さぼうる2(神保町)

神保町

なんか面倒くさい事に首を突っ込んじゃったなあ。仕事でも無いのに、一生懸命調べてる。「ピラフ」って何が正解なのの?って事を。仕事場でまわりのスタッフに聞くと、もう何年も食べてないという人が多く、食べても困った時の冷凍食品という人も多いです。学生時代は、喫茶店でピラフばっかり食べてたんですけどねえ。なんて人は、最近は全然食べてなくて、ピラフは、思い出の中にしか存在しない、幻の食べ物になっていました。

同じく昭和なメニューのナポリタンは、「ナポリタンは旨すぎちゃダメ!」なんて、不思議な思い出補正をかけられて、生き延びて来ましたが、昭和教を脱会したら、補正が消えて、マジで、だいたいのナポリタンは不味いです。ぶよぶよのナポリタンが旨いは、洗脳ワードです。固め、アルデンテなナポリタンの方が絶対旨いから!

じゃあ、学生時代あれだけ食べたピラフは、なんで今、絶滅危惧種になっているの?という疑問にたどり着く訳です。

さぼうる

吉祥寺の喫茶店「ロゼ」のピラフは、元々洋食屋さんのご主人がつくっているだけに、「旨いピラフあるじゃん!」と、早いうちにこの問題も終結すると思っていたのに、その後、ぱったりと旨いピラフに当たらなくなってしまいました。え?あれ以外で旨いピラフは無いの?そこで、昭和喫茶の本丸、神保町にやってきた訳です。ここなら懐かしの昭和メニューが、存在し続けているだろうと。やって来たのは、ナポリタンで有名な「さぼうる2」です。

ピラフ

ちょっと、先に運ばれて来たサラダを見た時に、ヤバいなあと思いました。シェフの気まぐれサラダならぬ、やっつけサラダだ!付け合わせのサラダに手を抜く店は、ダメ説を唱えていますが、嫌な予感が当たりました。味付けも薄く、一緒に出された塩をかけてちょうどいいぐらい。薄味派の自分がですよ。「昭和」ってワード、マジで色んなダメを、誤魔化してしまっているなあ。食べたいピラフは、コレジャナイ!見た目はなんとなく美味しそうに見えるのが、不思議です。

■さぼうる2
■東京都千代田区神田神保町1-11
■営業:8:30~22:00
■定休日:日曜日
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*