった自分が、この空間とカレーに染まって、いつの間にかのんびりと余裕側。

落ち着いて、落ち着いてと、心の中でお客さんに話しかけながら、なんだか上から目線です。(勝手)

■しゃけスタンド
■東京都杉並区和泉1-3-15
■営業:
16:30~23:00(火〜土)
15:00〜22:00(日)
■定休日:月曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*